福岡N様より

ビニール袋に入ったまま3本いりのバナナを前の日の夜バンブーの水にブクブクと10分位かけました。

水から取り出したらビニールの袋には穴が数か所あけてあったようで水が袋から流れて来たのでビニールからバナナをだして拭いてザルに入れて置いていました。

その時も 次の日の朝も特に気がつかず仕事に行き夜帰ってきて夫が なにぃー!このバナナ!!!っていうので見てみたらなんと見たことがない大きさのバナナに変身してました!

すごい!っと思ったのですが私は

びっくりの方が大きくて……
“福岡N様より” の続きを読む

テネモス通信190719号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)

・・・と、見てとれます。

ーーーーーーーーーーーーー

と昨日に、つづいて、お届けしちゃいます。

よろしければ、お付き合いください。

さて、見る、観る、何を見る? なんですが、

この時、私たちはつい見えるものだけで判断をしてしまいがちです。

「だって、それ以外に何があるの」と言われるかもしれません。

しかし、私たちは見えているようで、実は見えていないものがたくさんありますね。

そうです、大きいもの小さいもの、いえいえその他にもありますね。

例えばヘリコプターの羽は見えますか。

動きが速くなると見えなくなってしまうんですね。

逆にゆっくりな動きもその変化をとらえるのも難しいことがあります。

味噌作りの味噌樽のなかに、何が見えるか?

「そりゃ、味噌でしょ!」
“テネモス通信190719号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)” の続きを読む

もし自分が全体なら・・・

もし自分が全体なら・・・・・

奪い合うことも ののしりあうことも うわさすることも 慈しみあうことも

愛し合うことも そして損も得も すべてが

自分の中で起きていることでしょうか。

そうするとおのずからどうすればよいのかが
わかります。

全部認めて受容するしかないのが人生かもわかりません。

すべては結果の世界。

赦して認めた瞬間から 世界が変化していきます。

テネモス通信 190717号

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

こんにちは。
ほぼ毎週一回行っている分かち合い会。

初めての方から、いろいろな実践をされている方まで、
集われる方はさまざま。

そこで、異なる経験からの会話が生まれると、
気づきが生まれ、まさに醗酵現象がうまれます。

さて、発酵とは何でしょうか。

発酵とは、何も味噌や梅干し作りのことだけではありません。

食べ物が腐らず、置いておくと、どんどん美味しくなる、

そのような条件をテネモスでは、「発酵」と捉えています。

人間も、腐らず成長していく様子からすると、
それは発酵していると捉えることができますね。

そんな何でもかんでも発酵するのかと思うかもしれません。

でも、空気も、水も、発酵します。

発酵している空気を体感してみたい方には、
ペットボトルの空気活性機の手作りをお勧めしています。

“テネモス通信 190717号” の続きを読む

真の自己実現の旅

激しい5月からのさまざまな動きのフィナーレは「真の自己実現の旅」となりました。

7月7日 三重県の青山フォレストパークで開催される
「AKY アートマ クリヤ ヨーガ」受講のために
6日 青山ガーデンホテル ローザブランカに宿泊しました。

教師である馬渕貴子さんの勧めでした。

相棒は友人のIさんです。
二人は最近新車を購入できました。
いずれもマツダ車。
マツダファンです。

紺色のアテンザと茶色のCXー8の間に立つIさんです。
嬉しそうです。 
こちらも  嬉しい・・・。

池に昔の結婚式場が浮かんでいます。

バブル期の高級な建物でしょうか。

二人のお部屋は608号室。
矢印を入れたら 168 イロハです。

反対に読むと 89 8月9日生まれと読めます。
ビックリしました。(こじつけっぽい)

夕暮れの池は輝いています。

次第に夕陽に染まる素晴らしい風景です。

翌朝7日 9時からの受講のため青山フォレストホールに向かいます。

途中 青山町羽根で戦後の昭和23年に疎開先で生まれた場所を通りました。
71年前のことです。

生誕地である「青山羽根」の交差点には信号がつき
河川敷にあった生誕の場所である間借りしていた農機具小屋はもちろん今はありません。
とてもなつかしく 人生の長さをもかみ締めた瞬間でした。

AKYアートマクリヤヨーガでは これからの生涯の黙想の
指針をいただいた素晴らしい機会となりました。
馬渕貴子さんと 同じ日にご縁をいただいた参加者の皆様に深い感謝を捧げました。

家に戻って 翌日のフェイスブックのメールから
岡山のOさんも4日に同じ青山ガーデンホテルに宿泊されたことが分かりました。

それに加えてびっくりのことがありました。

もう10年近くになるのでしょうか。
こちらは参加が出来なかったのですが、家族の母と家内
そして5年前に亡くなった長女と息子の四人がこの同じホテルに泊まって
素晴らしい花火を見たことが今日10日に分かりました。

