毎日届くはがき

広島の坂田道信先生が提唱し
日本全国で多くの方々が実践されている
複写ハガキの「はがき道」。

書く人が複写で書いてカーボンの青い字の
はがきがお相手の方に届きます。

20年ほど前から始めたはがき道ですが
少しずつながら現在も続いています。

お相手からのおはがきがたまり始めた最近ですが
坂田先生ご夫妻が名古屋にみえてお会いできました。
創始者の方とのお出会いははがき道に
速度を与えます。やる気の増進です。

一緒に食事したお店の社長さんはやはり
はがき道の実践者です。
「95歳になる母もはがきを書いていて
全国からはがきが届きます。施設では
届くはがきが一番多いんです。」と嬉しそうに
話されました。

おそらく筆まめな社長さんはご自分も
毎日のように施設のおかあさんにはがきを
書いているのでしょう。

そのことがあってこちらも今入院中の
45年前に養子になった94歳の母に
毎日はがきを書こうと決めました。

毎日のように見舞うのに、毎日はがきも
病院に届きます。

要介護判定のために病院で本人の
状態確認の調査に訪れた相談員さんが
いろいろ母に質問している最中に
突然に母がこの相談員さんにはがきを
見せました。

「息子からのはがきが毎日届くんですよ。
看護婦さんが息子さんからはがきですよ!
と言って毎日持ってきてくれる。
楽しみなんですよ。

私は幸せものです・・・・。」

と言って突然慟哭しました。

その心の動きに、立ち会っていた娘と
息子も大粒の涙で溢れました。

高齢となって病院で長く滞在する寂しさは
どんなだろう、とてもとても寂しいんだろうと
感じさせてもらいました。

これからも出来る限り書き続けようと思います。

はがきの最後には 「息子より」 と書くことにしています。

いつも

おいしいと言うと

現在過去未来の全存在が

おいしいと言い

嬉しいと言うと

現在過去未来の全存在が

嬉しいと言う

喜んでいると

すべてが喜んでいる

するといつも世界は輝いていて

いつも喜んでいる

あなたのおかげだよと言うと

あなたのいのちが輝く

そして現在過去未来の全存在が輝く

一人ひとりには大きな大きなお役目がある

それはどんな誰にでもできること

ただただいつも喜んでいること

どんなことがあっても

あんでるせんの体験が伝えること

長崎という地は 原爆記念日を仮相のこの世の
誕生日として与えられた身には特別の感慨が
ありました。

25年前 津の赤塚さんのお話から川棚の駅前に
ある「あんでるせん」に興味をもち 以来
10数回の訪問を ご縁の方たちと共に
重ねて参りました。

マスターの久村さんも25年のこの世の年を
重ねました。

あんでるせんでの体験が見る方に伝えることは
見る方の受け入れ方さまざまでしょう。

受け入れられず 何かしら怒って帰ってしまわれる方。
その後の人生が劇的に変化された方。
数奇な運命をたどりながら そのことの理由が理解されて
感激感動される方。
何かトリックがあるのだろうと思い できごとを
その方流の理解でやり過ごされる方。

さまざまでした。

それでも生かされて 体験後の人生を送られます。

「あんでるせん」が伝えるものは

実相世界では 時間はなく空間も無いということ。
また意識が仮相現実を作る最大の力(エネルギー)だということ。
そして仮相の現実世界は 映像のようなものだということ。
さらに「空」から 仮想世界の物質は固まっていること。

だから 元一つということ。

などなどと感じさせます。

12月今生最後の「あんでるせん」に呼ばれました。

苦悩はすべて

すべての苦悩は自分を肉体だと思いこんでいる
ことから始まっている。

ほんとうはそうではないと確信するためには
絶対的な体験が必要かも。

確信的体験から 人生での
すべてを 受け容れることが
できる鍵を与えられるのでしょうか。

テネモスミーティング名古屋 9月21日 レポート その4

Oさん(男性):二極の世の中。偏りが問題の原因。周波数が大なら
水に対応する。(グリストラップのように)
酸化 壊れる 腐るは発酵状態にすれば戻していく。
吸引状態でバランスを保てる。
言葉一つで変化もする。
原因と結果 原因をみれば困ることはおこらない。
どんなことでも無限のことが創造できる。

