天地人と天意

天地人と天意(あい)・・・

天(神ともエネルギーとも)は空や宇宙と感じがちですが ほんとうでしょうか。

天は見えず聞こえず ただ示したり霊止(人 ヒト)を借りて

申したりだから 宇宙や空でなく  神?でしょうか。
宇宙も空も地ではないだろうかと感じさせます。

では見えない天とはなんでしょうか。
無限のエネルギーの根源なのかもわかりません。

天意(あい)はあるのでしょうか。

それはすべての人の意識にあるのかもわかりません。

人はみんな無限のエネルギーの源なのかも。

カブトビール 名古屋支店  散歩道に

久々の晴れの夕暮れポムちゃんの散歩です。

ビールのお店が開いていて、ポムちゃんに待ってもらって 一杯。があまりのおいしさに二杯でした。

名古屋納屋橋の堀川沿い南西にあるカブトビール名古屋支店。明治の味を名古屋納屋橋で復活したいと半田の本社に粘り強く交渉した「高山額縁」の故高山さんのお孫さんでした。

明治のカブトビールの色はこんな色です。

大正に入ってカブトビールは今のビールのように黄色くなったそうです。明治時代そのもののビールの復活です。

ポムちゃんも飲みたいのかな。?

お店

犬の散歩道にあたっています。

堀川の遊覧船 むこうはショッピングモールのテラッセです。

天音天画 190624

 

 

ひぃふぅみぃ ゆびおり かぞへて かたしめし れいわの ひかり

ひのもとの ならい なれたる みち しるべ

ふるきを たづね あたらしきを しる ちえくらべ

そおひ くふうで ものつくり めたて くにたて

みをたてる みちを かさねて みちをつぐ おいえげひ

いちもん そうもん じゅうにん といろ

“天音天画 190624” の続きを読む

熱田神宮の御巳さま

昨日 友人お2人が熱田神宮参拝。
御手洗の右手にある大楠の注連縄(しめなわ)の右手に御巳(おみ)さまが出現。以前には白い御巳(おみ)さまも見たことがあると言うお一人。
名古屋に70年いても一度もなかった体験を
写真で頂きました。おすそ分けです。

 

テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

ーーーーーーーーーー

そこにある大気の振動と対象物の振動を比べたとき、
振動の大きいほうに、片方から止める力が働きます。

この止める力を、エネルギーと捉えます。

ーーーーーーーーーー

この見方でペットボトル空気活性機を見ると、

本体の中に入っている水がぶくぶくと震える様子と、

その振動を止めよう、止めようと、エネルギーが集まっている姿が見えてきませんか?

このエネルギーの注がれた空間(水)の中を通った空気は、
発酵した空気となります。

言い換えると、元気な空気です。
“テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)” の続きを読む

もしかして・・・

もしかして 人間は天を知り 地で体験する出来事を

すべて受け入れて 赦すために肉をいただいたのかも知れません。

自分がいだいた粗い感情も含めて赦し続けることでしょうか

人生って不思議。

テネモス通信190719号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)

・・・と、見てとれます。

ーーーーーーーーーーーーー

と昨日に、つづいて、お届けしちゃいます。

よろしければ、お付き合いください。

さて、見る、観る、何を見る? なんですが、

この時、私たちはつい見えるものだけで判断をしてしまいがちです。

「だって、それ以外に何があるの」と言われるかもしれません。

しかし、私たちは見えているようで、実は見えていないものがたくさんありますね。

そうです、大きいもの小さいもの、いえいえその他にもありますね。

例えばヘリコプターの羽は見えますか。

動きが速くなると見えなくなってしまうんですね。

逆にゆっくりな動きもその変化をとらえるのも難しいことがあります。

味噌作りの味噌樽のなかに、何が見えるか?

「そりゃ、味噌でしょ!」
“テネモス通信190719号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その3)” の続きを読む