テネモス通信 190409

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

こんにちは。

本日4/9は、テネモス新製品のお披露目日です。

開発コンセプトは、

『 日本人の素材の酵素水 』

その名は、ずばり

アグア仕込みの「お米と大豆の酵素水」

です。

お米と大豆といえば、日本の食卓、ごはんとお味噌汁。

ご先祖さまたちが、ずっとずっと食してきた微生物さんたちです。

歴史をひも解けば、千年来のゴールデンコンビなのですね。

ということは、
お米と大豆を材料に、私たちの体はできているといってもいいくらい。

なので、新しい酵素水の活躍の場は、

お台所から、お風呂、お洗濯、

空間のお掃除、浄化そして、体の元気にと・・・、

私たちの生活の場、全てです。

●発酵の力は、元気エネルギーがそそぐ生命の仕組み

“テネモス通信 190409” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その4

Hさん:今日で二度目の参加です。釘本さんとは「ゆめのたね」の同期です。ここに来ている人はなぜかわからなくても来ている。知花さんも、飯島さんも知らなかった。マナウオーターですが、20年前に川の魚と海の魚が一緒に棲める水があることを知った。年齢を重ねだんだんわかるようになってきた。その不思議なことを言葉で説明できるようになって腑に落ちてくる。

ガイアの昔から知っていることを思い出す会がテネモスミーティングのような気がする。水の無限の可能性。圧をかけるということは微生物のスイッチ。圧の掛け方も丸や四角があって、微生物も丸か四角がすきそうなものがありそう。意識の圧は凄い世界。遠隔意識はインターネットと同じ。ポチっと押せば地球の裏にでも伝わっていく。それぞれがそれぞれの人の感じるボタンを押し合っている。

Aさん:太極拳は武術。趙さんが山の中でイメージ。自然の鳥や木々の移り変わりを自分の中に取り込んで宇宙と一体化する。中庸の状態の時に宇宙エネルギーが吸引される。エネルギーが満たされたときに健全となる。

この自然と離れた時代。太極拳によって宇宙エネルギーを取り込む。四柱推命、東洋医学の基。周波数が決まっていて、人はなるべく自分を客観して見ることで消耗を防ぐ。惑星の影響を如何に受けるか。自分のために今やっているが、周波数を上げて自分たちが薬になればいい。香港で7年、そこで身につけた四柱推命。

Iさん:プラスティックの経営を主人がしている。環境問題、マイクロプラスティックの問題解決に、再使用をお願いする取り組みをしている。溶かして細かくして企業に納品している。再生の方がコストが大だが長い目で見ると将来の子供たちには良いと考えている。

釘本さん:思ったことをすぐ行動するタイプが自分。Iさんの工場を見学したら発想の転換があった。プラスティックに関する考え方を悪いものから宝物と思えた。プラスティックを悪いものと考えることがダメと感じる。プラスティックのつかい方でさまざまな使いかたがある。

認めたものしか現れない。飯島さんが「全部逆なんだよ。」って言っていたが、最近凄くわかるようになってきた。フェイスブックで映画についての感想で見方の違いがあることを認識した。

酢を作っている。
酒米(五百万石)を使用。最初にいただいた分の、1.5倍の量が欲しかったが不思議とその量になった。思ったとおりになるってことは真理です。

酢を作る過程でどぶろくが出来る。今まで飲んだお酒の中で一番と思う。徹底すれば自分の思ったとおりのものができる。

裁縫、一ヶ月に1~2回。いい先生がいたので始めようと思った。昨日出来上がった。好きだと思った。好きかどうかがとても大切。まず選ぶことからする。生地から選ぶ。まず選択することが大切。自分で考えて決める。考えるということは0の位置。そこから1が選択によって生まれる。

どんな人と付き合うか。微生物培養と同じ。先生を選ぶことがまず大切。ポイントを教えてくれる先生はいいと思う。とても早くできた。

余計なことはしない。意識を出したら答える(飯島さん)

 

以上でした。

冠之会、読書会、木曽駒カルパの予定

冠之会

いずれも午後6時から いずれも土曜日です。

場所 伊路波村 (山善ビル二階)
名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号

費用 資料代として 1000円

2019年

4月20日
5月18日
6月15日
7月20日
8月 休み
9月21日
10月19日
11月16日
12月21日

読書会 修身教授録 森信三先生著

いずれも午前6時からです。
場所 伊路波村(山善ビル2階)

