随想 伊路波村から24~糸

木曽駒のカルパで 円柱にもたれて
プライナスライブのカバー曲 「糸」を聴いていた。

一番が終わり 間奏の最中に 物凄い感慨が
胸に染まって 嗚咽しそうになった。

素敵な詩だけど いつもは 「別に・・・」なんだけれど。
あなたに 会えた今日・・・ 

いつ会えるかも わからない まだ知らないあなた。
“随想 伊路波村から24~糸” の続きを読む

随想 伊路波村から25~人生の行

メダルを取ることが 試合の目標だった
テニスプレーヤーが 年齢を重ねて
目標が変わってきたというお話。

「プレーができるだけで 幸せ」

若いうちは ああもしたい こうもしたいと
多くの願いを掲げて 人生という道を突っ走る。
“随想 伊路波村から25~人生の行” の続きを読む

随想 伊路波村から26~土

38年前 土木の作業員だった私は
高速道路を建設の第一歩として
まず山に道路の中心線引きのために 20メートルおきに
杭を打つ作業をいたしました。

測量器具と9センチメートル角で先のとがった
木杭と かけや(くい打ちの道具)と測量器具をもって
山の木や草を刈りながら 進んでいきます。

そしてその後 その中心杭が壊れても 復元できるように
高速道路の用地からはずれた場所に ほぼ十字の位置に
4本の杭を打って完了します。

この杭は逃げ杭と呼びます。(どちらでもいいですね・・笑)
それからまず山にある大きな木をチェンソーなどで
切り倒します。

その後ブルドーザーが入り
山の表面を 皮をはぐように根こそぎめくるのです。
(伐開 伐根といいます)

そのとき なんともいわれぬ悲しさを覚えました。

いつも ごめんね ごめんねとこころでは言っていました。

高速道路は 便利ですがその線は 文化圏を
右と左に分けてしまうような影響力をもつようです。

文化を裂き 自然を破壊する仕事は
自分には向かないと その頃漠然と思っていました。
思っていた通りに なってしまいました。(笑)

今年の3月 隣の家屋に住んでみえた方が
家と土地を手離されました。

ミニバブルの最後でよかったなと感じました。
新しい持ち主の不動産屋さんから 通知がありました。

「9月には10階建てのマンションの建設を開始いたします。」
といった文面でした。
更地になって 久々都会に大きな面積の土が
現れました。

夏が近づくとともに 草々や花や なんででしょうか
トマトや かぼちゃのような植物が根付きました。

雑草を根こそぎは また心が痛いので
草刈を手でしました。

花や 食べ物はもちろん 残しです。

途中大きく咲いたヒマワリが 夜中に
どなたかの心によって 透明のビニールかさで
みんな倒されてしまいました。
なんだか切なかったです。

草々は栄養を求めて 上へ横へと自在に奔放に
物凄いスピードで伸びます。

草刈がなんだかとても 楽しみで 汗びっしょりになるのですが
身体が軽くなるし 後のビールは最高ですので
楽しみにさえなりました。

6月には 管理地ダレソレの 大きな看板が
建ったので バブル崩壊の影響で ビル建設は
頓挫とさとりました。

それから日にちが経って 土地はこの9月から
100円パーキングに生まれ変わることになりました。
となりのコーヒー屋さんが 願っていた通りに
なりました。(笑)

都会から地面が再び消えて 植物さんとの
対話がなくなりました。

地を這うようにして ゴメンネごめんねと言いながら
草を刈った何日かが 遠い日になりました。

随想 伊路波村から27~ときめきのわけ

お人との 出会いのときの あのときめきは
なんだったんだろう。

あの講演を 待ち焦がれた 数日間の
ものすごい ときめきは なんだったんだろう。

人間との出会いは その後のご縁が ワケを
明かしてくれる。
“随想 伊路波村から27~ときめきのわけ” の続きを読む

随想 伊路波村から28~病むということ

人間が病むということは
何かが欠けているということと聞いた。

身体の場合には 口にする食べ物とか
食べ方とか 量とかが関係するのだろうか。

そして 気というものもある。
感情を荒立てると それだけで細胞が死ぬというし
病む細胞も 生まれるのだろう。
“随想 伊路波村から28~病むということ” の続きを読む

随想 伊路波村から29~壮大ないのちのドラマ

世の中の毎日の変化が 映画に行く必要もないほどの
感動や ふるえや 楽しみを与えてくれる。

お金の世界や 食べ物の薬物のこと 物の生産や
医療のこと。 教育のことや政治行政のこと。

事業者の集約化や 事業の売却のこと。
宇宙のお話や 陰謀や 科学技術の革新。
戦争 宗教 対立。

そしてなにより いのちのかがやき。
“随想 伊路波村から29~壮大ないのちのドラマ” の続きを読む

随想 伊路波村から30~ショコラありがとう

夕方家に戻ると 家内とマミちゃんが ウサギの
ショコラのことで うろうろしている。

病院に緊急で行こうと 連絡をとったり
腕の中にショコラを抱えて 心配そう。

ショコラは口をパクパクし始めていた。
もうそんなに生が長くないサインだ。
“随想 伊路波村から30~ショコラありがとう” の続きを読む