読書会の再開  平成31年3月17日

読書会を再開させていただきます。

日にち 平成31年3月17日(日)

時間  午前6時から

場所 山善ビル 2階 名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号

参加希望の方は 「修身教授録」 森信三先生著 致知出版社を
ご持参の上ご参加ください。
上記を輪読し、その後感想などのほか自由にお話いただきます。
一日二節を輪読し感想などを述べ合います。
それで終了です。

参加表明は必要ありません。
自由にご参加ください。 
参加費用は無料です。

天音天画 20190205

EPSON MFP image
EPSON MFP image

はなくれなひ あさぎ ぐんじょふ しこんの むらさき

じゅうに ひとへの かさねの いろも しろに

かさねて たがひに めでる かなでる ひきたてる

その みせどころ たてどころ おやく はいりょふ

みわざ うらわざ もちあわせ たがひに ささえる 

やくどころ ひぃふぅみぃ あめの とこたち みあれなし

ななや ここのたり くにの そこたち もえいでて

つちを こなして あしばを かため よもに のばして

いつせの ながれ むから ゆうへと むすび はじめる

あまつ かみの みはたらき いっそく がんひ
“天音天画 20190205” の続きを読む

自分しかいない

世に自分しかいないって分かったら、全てが自分だと思える。

そうなると目にする人たち目にするものすべて自分。

その人たちが自分になすことはすべて受け入れるしかない。

それは自分が自分になしたことだから。

人生上に起きるさまざまなことがらには、もう耐えることができないよう思えることがある。

どうしてこんなことが自分に起きるのだろうと、立ち上がれないことがある。それでもそんな
ことでも結局は受け入れるしかない。すべて自分の中で起きている出来事であって誰もいない。

自分しかいないのだから、結局は自分もいないように感じるのです。

テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その4

Iさん(男性):アグアの空瓶で空気活性機を作った。ガスファンヒーターの
ガス臭さがない。不思議に思った。
物ができると,物に頼る。Sさんがいろいろ中身を替えたりした。
動かすことが出来る。渋柿にバンブーで渋が取れたが、ある時期から
取れなくなる。クッキングバンブーを物として見たから聞かなくなったのか。?
意識を変えたらどうかと今日気づいた。物を買ったら安心してしまった。
どうしたかったのかの元に戻って、それを使ってどう変化させていけるかを
考えることが大切。道具はそろっているので、それらをどのように
組み合わせるかと考えていくことが大切に思う。
テネモスミーティングで意識が動いている。

釘本さん:メカニズムを知ることが大切。メカニズムの追求が大切。
何故なのか、どうなるのか。想像することが発展、進化に重要。
バンブー。何故空気なのか。空気の振動によって粒がそろってくる。
バンブーすると1℃下げても暖かくなる。熱の伝導率が上がる。
粒がそろうので。 粗いと細かいの差。

“テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その4” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その3

釘本さん:見方が異なると普通は喧嘩になる。見方が異なることを
認めるようにしていきたい。

Iさん(女性):フィルターが違うと他と喧嘩。フィルターを合わせるように
強制するとまた喧嘩。他の考え方を認めると関係がよくなるはず。

釘本さん:プライベートと会社を分ける風潮だったが、最近は
戻ってきた。そういう会社の方がうまくいっている。

就業規則をうまく使って会社をまとめていかないかという
提案本が出ている。
保証人の家へ行って面談する。社員さんのことがよくわかり、
そのルーツを知ると原点に戻ることになる。叱り方もわかる。

Iさん:本から抜き出して相手に読んでもらったら、どう思うのかを
聞いてみること。

釘本さん:どう思うのかを聞くことは、原点に戻ること。
事故が起きて追突された時「どうしたの?」と聞かれたら
喧嘩にもならなかった。

Aさん(女性):自作のペットボトルのエアドリームを二箇所に置いた。
「空気が変わった」匂いが取れる。かびくささもとれる。寝室にも居間にも
トイレにもする予定。あまり感じるほうでないが、行動しているとどんどん
希望がかなってきている。

釘本さん:「わからない」でもそれも大丈夫と思えればすぐにでも
変われる。

Yさん(男性):「しまとおがらし」の未発酵分をみんな合わせて
2リットルのペットボトルで再発酵を促進している。40日間で
発酵が進んでくさい匂いが消えてきた。

“テネモスミーティング名古屋1月19日 ご報告 その3” の続きを読む