随想 伊路波村から31~循環

今日も家の前の道路と歩道の境に 小さなミミズの死骸が
たくさん見受けられました。

都会のほんのわずかな植え込みの土に発生するミミズです。

一匹のミミズの死骸にたくさんの細かなアリがたむろしていました。

なんだかちりとりに掃きこんでしまうのも悲しく思いまして
死骸とアリをそのままにしておきました。

小さなミミズを狙って きっと小鳥や鳩やカラスさえも食べ物に
してるのでしょう。

「ミミズはなんで生きているの。?」

悲しくなって下を向いてほうきの先を見る目が
潤んできます。

自分もミミズなんだろうか。

ゆるやかな坂道の東方面をやや見上げますと
秋のきれいなお日様が、自分をそして世界を照らしています。

あまりの輝きは 景色の境をなくしてしまいます。

みな一体。

今日もあることに感謝して、いつも朝にお会いする
通勤の方のお姿に、今朝も元気でお会いできたことを
心の中で感謝するのです。

随想 伊路波村から33~イルカのショー

イタリア村がなくなって 少し寂しい感じの名古屋港。
その名古屋港には水族館がある。

中日新聞に「マイルカのあかちゃんを見学する集い」が日に2回
あるというので娘と一緒に行った。

水族館があくと 子どもやカップルが次々に入館。
入り口には大きなイルカの水槽が3つ4つある。
“随想 伊路波村から33~イルカのショー” の続きを読む

随想 伊路波村から35~いろんなことがあるけれど・・・

5月6日 名古屋駅新幹線の改札口 少し掲げた左手が
末娘の挙げた左手のひらに触れた。

何か恥ずかしくて 改札まで先に。
実は 泣いていたから・・・。

4人の子どものうち 巣立ち第一号が末娘。
東京へ。

母親と 特に慕っていた兄とが見送りをした。

それからもう2週間が過ぎようとしている。
この9月が挙式となる予定。

5月9日 大阪と名古屋を行ったり来たり 夜も
眠らずに 新しいCDの製作のために走ったプライナスの
「呼吸」が世の中に飛び出た。

59「こきゅう」の日だった。

宇宙ができてからずっと続く 吸うことと吐くこと。
吸引と放出。

そのことの不思議が唄になった。

経済の変動がはっきりして
ウイルスが世の中に現れた。
ウイルスもあなただから
そんなに嫌がらないでと願う。

この時に たくさんのご縁とできごとが
物凄い波で押しかけるかのよう。

時代は またシステムは大きく変化しようとしている。
大丈夫。

いつだって ちゃんと あります。(笑)

随想 伊路波村から36~今

地震がこの国に現れてから
いままで続いていた事柄を
続けることの意味と強さが
失われている。

ハガキを書くことがそれ。
モノを販売するのがそれ。
掃除はいい。

朝 三蔵通をなだらかな坂が続く東方面に目を向ける時
静かに低くあがってくる お日様のまぶしさが
この今を 天国だと告げている気がする。

なにごともない日常がこんなにありがたいと
思えるなんて。

地震があった日 会社のテレビが文明を
押し流していく状態を そのまま映していた。

私たちが 作ってきたものが流れていく。
流れていく・・・・。

これからどんなふうになるのか。
この国はどこへ向かうのか。
もしかしたら本来 真に向かうべき人類の方向へと
転換をすることになるのではないのだろうか と思ってしまった。

人間だけが なんでこんな風になってしまったのだろう。
形作り 貯める 化粧をし 装う。
もしライオンが口紅をつけたら・・・・。
そう言ったら家内も長女も爆笑していた。

「私たちは持っている」 テネモスのこの意味がすべてを
語っているのだろうか。

人間がもし居なければ そう主体としての人間が
あなたや 万物を意識する機会を失ってしまうなら
人がすべて居なくなってしまったら
この宇宙は存在するのだろうか。
何故 ここにいるのだろうか。
今 そんなことを思うのです。

