「ハンター・バイデンの軍事裁判」 奥の院通信から R3 10/12

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-720.html

ミリタリーは、ハンター・バイデン(ジョー・バイデン大統領の息子)を告訴するのには、多くの訴因を持っていたが、検察官役のダース・E・クランドール海軍少将は、実際に使うのはそのうち最も悪質な罪状のみに留め、それ以外は無視することにした。主要点に焦点を絞らなければ、裁判を長引かせ、いたずらにミリタリーの時間を浪費することになるからである。
“「ハンター・バイデンの軍事裁判」 奥の院通信から R3 10/12” の続きを読む

2483「神々のいるところ」2021.10.12 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/10/248320211012.html

 今回は「いっぷくからのありがとう」さんの2021年10月07日「神々のいるところ」

と2021年10月09日「変容する世界(神々の意図)」の2つの記事を紹介します。

「神々のいるところ」

このブログでは、様々な切り口で神様と繋がる方法を書いていますが、沢山の反響があります。実際に実践され、お幸せに過ごされている方もいらっしゃいます。

でも、その方法は特別なことではなく、どなたでも、行える方法です。

意識しているか、いないか?感受性を研ぎ澄ましてるか、いないか?

“2483「神々のいるところ」2021.10.12 自分で自分を自分するから” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その2~子供は女性が産まない

先日そのことをある女性に告げましたら「?」で
ポカンとしてました。

そうです子供を宿し、大変な思いでこの世に
生み出したのは「私!!」と叫ばれそうですね。

でももしそうだとしたらこの「宇宙」は永続しないのでしょう。
“再録 Iさん懐古 その2~子供は女性が産まない” の続きを読む

「日本の原爆開発に関する工作活動」 奥の院通信から R3 10/11

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-719.html

もう戦前の話になるが、山形県新庄市近郊の沼近くで変死事件があった。単なる自殺に過ぎないのか、それとも強要された自殺なのかは、その変死者の背後関係を洗えばある程度は分かる。しかし、この件については、捜査当局が故意にか、あるいは無能ゆえにか、単なる自殺として葬り去られた。
 大東亜戦争末期のある冬の穏やかな日の午後、一人の青年の凍死体が発見された。この男は道筋の茶屋に立ち寄って人を待っているようだったという。沼近くで靴を脱ぎ、数メートルのところで、雪の上にうつぶせになって死んでいた。左手に口の開いたままの鞄を握りしめ、その鞄からは書類が周囲に散乱していた。
“「日本の原爆開発に関する工作活動」 奥の院通信から R3 10/11” の続きを読む

2482「マシュー君のメッセージ(179)」2021.10.11 自分で自分を自分するから

https://tenmei999.blogspot.com/2021/10/248220211011.html

今回は「玄のリモ農園ダイアリー」さんの2021年10月5日の記事を紹介します。

http://moritagen.blogspot.com/2021/10/blog-post.html

「マシュー君のメッセージ(179)」2021年10月1日

崩壊する旧システム、コロナの終焉、見えないところの出来事、起こりうる嵐の期間、アメリカ合衆国と複雑な事情、”この領域の魂たち”、ニルヴァーナ
“2482「マシュー君のメッセージ(179)」2021.10.11 自分で自分を自分するから” の続きを読む

「益田磐船」R3 10/8

この7月に友人から一枚のお写真が送られて
参りました。

「益田磐船」とありました。

そのお写真を拝見し「行かねば、行って
アワうたを三唱したい」猛烈な願いが
湧き上がりました。

益田磐船」のことは
何も知らず、そしてあえて調べることもなく、
およそ3か月が過ぎました。

ひとりではなんとなく・・・で、もし再び
行かれることがありましたら、ご一緒したい旨を
そのお写真の友人にお告げしていました。

令和3年10月8日にその日は来ました。
“「益田磐船」R3 10/8” の続きを読む

再録 Iさん懐古 その1~相手の意識圧を上げることこそ仕事

この9月から言葉を残して意識の延長を!
という内側からの言葉に突き動かされて
毎日毎日湧き上がるままに書き留めさせていただく
作業が続いています。

全部が自分で、自分は実は宇宙だとしたら、
どこからの言葉も意識もそれは
宇宙から、全体からとなります。
“再録 Iさん懐古 その1~相手の意識圧を上げることこそ仕事” の続きを読む