パセリとパクチー

去年の11月始めに三歳過ぎた孫と一緒に種まきしたパセリとパクチー。ちっとも大きくならなくてダメかなって思っていました。

少し種まきの時期が遅かったかもしれませんが、このごろの春の陽気で一気に大きくなってきました。

孫に写真を見せても「おさるのジョージ」の方がいいらしいです。

パクチー

パセリ

黎明の時

写真はテネモスの横型風力発電機です。6枚羽根で一枚の羽根の幅の2/3のところで148度の角度で折り曲げてあります。正面から風を受けますと、羽根の2/3の広い部分と1/3の狭い部分の振動が異なって、その振動差を埋めるかのように広い方から狭い方へと羽は回転します。ほんのそよ風でも回転します。

気(エネルギー)が行いを促し、現実が変化してまいります。
変化した現実が新しい気(エネルギー)を生み出し、
動き続ける限りは気(エネルギー)を放出することが
止まることはありません。
エネルギーはもらうものではなくて出すもの。
自らの出した気(エネルギー)のとおりの現実世界が
目前に広がります。

言葉がなければ何も認識できず、
時間がなければ変化がわからず、
空間がなければ我と彼、あれとこれの区別ができず、
そして気(エネルギー)がなければ何も生まれてこない。
この世の仕組みは大元である中道のエネルギーが
根源であるようです。
そのことの証明はこの自然界のあらゆる現象が
見せています。

自然界がなければ大元がわからず、大元を知らねば
不自然に生かされていると言えます。
天も地も人もその三元の大元もすべてが共にあるという
認識が多くの人々の認識になるときが近づいていると感じられます。黎明の時でしょうか。

本社の移動

40年間お世話になった中川区の本社を中村区の山善ビル2階へ
移動するため注力中です。
もうしばらく記事が書けず、フェイスブックとツイッターのみに
過去の記事を掲載させていただいてます。

11月になったら再開させていただきます。

何が効果を?

一ヶ月前、前立腺癌の腫瘍マーカーが152nm/mlで生体細胞検査でも
前立腺癌と判定された知人。その一ヵ月後のこの8月末の検査では22まで急降下。

3以上が癌の疑いと言われていますので、もう少しです。この奇跡は前立腺の友か、
ウコン塊の酵素かそれとも奇跡のシンフォニーか不明です。
とにかく不安でさまざま試されたようです。

女性ホルモン薬投与では更年期障害に似た上半身のほてりと下半身の冷えがあったようです。
薬では風邪一つも治すことができないのが真実ですが。

もうお一人、脳腫瘍と判定され腫瘍除去手術後抗がん剤投与で二ヵ月半経過後、、
検査があり、やはり癌の兆候がないと診断された人がいます。
この方はウコン塊と奇跡のシンフォニーです。

さて?      まずは意識変革が最大の効果でしょうか。