日曜日

皆さまへ

自分の人生を幼いころから書き綴った
ある道のり」でした。

今読んでも,何と激しい人生だったか、
よく乗りきって来られたと感慨でいっぱいになります。

人生で若いころから生活の中心となった実の母と
長女のことがいつも心に浮かびます。

昨土曜日、高蔵寺にある実の母、父、兄の
お墓に詣でました。
墓標には 母63歳 父72歳 兄77歳とありました。

見上げれば初夏の青い空、強烈な日差し、浮かぶ雲。
長く間があったことをお詫びしました。

昨夜は10時間眠りました。
深い深い眠りでした。

「ある道のり」のあと友人のお勧めもあって、
現在まで伊路波村のブログで書き留めさせていただいた
2000ほどの記事の一部を「随想 伊路波村から」という
ジャンルにまとめさせていただきました。

人生上お会いできた方とのエピソード。
仲間との旅の出来事。
魂を震わす出会いや場所。

自分という人間が何を考え、何を守ってきたのか。
そしてどこへ行こうとしているのか。
人生の終盤でそれを整理する活動のように思えました。

もちろん心の中だけに収め、決して外側には
出すことができないたくさんの汚れた心があります。
それはそのまま自分にだけには語りかけ、多くの方へ
お許しを乞いたいと思わせていただきます。

きれいなことだけでは決して済まない人の一生です。
詫びても詫びても許されない人生です。

20年におよぶ飯島さんとのご縁は壮年期の
大部分を占めています。
真理を求める強い心が、飯島さんというお人を
現象として現わしてくださったものと理解し、
感謝でいっぱいです。

出会いを通じて真理の一部をお伝えできればと
突然繋がってきたこと」や
真理の光」が
言葉として浮かび上がってまいりました。

またここへ導かれた道には、多くの人との出会いや
出来事があって、そのようなことがあってこそ
導かれた人生とすべての方々に感謝しています。
この道へ」におおまかな道が示されました。

自分には自分のこと以外の事柄を言葉にすることは
不遜に感じます。自分の周りで起きたこと、体験による理解。
時や空間を超越する魂の感慨。
そして震え。

幼児期の少しのお時間を除いては、
人はずっとマスク(仮面)をしています。
仮面なしで過ごすと生きにくい世となっているようです。

でもなるべく仮面をしないで生きよう、
自分に嘘をつかないように生きていこうと
懸命に歩いてまいりました。

そして今というところにいます。

御縁をいただき、あらためて感謝申し上げます。

ありがとうございます。

随想 伊路波村から11~代表選手

誰でもが三千世界の代表選手なんですから、
なるべくいのちが沸き立つような毎日が
望ましいですね。

からだもこころもいのちも、みんなみんな
よろこんでいる状態の継続。

生まれさせていただいたほんとうの理由から、
遠くにいればいるだけ、
世の中でいう苦難困難が激しいと聞きました。

不安は怒りのもとですか。?

怒りがだめと感じたら、
不安を消しましょう。

不安は執着だから、
執着を消すということでしょうか。

だけれども手ごわい執着は
現実世界ではいっぱいあって、
てぐすね引いて待ってます。(笑)

どこから消せますか。?

名誉、財、嫉妬、本能・・・・?

自らに語りかける月曜日。

随想 伊路波村から12~戦争

きっと戦争なんて永久になくならない。

そんなふうに思いはするけれど、
戦争の体験に接する時、
人間のあまりにも深い業に
人類の悲しさを見てしまう。

映画「夕凪の街 桜の国」を観た。

ひとつの映画の中にふたつの時代がある、
戦中世代と戦後世代。

親父が戦争を語ることはない。
どこの親でもそうであるように、
何故か戦争を語らない。

まるで人間をあきらめているかのよう。
変な言い方だけれど。

最終のできごと、広島と長崎での。
そのことはこの8月、毎年人々の
記憶を呼び覚ます。

落としたアメリカは日本での原爆の
犠牲者の倍の人々が放射能の犠牲に
なったと聞く。

被害、加害の不思議。

長い間広島に行く機会がなくて、
初めて原爆記念館を訪ねたのは
8年ほど前になるだろうか。

不思議に静かな広島の街。
街を流れる川。

とても長い時間を館内ですごすことは
できなかったのを覚えている。

その後、広島の人たちと縁が繋がった。
物凄い情景、物凄い体験は
人間をそれだけ強くするものなのだろうか。

広島の人たちに、大きな愛と、寛容を見る。
そして同時に強さを。

子供達にも見てもらいたい「夕凪の街 桜の国」。
桜の国。
散っては、根の養分となって重ねていく歴史。

いさぎよい桜。
武士。
特攻。

まだ続くのか、人類の業。

まだ続けるのか支配、被支配。

真実を知るときがきているのだろうか。