ワクチン打っても 続き

いろんな事情があって、ワクチン打たねばならず、
一度は打ったが、または2度打ったが、二回目三回目は
やらないと決心している方に、へのご提案です。

先日の「ワクチン打ってもなんとかなるかも」の
ホームページの続きのご説明です。

まず結論は。
“ワクチン打っても 続き” の続きを読む

ラマナ・マハリシの教え「私は誰か」 24 幸福とはなんでしょうか?

24・幸福とはなんでしょうか?

 幸福は、自己の本性そのものである。
幸福と自己は別のものではない。
世界のいかなる対象物の中にも幸福はない。
私たちは無知のゆえに、対象物から幸福を
得るものと思っている。
心が外に出てゆくとき、悲惨を味わう。
心の願いが満たされるときには、
実は、心は自身の本来の場所に戻っており、
自己である幸福を楽しむのである。
“ラマナ・マハリシの教え「私は誰か」 24 幸福とはなんでしょうか?” の続きを読む

「日本とユダヤのハーモニー」 弘法大師が「いろは歌」の作者か

https://www.historyjp.com/article/510/

古代日本のロマンに、私たちを不可思議な力で導いてくれるのが「いろは歌」です。日本人なら誰でも幼いころに「いろは歌」を聞かされたものです。今なお物を整理するときなどに数字順同様「いろは順」が使われ、一千年以上の時を経た今日でも、人々に馴染みの深い字母歌として親しまれています。しかしながら不思議と最後まですらすらと「いろは歌」を語れる人がほとんどいないことは不思議です。
“「日本とユダヤのハーモニー」 弘法大師が「いろは歌」の作者か” の続きを読む

2527「肉体の死を超えて」2021.11.25 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/11/252720211125.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2021年11月19日の記事を紹介します。

「肉体の死を超えて」

父の逝去に当たり、沢山の皆様よりお悔やみのお言葉を頂き感謝申し上げます。

本来は、お一つお一つ返信させていただきたいところですが、あまりに数が多いため、

恐縮ですが、こちらにてお礼に変えさせて頂きたいと思います。

ありがとうございました。
“2527「肉体の死を超えて」2021.11.25 自分で自分を自分するから” の続きを読む

ラマナ・マハリシの教え「私は誰か」 23 解脱を願う者にとって、本を読む・・

23・解脱を願う者にとって、本を読むことは
どんな価値があるのでしょうか?

 すべての聖典は、解脱を得るためには
心を静かに保たねばならないと説いている。
だから、全ての聖典の結論は、心を静かに
保つべしということである。
ひとたびこのことが理解されるなら、際限もなく
本を読む必要は何もない。
心を静めるために、人はただ自分自身の内に
自己とは何かと問いつづけるべきである。
聖典を読むことによっては、この探求はできない。

人は自分自身の智慧の眼で、自身の自己を
知らねばならない。

自己は五つの覆いの内側にあるが、書物はその外にある。
自己は、五つの覆いをはぎ取ることによって
探求されるべきものだから、それを書物の
中に求めることの愚かしさは、言うまでもない。
やがて、彼が勉強したすべてのことを忘れ
去らなくてはならないときが来るだろう。

※五つの覆い

五つの感覚機能、視覚、臭覚、聴覚、
味覚、触覚のこと。