Sさん(男性):
だんだん終活するようになってきた。
知花さんは言葉で伝える講演会のみ。
飯島さんは聞いたことを実験実践した人。わかりやすくした。

知花さんは 人生とは自分を知ることと言った。
赤ちゃん 父と母の愛で結合することによって生まれ育った。
誰に教えてもらったわけでもないのに。

*結果の世界に慣れきってしまった。
*原因の世界を考えない。
*誰にでも備わっている。
*調和 愛のあるところは安定。

人と調和する人は50%以下。
知花さんの本 DVDを送るので活用してください。
来年まで仕事の予定。調和の中の衰退でありたい。
バランスの中で朽ち果てたい。迷惑かけないで朽ちたい。
自然の生物は自然に朽ちていく。そのようにありたい。

考えた事業はうまくいかない。入り込んできた事業は
不思議とうまくいっている。

釘本さん:Oさん(女性)放置していた食べ物は発酵していますね。

長野で減農薬のリンゴ。テーブルの上に一個のみ。リンゴがパンパンに
大きくなっていた。食べたらリンゴがお酒になっていた。
ノニ(くだもの)をお酢に漬けていた。それと一緒に置いていたから
促進したと感じた。

龍体文字  
空海は遣唐使で海路 海が荒れて目的地から
400キロ離れた場所に漂着した。その後地元と密着しながら
長安に向かった。その旅の過程で視野の拡大があった。

風水で人の字の川が氾濫して人々が困っていた

その蛇行した川を押さえた方法は上から見て川を
火の字とした。人の形にに点々を加えた。水害が減ったが
火事は増えた。

形状には意味がある。

Iさん(女性):バイオリンの木に歌を聞かせた。昔の人は
やっていた。田植え歌。酒蔵の歌。歌や言葉のちからは
強いのではないか。ごはんのときトマト リコピン入りで
元気になるよって言うと ほんとうに元気になる。
言葉のほうが力がある。

釘本さん:言葉に向かいあっている。9月はじめ 茨城の生命研究会
炭埋水田や畑でイヤシロチをつくり電子を引き込む。

茨城の酒蔵で聞いたお話。京都のお酒は何故うまいのか。花崗岩が
原因。その岩を通った水で酒造りするのでうまい。
茨城でもそれを応用して 御影石を通った水で酒造りをした。
茨城でもできる。
昔からの智恵を応用するとうまくいく。

グリストラップ
最後のものを最初に戻すこと 循環させるとうまくいく。

高速道路の壁はエネルギーが入ってくるので音が小さくなる。二極性の卒業
思ったことが現れている。今バランスがとれているから
思ったことが現れてくる。何でもうまくいっている。
いかにして物質二極性を超えようかと努力している。

受容すること 認めること。 政治 人が代わっても同じことをする。
自分も同じ種を持っているので そんなふうに思うので
認めていくことでバランスが取れている。

実験段階は同じ。すべて思ったとおりになる。
犬やネコ 手当てすれば治る。手当てできる。
*出来ない人も出来る人もいる。確信の過程が大切。

Iさん(女性):水が悪いものを吸ってくれる。玄関に水を
置いておくと喧嘩がなくなる。昔の人はやっている。

釘本さん:飯島さんと一緒にいてよかったこと。
「お前には風が読めるか。海の流れが読めるか。」
と言われ それからいろんなイメージができるようになった。

人との出会いは大切と思う。
好きなことをしている人といるといい。

めがねが好きでめがねやを始めた人がいる。
好きなことをしたほうがいい。

さあみがこ はみがき粉 音さ三種類使ったら
相当よさそうです。528HZ でも物にたよらずに
わかって使う。次の人が使いやすいようにやっているのが自然。
作ることはできない。

Kさん(男性): 「私は酒を作っていない」といわれた。
         酒を作っているのは微生物。