費用 無料

4月21日
5月5日(まるえいさんにて)
6月 休み
7月21日
8月 休み
9月22日
10月 休み
11月17日
12月22日

木曽駒カルパ

8月17日~18日

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その3

Sさん:最近テレビでも悲しい事件が多いです。知花さんの終末予告があって、私たちの今考えるべきことと思います

1.宇宙にたった一つの神の仕組みが存在する。(飯島さん)
2.意識圧は測る事はできないが長野県に住んでいて、自然災害からは逃れられ、恵まれている。このようにみんなが意識を高めているから恵まれているのかも知れない。

一月にテネモスミーティング参加した日の夜中に出血。小腸出血だった。点滴一週間やってもらった。癌患者さんとの相部屋に入った。すい臓がん、胃がんの末期の人に囲まれていた。遠隔ヒーリング(室内で)によってまわりのその人たちが変化した。自分の病の意識がどうかを考えた。感謝の意識でヒーリングした。試練の一週間となった。一つの意識がすべて。自分しかいない。他は無関係。自分が意識を高めるしかない。

B-ONEという水を紹介します。愛媛の美容師さん。パーマは毒だから。

「呼吸力」という本も紹介します。呼吸がすべて。私たちは微生物であり振動。吐くことが大切。吐けば自然に吸う。吐くを長く、吸うのは短く。交感神経、副交感神経へと繋がってくる。

手首足首を逆に曲げることをすると、血流が良好に成る。静脈で血を上へ上げてくる。血流がよくなって酸素酵素を運ぶので筋肉も柔らかくなる。ヒザに水がたまって、抜いたらまた溜まった。足首手首を伸ばしたらヒザが楽になり水がたまらなくなった。運動しすぎはだめ。いつもチョコチョコ動かすのがいい。女性は一日中動いて運動量が家事で多いので長生き元気。1

細胞内の汚れが痴呆症になる原因かも。不安で幻覚を見る。90万人の人々に病気が出ている。来年、食品の規制が厳しくなってくる。無害でやりたい。テネモス式でやってみることがとても大切になってくる。

実践したら変化した。やり方がよかったら結果が出る。よかったら続け悪かったらやめる。

 

つづく

パセリとパクチー

去年の11月始めに三歳過ぎた孫と一緒に種まきしたパセリとパクチー。ちっとも大きくならなくてダメかなって思っていました。

少し種まきの時期が遅かったかもしれませんが、このごろの春の陽気で一気に大きくなってきました。

孫に写真を見せても「おさるのジョージ」の方がいいらしいです。

パクチー

パセリ

テネモスミーティング名古屋 3/16 ご報告 その2

Oさん:基本的な考え方を知りたい。

釘本さん:発酵はすべてです。 圧をかける。 漬物がわかりやすい例。圧をかけるとその差を整える働きがある。発酵です。あと部品を集めて圧を掛けて発酵させる。この空間も発酵空間になっている。置いてあるボリビアの塩も圧の差をつくっている。いろんなもので圧の差をつけて効果が出る。

Kさん:ふぐの肝が食べられる。塩酸も薬品も毒の作用が消え効能だけが残る。過酸化水素水にアグアなどを加味してキメを細かくすると石積みの水垢が落ちる。よく落ちる洗剤は圧を高くしている。

釘本さん:毒は中性でないものと考える。自然は中和している。いかに中和させるかを考えてやっていく。みんな圧を考えてやっているが持続性がない。

Yさん:ビダウオーターソープのコンセプトは何。?

釘本さん:汚れを出しづらいもの。分解力の速いもの。中和力の強い洗剤を出したかった。パパイアは分解力が強い。

Aさん:豊橋に住んでいます。Oさんの紹介で来ました。息子がアトピーでまこもビダクリームを試したら具合がいいです。粘膜の吸収が大切なので、よいと感じました。今中国の留学先にいるので送って欲しいと要望があります。太極拳の先生と四柱推命をしています。Oさんのボソボソが気になって来てみました。

Nさん:岐阜から来ました。マドマアゼル愛さんの音叉などを体験していてテネモスのことを知りました。飯島さんがなくなった後、伊路波の名古屋のお店があることを知りました。アグアやソープを使っています。人を元気にするセラピスト資格をとって、今から仕事をしていきたいと思っています。模索中、実験中です。たった一つの真理。沖縄に移住して勉強したい。

Oさん:なんでこんなハメに。(笑)Nさんに1年以上会ってなくて、おととい会った。それで何もわからずここに誘われた。看護士。岡山から名古屋。ストレスでクラッシュ。生死の世界にいると逆に不思議を体験する。薬の副作用のこともわかったり、代替医療もOKと思う。さまざまな療法があり、意識の持ち方で変化するのを見てきている。農業に関心がある。無農薬でやりたい。社会貢献したいと思っている。