春 常緑樹の若い若い葉が 毎日たくさん路上に
落ちていく日 常世の春は 「今が ココが天国です。」と
私たちに語りかけているような気がする。

花 若葉 子供達 若者のバーベキュー
老人たちの語らい 振り返る動物 新製品のPR
空 飛行機雲 葉桜・・・・・。

今 天国に居ます。

随想 伊路波村から37~ウトウトと・・・

夜半に眼が覚めることがある。

言葉が脳裏をかすめる
「文明の交差点」
今日は この言葉だった。

眠られず 少し座る。
少しのつもりが たくさんの時間を消し去る。

再び横になる。
目覚ましを ケイタイにセットしだして
10日くらい経つ。

やっぱり 性に合わなくて 鳴る前に
セットをはずしてしまう日々。
セットしなければいいのに・・・・。

ただ静かな時間に 昔のように座りたくなっている
自分がおかしい。

少しのアルコールと 瞑想は
血圧を20は下げる。
いかにも酸素が不足している この体。
どんなことも 完璧に「ある」のに。
あれこれ思うワレ。

これから始まるかもしれない 大いなる活動に
ワクワクしながらも ただ待つという「今」を
歯がゆく思っているワレ。

関わるすべてのいのちが イキイキと輝いて
ありますように。

人が人を非難することが ありませんように。
いのちを曇らせることが ありませんように。
・・・・・・・・・・・。

眠りは 朝を迎えていた。

随想 伊路波村から38~本当のこと

本当のことを 感じたり聞いたりすると
いのちが 震えます。

それは誰の口からでも どんな出来事からでも一緒です。

木の花の リーダーが語った 覚醒後の現実との調整のできごと。

「富士へ行く。何もかもいらない。すべてあなたにあげる でも
私と 私の考えはあげられない。」

今は共に住む奥様との過去の会話。

奥様をおそったその後のことがら。
お聞きする 私のいのちを 奥様の悲しみが通過します。

人間は繋がっている。 解るまで何度も教えられます。

2月2日 午前1時30分 時を同じにして起きてしまった
家内と長女と 二女と私。

「お父さん 今日籍を入れます。長い間ありがとう。」
「お母さん ここまで育ててもらって 本当にありがとう。」
「お姉ちゃん 心配しないでね。 私はいつまでもずっと
お姉ちゃんの妹だから。」

彼女がおととしの正月だったか
熱田にある喫茶店でのバイトを終えての
帰り道に 空から聞いた声

天体フォルクローレ

私のこころの中にある光が 海と踊る

あの日 ふたりが夢 見たもの

夜更けに 空が言った
『この中で みえるものは
ずっと 美しいものだから
いま 言うことを 心に留めて
きっと 忘れないように』  と。

『愛を奏でることが あなたの生きるしるし』

思い通りにならないことも
環境をのろうことも
人を苦しませ悲しませる出来事も
もう二度と立ち上がれないほどの衝撃の事件も
みんな美しいことだから

あなたの成長を願う大きな意志がなすことだから。

平穏無事な人生や
億万長者で何不自由のない楽な環境では
あなたは ちっとも成長しないから

あなたにだけ差し上げた 大きなプレゼント。

愛が 全てに遍満しています。

随想 伊路波村から39~人間とは・・・・

どうしても お会いしたい気持ちになった方がいる。
「イエスの少年時代」の訳者 山本貞彰さんだ。
大先輩 80歳。
でもとてもそうは見えない。

友人と共に あるヒーリングスペースでおあいできた。
「お名前は・・・、 何をしていらっしゃいますか。?
年齢は? どんなきっかけでお越しですか。?」
ゆったりと質問されるお声は とても80歳には思えない。
腰もしゃきり。

「10時30分から お話をさせていただきますので
しばらくお待ちください。」

10時30分になった。
愛知県近郊や滋賀、京都などからの7-8名の方が
1時間の講演を拝聴する。

「人間の本質は意識です。肉体ではありません。
人間の肉体は朽ちますが 意識体は永遠です。
そのことが解らないから 人間はつまらないことに苦しむのです。

それで意識体が何をするのかと言うと 3つです。

1.肉体という顕在意識をつかさどります。
意識でできるのは呼吸と血流のみです。他は意識では制御できない。
人間の血管は毛細血管まであわせると9万キロの長さ
小腸をヒダまで広げると240坪りの広さがあります。
人体は物凄く精妙なる宇宙です。

2.意識体には巨大な記憶センターがあります。
物凄く巨大な記憶装置です。そこに意識のすべてのデータが記憶されています。

3.意識には「無条件の愛があふれ出す 神の中枢」があります。
そこにいたれば 責め 恐怖 怒りを感じず 無条件の愛溢れる人間になります。

ではそのためにはどうすればいいのでしょうか。
それは どんなことがあっても あらゆることに感謝することです。
そうすれば 脳の奴隷にならず 愛溢れる 人々に喜びをもたらす
人間になれます。
決して脳の考えることに左右されてはなりません。
阿呆になることです。」

