「竹のものがたり」 その14~愛媛大洲市肱川町への旅 2

予定より一時間遅れて到着ですので、
クマちゃんの計画をズタズタにしたのかも
知れませんが、それでも大切なことを
しなければと御在所のお山をご案内いただくことに
なりました。

御在所の説明はここです。

御在所山689m(愛媛県大洲市肱川町)

石灰岩の林立するお山です。
水に浸食された石灰岩があちらこちらに
見受けられ、さまざまな動物や天の鳥船や、
天狗岩などがあります。

全員無事に山を降り、温泉へ。
そして奥様の手料理で、いつもはお酒を飲めない
クマちゃんも奥様のお墨付きが出たようで、羽目を
外しました。素晴らしいお料理の腕前。

この方がいたればこそのクマちゃんの
奥様は忍耐の人。

そして眼にハンデを背負いながらも
地球と人に貢献する竹炭焼の天才の息子さん。

肱川町の山奥で暮らすお三人の天使です。

これは朝ごはんです。

いよいよ翌朝は、竹炭の火入れです。

息子さんがそのお役目です。

竹藪。

寝かせた竹。

竹はこのように入ります。

そして火入れ。

半日ほどで焼き上がり。
燃料は0です。

途中、竹瀝や竹酢を手に取って
顔に塗りました。
スベスベ。

さまざまなものが炭になっていました。

クマちゃんは、書でも詩吟でも師範代です。

大洲市の小学生は一年生になると
もれなく全員がこの中江藤樹の詩を詩吟で
暗唱させられます。二分間で。

まだ幼くて意味も分からないことでしょうが、
まるで教育勅語のようです。
だから、幼いころから藤樹の精神が
染み込んでいくのでしょうか。

さまざまな目まぐるしい展開にまったく
楽しいお時間を過ごさせていただきました。

ご家族三人のお心を尽くされた、細やかな
ご配慮に感謝しつつお別れの時となりました。

帰りはしまなみ海道回りで帰名しました。

空も喜んでいました。

クマちゃん、ありがとう。

指が龍を指しています。

県名に「愛」を冠する、愛知と愛媛。
不思議なご縁に手を合わせています。

アイアイ傘ですね。(笑)

「竹のものがたり」 その15~竹の化身

「竹のものがたり」の風が吹いた日々が
過ぎ去りました。

マイブームの中江藤樹の熱がいまだ
冷めやらぬ日々はまだ続いています。

そんなある日、下のコーヒー屋さんのかこさんで
毎週火曜日に昔娘さんだった80歳の女性たちとの
朝会議がありました。

会議といっても何も決めませんが、
よもやま話です。
“「竹のものがたり」 その15~竹の化身” の続きを読む

「竹のものがたり」 その16~聖人 中江藤樹の藤樹書院 「知良致」

聖人中江藤樹の近江での私塾「藤樹書院」は
滋賀県高島市新小川町にあります。

近接の資料館「良知館」も「藤樹書院」も
拝観無料です。駐車場も無料。
365日男女ペアの案内の方が常駐されます。

ご訪問をお勧めいたします。

聖人中江藤樹とはこんな方です。

EPSON MFP image

“「竹のものがたり」 その16~聖人 中江藤樹の藤樹書院 「知良致」” の続きを読む

花粉症鼻水 鼻血一π氣っ酢(キッス)30倍が・・・

突然に夜中に起った鼻水タラタラが
いろんなお試しで、12時間後に
一π氣っ酢(キッス)30倍で止まりました。

嬉しくていろんな方にお声がけして
試した人はほとんど大丈夫でした。
そして鼻血の止血にもOKでした。

やってみたいと思った方に
プレゼントさせてください。

ライン、メッセンジャー、メールmasataka89@iroha .ws
なんでもOkです。ご遠慮なく。!!

「炭甘塩坊」による変化

毎週火曜日に下のコーヒー店「かこ」さんで
昔娘さんだった80歳の方と情報交換の
コーヒータイムがあります。

そのメンバーのお一人は毎日コーヒーを
飲みに「かこ」さんにおいでです。

いつかの以前の日に「炭甘塩坊」を差し上げましたら
大人気で、この方は何でもかんでもこの黒い塩を
使ってみえたようです。
それから二週間がたち、

月曜日道を掃き掃除していましたら、
お声がけいただきました。
目をキラキラさせながら、

「あのね、そろそろ髪の毛を染める時期なんだけど、
毎日髪を見てたけど、なんだかこの髪の根元が
黒くなってきて、ものすごく白髪になるのが
遅いの。それでもうちょっと染めるのよそうかなと
思ってる。うれしい!」

です。

喜んでいただいて、ほんとうに娘さんのような笑顔。
こちらも嬉しい!!です。

笹の葉ケイ素と竹本体炭の鉄分による変化~Kさん(女性)からご報告

見性の体験者Kさんが来社された折、
500CCの水に笹の葉の炭(3ミクロン)を
小スプーン1/3ほど、竹の本体炭1/4ほどを
混ぜた原液をもらっていただいて、
何か変化がありましたらお知らくださいと
お願い申し上げました。

そのお返事が今参りました。

おはようございます☀

感じたことをそのまま書きますね

山田さんのとこで竹炭パウダー液(500の水に耳かき三杯の液体)

一口目飲み込んだ瞬間に右腰にあった滞りが消えました。

感覚的な事なのですが、現実になる前のエネルギー的な変化だったと思います。

その後、ミキで薄めて飲んでます。
“笹の葉ケイ素と竹本体炭の鉄分による変化~Kさん(女性)からご報告” の続きを読む