「死のキャンプの真実」 奥の院通信 R3 6/8

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-593.html

先の大戦が終わった1945年には、ドイツには死のキャンプがあったと言われていた。ダッハウ、ベルゼン、ブッヘンワルドなどである。しかし、この話はそう長くは続かなかった。間もなく、ドイツのこれらのキャンプには、組織的な絶滅手段はなかったことが証明されたからである。

“「死のキャンプの真実」 奥の院通信 R3 6/8” の続きを読む

「アンネ・フランクの日記」 奥の院通信 R3 6/7

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-592.html

先の大戦後、超ベストセラーとなった『アンネの日記』は、さすがにもう下火にはなっているが、いまだに読まれているようである。しかし、これが欺瞞のベストセラーと言われれば、誰しも驚く。
 1946年10月にはニュールンベルグ裁判も終わったが、その6年後に、この『アンネの日記』が出版され、これがベストセラーとなり、全部で40版を重ね、ハリウッドで映画化もされた。

“「アンネ・フランクの日記」 奥の院通信 R3 6/7” の続きを読む

2355「つかの間の地球」 2021.6.7 自分で自分を自分する から

https://tenmei999.blogspot.com/2021/06/2355-202167.html

今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2021年06月01日「つかの間の地球」と

2021年06月02日「悪口と噂話」の2つの記事を紹介します。

「つかの間の地球」

レインボ-チルドレンのまりなちゃんのお話を書きたいと思います。

まだ13歳なので、難しい言葉遣いもせず、さらっと話すのですが、その内容は、まさにブッダやイエスが仰っていたこと、そのままです。

ですので尚更、ブッダ達の意識が宇宙神に根差していたことが分かります。

では、まず感情について
“2355「つかの間の地球」 2021.6.7 自分で自分を自分する から” の続きを読む

再録 随想 伊路波村から11~代表選手

誰でもが三千世界の代表選手なんですから、
なるべくいのちが沸き立つような毎日が
望ましいですね。

からだもこころもいのちも、みんなみんな
よろこんでいる状態の継続。

生まれさせていただいたほんとうの理由から、
遠くにいればいるだけ、
世の中でいう苦難困難が激しいと聞きました。

不安は怒りのもとですか。?
“再録 随想 伊路波村から11~代表選手” の続きを読む

2354「成長と予言」2021.6.6 自分で自分を自分する から

https://tenmei999.blogspot.com/2021/06/2354202166.html

今回は「シャンティ・フーラの時事ブログ」から2021/06/02の「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている! ~ヒドロゲルを有機液(唾液など)に接触させると、数分後には長方形の結晶構造を形成し始め、それがフラクタル的に成長していく」と2021/06/01の「アナンドくんの最新予言 / スエズ運河でのエバーグリーン座礁事故により計画が頓挫し、コロナパンデミックを続けるよりない状況に追い込まれたカバール / 始まっているカバールへの反撃!」 の2つの記事を紹介します。

“2354「成長と予言」2021.6.6 自分で自分を自分する から” の続きを読む

再録 随想 伊路波村から10~出会いの時間

出会いの時間
人は出会う。
当たり前だけれど。

そして物凄い影響を受ける人もいる。

小学校、中学校時代なんか、
素敵な字を黒板に書く先生の真似をして、
自分の字が変化していく。

そんなことが数回あって、自分の本当の字が
確立していった。

今も変化しているのだろうけれど。
“再録 随想 伊路波村から10~出会いの時間” の続きを読む