今までの人生で さまざまな本を読ませていただいたり 
ありがとうおじさんに
代表されるような 感謝 ありがとうございますの大切さを
説かれる方には お会いしたので また同じようなお話と
確認のような感じだったのだが・・・・・。

その後熱田の森の「白鳥物語」で皆さんと昼食。
そして ヒーリングセンターに戻り 治療する方は治療と
いうことで。私は失礼した。

その前に 箱に出せる人は出せるだけのお礼をと
言われていたので あらかじめ用意しておいた封筒を
投函した。

お礼は自由なので 出せない人はなしでもいい。
先生はなんせ伊豆からおみえなのだから経費はかかるのに・・・。

センターを辞去する時には 兵庫から3名の患者さんが
みえていた。

地下鉄に乗って 伏見まで。
降りて家路を歩き始めて何気にカバンの中を見ると
封筒があるではないか。?
しかも用意したお金入りの封筒だ。

空の封筒を入れてしまったのかな? 戻らなくては。
「ああ もう一度来て治療せよというイエスさんの指示か。」と
一人で納得して 車で再度ヒーリングセンターへ向かう。

到着するとすでに友人は帰った後で 最後の方二人が
治療を受けていた。

しばらく待って 終了したようなので 治療室に入って
「空の封筒を入れてしまって 戻ってきました。(苦笑)」
「きっとイエスさんの指示です。(笑)」

山本先生

「治療されますか。?」

「はいお願いします。」

それから20分間 先生は横になった私の頭の両側に
両手をあててみえたようだ 触れもしない。

光の世界にいざなわれた。
無意識の中で 「旅」をしている感覚だけが
残る不思議。
たまに 手が側頭部に触れる感覚がする。

どこかで刑に処せられている。 多くの人々がいる
無念な想いが支配する・・・・・・・。

巨大な碍子が林立している。 天に向かって
幾本も・・・・・。

「目を静かに開けてください・・・。」
「指導霊さんが 食事の時食べ物をもっとよく噛むように
おっしゃってます。 胃が少し弱ってますから。」

「どうでしたか。?」

「旅をしているようでした」

「無銭旅行でしたね。(笑)みなさんよくそんなふうにおっしゃいます。」

「はりつけ刑に服していて 平等が・・・  
できなかった無念な気持ちがいっぱいで・・」

私は慟哭してしまっていた。

しばらくして先生はおっしゃった。

「肉体から 意識体をはずすのが わたくしの役目です。
自由に旅をされて 戻られた時には子供のような心になります。」

ただ教えのみでわかっていたつもりが
このように体験をもって 知らされるとき
今までのいのちへの実感は確信に変わる。
今生でお会いできた幸いを思う。
そして その機会を運んでくれた深いご縁の若者との
ご縁に深い感謝を捧げたい。
素晴らしい日。
白鳥ではCOP10。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
01.0714 愛環 MG 初日の講義は、山本貞彰先生による講演でした。
牧師の息子として生まれる。会津中学で敵国のスパイの子といじめに逢う。
学徒動員で川崎に行って、救われた。
36歳、自分のヒーリングパワーに気付く。
————————————————————
        「本当の自分を知って下さい」
病気というのは、感染症を除いては、大部分自分が作り出している。
心が何かにおびえていて、ストレスという重圧に打ちひしがれて病気になる。

嬉しいこと、悲しいこと、を引き受けているのは、意識体。
人間は意識の持ち方いかんによって、どうにでもなる。

肉体は意識体の命令を忠実に実行する乗り物。
瞑想が意識体を活性化する。

まず、私たちは、もう一人の自分がいる、それは意識体という形で存在してい
るということを認識して下さい。

では、どういう気持ちを持ったらいいのか、どういう意識の持ち方をしたらい
いのか。

先のことを心配すると病気になる。

腰痛=自分の考えがフラフラしている人。

責任転化の上手な人は腎臓がやられる。

というふうに、悪い意識を持つと病気となって表に現れて、意識の持ち方が誤
っているということ知らせてくれる。

その意識の持ち方と病気の部位は連動している。

精神病院で奇声を発している人のそばに花を置くと、すぐに萎れてしまう。
その逆に、愛をもって接すると長い間、活き活きとしている。

人間はオーラから波動を噴射している。

●悪い意識=エゴの意識、 地獄
 ありとあらゆる事故の元、警告を発している。
●良い意識=おもいやり  天国
 愛に溢れている意識
エゴはみなさんが想像している以上にたちが悪い
憎しみ、策略、人を陥れるといったもの