人間はどこでどんなつながりがあるのか 今生かされている身に
関わってくださるすべての方々に深い感謝が湧き上がりました。

これでおだやかな日常が戻ってくるのでしょうか。

それともまだまだ激しさは続くのでしょうか。

 

漢字に真理が

嘘か誠か の「誠」

「言」う「成」る。

言ったとおりになると考えたら それは誠だよと知ります。
真理でしょうか。

思うときも それは言葉で思うので言ったと同じことです。

思えば 言えば そのとおりになる。
作用反作用の法則です。

意識が全体感でいっぱいに満たされる。
世界は美しいです。

伊路波村通信190705号 元号が変わって

皆様へ

新しい元号の時代に変わってから、めまぐるしく
動かされています。

幼少期から長い間苦楽を共にしてまいりました
実の兄と姉が、今年になってから連続して天に帰りました。

こちらもそのような年齢になったのかと、改めて深く
感じ入りました。

父親と一緒に暮らしたことがない身にとって、
兄は父親代わりでした。
自転車の乗り方を教えてくれたこと。
頭をこつきながら勉強を教えてくれたこと。
兄の背中にしがみついて自転車で海まで魚釣りによく行きました。
帰り道で聞くラジオの物語「岩窟王」の話はその後の
生き方に大きな影響を与えてくれました。

情報の世界にいち早く着目し実践するようにと誘ってくれました。

姉は母代わりでした。
自分を犠牲にして四人兄弟の面倒を見てくれました。
伊賀市上野に嫁いでしばらくして、念願だったのでしょう
花屋さんを開店しました。
なくなった今も娘さんご夫婦が花屋さんを継いでいます。
姉のご主人も先の三年前に天に帰りました。

肉親の死はいつかは分かれる運命とわかっていても
つらいものです。

昨年11月1日より本社を名古屋市中村区の山善ビル二階に
移させていただきました。
建築物資を華々しく販売することから身を引きました。

かわりに心が望んでいた仕事が定着してきていました。
現代の世相の問題点を解決することに、小さな力でも
貢献できますように念願しています。

さまざまな行事の拠点ができたことで、みなさまとの集いが
可能になりました。
天の計らいに心からの感謝が湧き上がりました。

多くの方々が訪ねてくださいます。
新しいご縁がとても多く驚くばかりです。

それと共にすでに長い間の知人だった方々からの呼びかけも
増えました。
国内の東に西に動かされました。
今年は海外にも用事がありそうです。

皆様との長いご縁に衷心より感謝申し上げます。

                 山田 將貴

☆ネッとで「ネオ伊路波村」を検索できることを勝手に
可能にしていませんでしたが 来週より直接「ネオ伊路波村」で検索ができるようになります。

 行事予定などを知りたいとのご要望にもお答えできます。
 長い間のご不便お詫び申し上げます。

テネモスミーティング名古屋開催日の予定

場所はいずれも山善ビル2階

時間は午前10時から12時までを予定しています。

参加費は無料。 どなたでも参加できます。

テネモス(わたしたちは持っている)的生き方を通じて
個々人のさまざまな体験から感じたことを参加者全員が
共有します。
お話しすることが無い場合は、もちろんパスも大丈夫です。

ご参加の場合事前に 山田までメールにてお申し込みください。

開催予定日(二ヶ月に一度 土曜日の開催です)

令和元年 7月27日(土)

9月21日(土)

11月16日(土)
冠之会、読書会、木曽駒カルパの予定

木曽駒カルパ

8月17日~18日

17日 午後3時ごろ 木曽駒カルパに集合

18日朝食後解散。

今年も昨年と同じ料理で早川様にお願いできましたと、

勝山様から連絡ありました。

参加費用 5千円(当日お願いいたします)

17日 午前10時に山善ビル前から出発します。

同乗ご希望の方はその旨お知らせください。

参加希望メールは 山田までお願いいたします。

冠之会

いずれも午後6時から いずれも土曜日です。

場所 伊路波村 (山善ビル二階)
名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号

費用 資料代として 1000円

2019年

4月20日
5月18日
6月15日
7月20日
8月 休み
9月21日
10月19日
11月16日
12月21日

読書会 修身教授録 森信三先生著

いずれも午前6時からです。
場所 伊路波村(山善ビル2階)

費用 無料

4月21日
5月5日(まるえいさんにて)
6月 休み
7月21日
8月 休み
9月22日
10月 休み
11月17日
12月22日

テネモスミーティング名古屋開催日の予定

場所はいずれも山善ビル2階

時間は午前10時から12時までを予定しています。

参加費は無料。 どなたでも参加できます。

テネモス(わたしたちは持っている)的生き方を通じて
個々人のさまざまな体験から感じたことを参加者全員が
共有します。
お話しすることが無い場合は、もちろんパスも大丈夫です。

ご参加の場合事前に 山田までメールにてお申し込みください。

開催予定日(二ヶ月に一度 土曜日の開催です)

令和元年 7月27日(土)

9月21日(土)

11月16日(土)