マナウォーターは何故?

令和4年の4月から水道水への農薬の
投与基準が変わりますが大丈夫でしょうか?
マナウォーターのことですが。
とたくさんの情報と質問が届いていました。

それで山善ビルでは一か所だけ共用部に
何も処理をしていない名古屋市の水道水が
出る水栓がありますので、そこからの水と
もうすでに24時間13年を超えて活水し続けている
マナウォーターの貯水槽からの水の試薬実験を
してみました。

それが上の写真です。
匂いのことは証明が出来ませんが、試薬での
水の含有物は眼で見えます。
まず汲み取った水の水道水はとても匂いが
きつくて、匂いに強い自分でも顔をそむけたくなりました。

ただマナウォーターはまったく匂いがしません。
ところが試薬の実験では両方の水に差はありません。
塩素も同じように検出されています。
とても不思議です。
濃塩酸での実験が示すように細かい薬物は
人体に影響を与えないことがわかっていますので、
塩素が細かくなっていると判断できます。

4日間放置してみましたが、4日たっても
水道水の匂いはまったく変わらず臭いです。
今まででしたら4日も放置しましたら匂いが
弱くなっていましたが、これも不思議なことです。

とりあえずマナウォーターはおそらく安全と
認められて一安心です。

アグアベースの酵素の増幅装置 名古屋アグア

毎年立春の頃に沖縄の家庭の泡盛よろしく
名古屋の伊路波村にて培養中の名古屋アグアを
お訪ねくださる皆様にプレゼントさせていただいています。

およそ20リットル(総量の1/10)を立春の頃に
タンクから取り出します。
それを500ミリリットルに小分けします。

そしてその後その時点で一番近い仕入れとなった
テネモスさんのアグアか大豆とお米の酵素の
何れかを5リットルタンクに戻します。
それが沖縄の泡盛の保存方法と同じですね。

あとはマナウォーターを足してまたさらに
一年待ちます。(もちろん24時間振動圧をかけ続けます)
もう10年近くになりました。

その間にまた新たな野菜などの酵素を
仕込んだりします。
または他の酵素の完全発酵の物とかです。

最初のお写真の左下にはマナエアーシステムが、
(空気振動圧)

そして上の左隅のほうには交流のボルトスライダーが
30Vの設定で10年間動いています。
(電圧振動)

中にはさらにもう一度空気振動をかけています。

これで10年連続エネルギー吸引中です。

だんだん細かくなっています。(妙に)
だんだん熟成していく泡盛のようなものです。

全国全世界の各地で独自の「地方アグア」が可能です。
いつでもご相談ください。

「世の2/3は死に絶え、1/3は残る

その残った1/3を銀のように製錬する
そしてまたなお金のように製錬する

それがわが民」

と天の意志がつぶやいたとか。

「アグアの意味は銀と金」

意味深ですね。(笑)

テネモスミーティング名古屋 R3 7/16 その5

釘本さん:飯島さんのことを思い出して泣けてきました。
「ありがとうございます」には違和感があって言わない。
「ありがとうございます」「ごめんなさい」は言わない。
その世界に住んでいない人、大変なことを教えていただいて
いたんだなあと思った。

ところが今「ありがとう」の気持ちがわいてきて。
“テネモスミーティング名古屋 R3 7/16 その5” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋 R3 7/16 その4

Iさん(女性):最後の会なので参加しました。
あまり集いには興味がなくて、番外編ばかりの参加です。
コロナのワクチン、名大でも一斉に打つ。
全員打つ。私はアレルギーだからといって拒否の予定。
みんなが必死に予約している。

熊ちゃんの炭塩、結構気に入った。
炭を呑みます。
“テネモスミーティング名古屋 R3 7/16 その4” の続きを読む