一番切れやすい年代は、40代、(42-49歳=魔の7期)
この時期は、虚無、欲望等いろいろな落とし穴が待っている。

世間体、あの人からどう見られるか、自分をよく見せたい、というのも
立派なエゴ=偽善者、二重人格が多い

エゴからの脱却
1)人のことを善悪で判断しない
 人間には、善人もいないし悪人もいない
 善悪は、ものすごく小さな世界の価値基準にすぎない。
2)必要以上に持たない
 必要以上に持つことから争いが始まる。
 お金=必要以上に持つと、汚い心になってくる。
 
 晩年になると、貯めた分だけイヤっていうほど使わさせられる運命が待って
 いる。1億貯めると、1億円分の病気が待っている。

 肉体も新陳代謝が円滑に行われてこそ健康でいられるように、
 お金も、地球上を円滑に循環してこそ価値がある=通貨。
 代価=価値を生むための道具。
 停滞させるのは、悪い意識なんです。エゴなんです。=悲劇の元
 お金もモノも食べ物も着る物も、必要以上に持ってはいけない。

3)自分をごまかさない
 自然体に生きている人は、相手の目は気にならない。
 自分の好き嫌いを、自由に言えるようになったら、意識体が綺麗になってい
 く。
 人と上手くやるためには、と自分をごまかすすべを教えている先生が多い。
 無欲な状態になると、自分が好きなこと嫌いなことがハッキリ見えてくる。

 テクニックによって慕われようというのが、一番ゲスの考え。
 なるべく嫌いなことはやらない、自分をごまかさない。

 みなさんは、他人との競争の中で生きようとしている。
 他人との競争で生きているうちは、きれいにならない。

 本当の競争は、昨日の自分と今日の自分を戦わせること。
 基準は何か、因果律なんです。
 良い種を蒔けば、良い実が実る。
 悪い種を蒔けば、悪い実が実る。
 悪い種を蒔けば、必ず悪い実をつみ取らねばならない。
 良い種を蒔こう。
 常に自分との戦い。因果律に従って自分との競争をすれば、綺麗な意識体に
 なっていく。

4)人間関係
 人間関係の最も重要な部分は、コミュニケーションです。
 無意識なうちにエゴになっていくのは、コミュニケーションが悪いからです。
 (モンパッサンの首飾り)

 どんな嫌なことでも、相手と面と向かって本音で話し合う、ということが
 コミュニケーションの大原則。 

 大部分の親子、夫婦がこれをやっていない。
 この習慣というものを身に付けないと、無用な摩擦を引き起こしたり、すれ
 違い続けることになる。

 相手の心に伝わるのは愛だけ。
 どんな美辞麗句をいっても、その人に思いやりがなかったら、愛がなかった
 ら、何も伝わらない。

 あいてを思いやったときに、初めて伝わる。
 どんな素晴らしい工作をしてもプレゼントを持ってしても伝わらない。

自分を偽るのは止めて、自分を愛せる自分になろう。
他人の目を気にしないで、自分を綺麗にする。

お金の心配をしたり、取り越し苦労をしているうちは、意識の働きは上向いて
こない。

義理とか人情が重圧になっている。
自分の名誉のため、蓄財のために向けている意識を、思いやりを持てる自分に
なれるよう意識の働きをそちらに向けることが大切。
                                  01.0716
————————————————————-
山本貞彰氏 略歴
昭和30年 立教大学英米文学科卒業。
昭和34年 英国教会系 聖公会司祭に叙任され、沖縄伝導区を振り出しに諸教会を司牧。
昭和60年 スピリチュアリズムとの出会いが起因となって牧師を引退。
著書
「イエスの少年時代」 潮文社 他。

随想 伊路波村から40~力 メール

年齢と共に根気薄くなり
強い意志があっても
少しも進まない現象に飽きそうになる。

すると「飽きることは 成長が止まったからだ」と
息子がコンビニで見つけた「ニーチェの言葉」が届き
進まないことに頼ろうとする意志を
見透かすように 人生の師からは
“随想 伊路波村から40~力 メール” の続きを読む