「母子の絆」 自分で自分を自分する 元気アップ天命塾

今回も「いっぷくからありがとう」さんの2021年01月13日の記事を紹介します。

母と子の絆

子供の虐待、育児放棄など、子供にまつわる悲しい事件が多く起きています。家族は、人間関係を通じ、魂を磨くために神様が作ってくださった基本となる最小の単位です。

そこの部分を大切にすることで、私たちの魂は磨かれ、輝きを増していきます。

今日は小林多喜二のお話をご紹介します。以前書いたこともあったのですが、別の切り口でご紹介します。

<引用開始> 引用元

昭和の初め頃、小林多喜二という人がいました。「蟹工船」という小説を書いた作家です。

この小説は、蟹工船つまり蟹の缶詰を作る船の中で働いてる女性たちが、もう本当に低賃金でお金をそんなにもらわないで、そして労働が激しい。

その様子を小林多喜二は、あまりにも可愛そうだからと小説に書きました。ところが何か国を批判したと何かで、とんでもないことになって小林多喜二は警察に捕らえられてしまいました。東京の築地署というところの監獄に入ってしまいました。

ほかにも何かあったのでしょうけど、とにかくそれが理由で彼は監獄に入りました。 頭は剃られ、いつも竹刀で打たれ、大変毎日毎日苦しい生活を強いられました。

ところが小林多喜二を指導していた憲兵・警察の人が「もうそろそろ命がこいつは無いだろう、もうすぐ死んでしまうのだから、最後にお母さんだけ面会を許そうではないか」という事になりました。
“「母子の絆」 自分で自分を自分する 元気アップ天命塾” の続きを読む

大激動の幻想の世

無限とも思われる人間の想念が渦巻き、
その結果のこの幻想の世は大激変を
迎えているかのような今です。

それさえも大したことはないと言えるように
日々の意識を0に保つことを念頭に置いていますが、
それにしても激しい世の体験はおもしろいです。

映画での感動は楽しいし、またそれを得たいという
欲望の自我があります。
“大激動の幻想の世” の続きを読む