随想 伊路波村から51~ある集い

およそ一年ぶりに飲み屋さんでの集い。

学生時代の5名が(いつもですが)集いました。
70歳近くの年齢になりますと、さまざまなそれぞれの
家族や親類の方の変化が大きく、また自身の体の
状態も変化して、すこし開催の時間的な間が伸びていました。
酔うほどに話が広がって、4時間です。
“随想 伊路波村から51~ある集い” の続きを読む

随想 伊路波村から52~人はどこにいるのか

世界が平和になったらほんとうに自分は平和なんでしょうか。

自分が平和であることと世界が平和であることとは
どんな関係があるんでしょうか。

自分の見ている世界は自分の意識の現れといわれます。

でしたら自分の心しだいで平和かどうかが決まります。
平和だけでなく幸せ感もそうです。
満足感もそう。
“随想 伊路波村から52~人はどこにいるのか” の続きを読む

随想 伊路波村から53~谷神(こくしん)

真理は勉強したり理解したりするものでなくて、
気づくことなんですね。

個人が気づかなくても、厳然として
いつも真理の中にあるわけです。

だからなんだかいつも集中して一つことに
今を生きている人そのものですね。

それも楽しくて楽しくて仕方ない人は
すでに真理に生かされていますね。
“随想 伊路波村から53~谷神(こくしん)” の続きを読む

随想 伊路波村から54~この国のどこかに・・・・

ももえさんの歌の文句ではありませんが。
最近になって立て続けに映画を見ました。
自分で見たいと思った「君の名は」。

昔の同名映画は岸恵子さんと佐田啓二さんが主人公です。
小学校5年生のときにバスの中で生オケで
この主題歌「君の名は」をうたったほど好きな歌の題名でした。
“随想 伊路波村から54~この国のどこかに・・・・” の続きを読む

随想 伊路波村から55~永遠の汀(なぎさ)に立ちて

毎月横浜から送られてくる「生命の光」ですが
もう15年近く読ませていただいてます。

イスラエルへのたびの後、知人となった方からの
贈呈が毎月あるのです。

幕屋ですから、神はどこにでもあって幕を張れば
そこに神が降り立つと考えるらしいのですが。
教会を持たず旧約新約聖書を学んでいく集団です。
“随想 伊路波村から55~永遠の汀(なぎさ)に立ちて” の続きを読む

随想 伊路波村から56~シーター波

昨夜映っていたテレビでシーター波のことを言っていました。
「ためしてがってん」です。

瞑想すると脳からシーター波が出て精神の安定につながり
痴呆も改善するというお話です。

政木和三博士のことを思いだしていました。
もう20年を超える以前のこと。
名古屋に月に一度みえて、駅前のビルで講演がありました。

「人生の目的は他人の役に立つこと」
明確な理念でした。

政木博士は能力開発に右と左の音をわずかにずらした
うなり音がでる機器を発明していました。

それをつけていると記憶力がついたり、健康になったり、
またシーター波が出て願望の実現スピードが速くなりますと
言われました。

やはり政木博士も「思っていることは実現する」と
明確です。

シーター波は夢を見ているときとか、寝入りばなに脳に発現する
脳波のサイクルの少ないゆったりとしたものです。
アルファ波よりもサイクルが半分ほどです。
もっとゆっくりだとデルタ波。
シーター波やデルタ波の状態に脳があると、
思っていることの実現スピードが速いようなのです。

そのシーター波を発現させるのに有効なのが瞑想。

瞑想によってご老人の痴呆性が改善された実例が放送されました。

最近のメディアの傾向は薬などに頼らずさまざまな
方法で健康になる実例を紹介することが多くなっているようです。
そして不思議と手術を回避したり、薬はなるべく飲まないようにと、
今までタブーとされてきたようなことをはっきりと主張しています。

なにか世の中の大きな力の均衡が崩れてきていることが予想されます。

この政木博士のソウルメイト(半身)と言われていたのが
昨日話題にさせていただいたGLAの高橋信次さんでした。
連日不思議な縁の話題が続いています。

☆一時社会問題化しました政木博士発明の神経波磁力線は
 ドイツでは医療保険可能な機器に認定されました。

 問題になった当時でも、機器の実際の使用者の方から
 癌に有効であったことが数々報告されていました。

 今考えて見ますと、神経波磁力線の機器を体にあてるということは、
 N極S極逆転させる交流磁力線で体内の血流圧(内圧)を高め
 体外からエネルギーを吸引し肉体の酸欠を改善することになり、
 しごくまっとうなことと納得できました。

 今さらながらの気づきです。

随想 伊路波村から58~電池の発達と文明

15年前、若鯱だったかどこか忘れたけれど、
講演会を主催させていただいて、
そのテーマが「電池の発達と文明」でした。

その先生は歴史を見ると
電池の発達と文明の進歩は
間違いなく相関関係にあることを
力説してみえました。
“随想 伊路波村から58~電池の発達と文明” の続きを読む

随想 伊路波村から59~ミスターなんとかさんとあんでるせん

今日銀行周りをする車内で、社員さんが
昨夜のミスターなんとかさんのテレビでの
話をしました。

ミスターなんとかさんが超能力なんかない、
すべて種がありますと、自分のマジックを
断言したようです。

以前、幾度も訪れた長崎川棚駅前の喫茶店「あんでるせん」には
過去なんとかさんもおいでになりました。
“随想 伊路波村から59~ミスターなんとかさんとあんでるせん” の続きを読む

随想 伊路波村から60~いつも喜んでいなさい

おいしいと言うと
現在過去未来の全存在が
おいしいと言い

嬉しいと言うと
現在過去未来の全存在が
嬉しいと言う

喜んでいると
すべてが喜んでいる

するといつも世界は輝いていて
いつも喜んでいる

あなたのおかげだよと言うと
あなたのいのちが輝く

そして現在過去未来の全存在が輝く

一人ひとりには大きな大きなお役目がある
それはどんな誰にでもできること
ただただいつも喜んでいること

どんなことがあっても