Iさん懐古 その17~たった一つのいのちが

「たった一つのいのちがすべてを動かしている。
委ねていくとトラブルがない」

いのちがいくつもあると思いがちですが、
いのちはたった一つしかないとは。

分離した自我が存在のすべてだと思ったら、
もちろん肉体がワレで死はあると信じて
疑いません。
“Iさん懐古 その17~たった一つのいのちが” の続きを読む

Iさん懐古 その18~自我からの脱皮が

「自我からの脱皮が必要」

Iさんはほんとうにさらっと真理をおっしゃいました。
真理かどうかは受け取る側の価値観ですが。

ああ~やっかいな自我さんです。
自我か「空」(生命)か少しだけ自我と言うわけにはいかず。
それは一部だけ無垢というわけにはいかないのと
同じです。
“Iさん懐古 その18~自我からの脱皮が” の続きを読む

Iさん懐古 その19~宇宙にはたった一人の自分がいる

「宇宙にはたった一人の自分がいる。
私の分魂が自分。」

では自分が父であり神であるのでしょうか。
まさか?
笑いそうでしょう。

でももしそうだと考えたらどうでしょう。

自分が自分を創造することはできません。
でも父なら孫悟空のようにたくさんの
分魂を創造することができます。
“Iさん懐古 その19~宇宙にはたった一人の自分がいる” の続きを読む

Iさん懐古 その20~人生の目的は

「人生の目的は分離感をなくすこと」

人生の目的は大金持ちになること、とか
野球の選手になることとか、
幸せな家庭を気づくこととか、
多くの人の役に立つ人になることとか、
みんなの幸せに繋がることをしたいとか、
政治家になる、スポーツ選手になる、歌手になる、
音楽家になる、芸能人になる、大実業家になる
・・・・・。

延々と・・・。
“Iさん懐古 その20~人生の目的は” の続きを読む

Iさん懐古 その21~言葉も五感も物質

「言葉も五感も物質」

言葉も五感も物質でしたら、
物質は結果ですから、結果で結果は
変えられないの真理どおりですが、
「思った通りになる」の真理の思ったと、
言葉と言う音として出た物質とは異なるものでしょうか。
“Iさん懐古 その21~言葉も五感も物質” の続きを読む

Iさん懐古 その23~霊界は無形にして無双、人間の内に存する

「霊界は無形にして無双、人間の内に存する」

だいたい霊界そのものについて?の方々も
多いのかもしれません。

霊界を「神」と言う言葉に置き換えても
同じ意味になりますね。
“Iさん懐古 その23~霊界は無形にして無双、人間の内に存する” の続きを読む

Iさん懐古 その25~無限世界は始まりなく、終わりない。

「無限世界は始まりなく、終わりない」

生まれ出て、死んでを繰り返すと、
繰り返す現実社会の認識を身に染みて
手放すことをせず、疑問さえ抱かない
人間です。

形のあるものを思う時、生まれて死んでは
あたりまえのように感じます。
しかし形のあるものに永続性はありません。
物質は消えていくもの。
“Iさん懐古 その25~無限世界は始まりなく、終わりない。” の続きを読む