ビックリのお出会い

もし偶然がないとしたら、
天か神様かはいったい何を
ご用意くださったのだろう。
4月2日、月曜日に名古屋駅裏にある
ラーメン木村さんをお訪ねした。
この日は月曜日だから、自身にとって毎週の
一日断食の日。だから朝食、昼食抜きなのだけれど、
なんだか木村さんのラーメンがむしょうに食べたくなったのだ。
名古屋駅前郵便局で予定以上に時間を必要とした
用事を済ませた午後2時すぎ、そこから車で1分の
距離にある木村やさんの前を通過する。
直前7-8人の男女がお店に入っていった。
変な時間に、変な団体・・・・。
近くの100円駐車場に車を止め、
木村やさんのお店に急ぐ。
おなかがすいた・・・。
お店に入ると一斉にみんながこちらを
向いた。
なんとイワキさんとくにちゃんとその知り合いの
さきほどの団体さんたちだ。!
イワキさんはすこしの間、木村さんを手伝っていると
言った。ひさしぶりのイワキさん。
以前より元気そうにみえる。
カウンターに座っていたイワキさんに
ご挨拶後、くにちゃんとお話。
なんとあのキヨシマさんまでみえるのだ。
ふしぎな組み合わせ。
くにちゃんたちは前日の1日にウイル愛知であった
「熊森講演会」に参加したあとのその日、
西区の則武あたりに熊森とハーブーティー関係の
事務所を開くために引越しをしているようなのだった。
「ここの前に入ろうと思ったお店がお休みで、
あそこのやまちゃんに行こうとおもったのだけど、
なんだかこのラーメンやさんが気になって
入ったんです。」
実は木村さんはくにちゃんを「冠之会」で
知っていたのだ。
新しくお店を3倍くらいに拡張した木村さん。
5月20日にはここで門出を祝う「プライナスライブ」も決まった。
なんだか落語もあるようだ。
午後2時30分、こんな時間のラーメンやさんでの
出逢いの不思議さにみんなで舌を巻いてしまった。
「これから先、たくさんの新しいおであいが
ありますよ。」って聞いていた。
真理にいたる新たなる道と人さま。
そして多くの新しいご縁。
一年におよぶ禁足の期間を抜けて、用意されている
学びとは何なのか。
春の訪れとともに、心の春もやってこようと
しているのかも知れない。

春が来た

なんだか暖かな冬があって、
急にらしい冬になって、
いつものようにもうすぐ暖かな春が
来ると感じる、ポワーンとした今日です。
いろんな意味で春が来ました。
家に始めて介護の女性お二人が打ち合わせに
訪れた日、たまたま「やさいのうた」のCDを
もらっていただいたら、「この歌、スーパーできいたことある。!」
とお一人の女性がおっしゃたのです。
「今からライブ聴きましょう。!」と言いますと、「エーッ?」
「今日はマミちゃんではないですが・・・。
キャプテンがうたいます。
たまたま一人で一曲だけのライブです。」
ヒロくんがイスを出して準備する。
しのちゃんのためのライブだ。
ギターの音がやさしく始まる。
「私は私で私らしく・・・」
なんだか安倍首相の答弁、私ラッシュのようだけど。
ギターのトレモロだけでもうヒロくんの想いが伝わってくる。

“春が来た” の続きを読む

愚僧

毎月の「短観」は常識と非常識のスレスレの
感想だけれど、世の中はほとんど驚くような
できごとで埋め尽くされているかのようです。
いよいよ中国発の経済のほころびが
目立ってきて、持たない人には関係ないけれど、
お金に命懸けの方達には驚天動地なできごとが
頻発するかもしれません。
世の中の事は、一寸先もわからない。
わかっているのは今だけとは
よく言ったものです。
親鸞聖人が親不知から舟に乗って、
着いた、新潟県高田市の海辺は
遠い遠い日の、自称愚僧親鸞さんの歩く姿に
思いをいたさせました。
今年は聖人島流しの記念の年とか。
友人のお手紙が、
高田の大雪の日を思い出させました。
インド霊鷲山(りょうじゅせん)の頂上での
その友人のお坊さんの詠む歌に、みんな涙した日、
瞑想のまぶたに浮かぶ現実の太陽が、
まだまだの自分を勇気づけているかのようでした。
高田の思い出からは、32年が過ぎ、
インドからは10年が過ぎました。
陽明学の中江藤樹、大塩平八郎、河井継之介らに
深い共感を覚えながらも、あまりに小さい己の姿に
トボトボと歩くだけの人生。
それでも生かせていただいている。
こんなんでも・・・・・。

すべてのものは

「原子もチリもそして広大無辺な宇宙でさえも、
本源の光の小さな現われにすぎない。」
宇宙もという言葉に、少し正気を覚えて、
もしかして、ありがたい体験のお人かもと
思ってしまいます。
そんな方におあいしまして、
今年の新たなる始まりを予感させて
いただいてます。
昨年の2月から私の道は大きく変化しました。
足元を見るようにと、大いなる光が呼びかけて
いるかのようでした。
そして身を、精神をつくして、そのように
生かせていただきました。

“すべてのものは” の続きを読む

プライナス 進め!

Kさん、IさんやAさんの多大なご援助、
そしてなきバラさんのなくなる直前の援助を
いただいて、プライナスはここまで来ました。
そしてまったくボランティアで動いてくださる
スタッフの人たち、いつもいつもライブに
駆けつけてくださる、心あたたまる人たち、
遠くで祈ってくださる多くの人たち、
みなさんのおかげでプライナスはまだ
元気に活動を続けさせていただいてます。
「やさいのうた」が大方の人々に
うけがいいようなので、マスコミでも大きく
取り扱っていただいるようです。
ほんとに歌いたいことや、伝えたいことは
これからしだいに、すこしずつ多くの方に
届くことでしょう。
経済的な基盤を整えて、プライナスがんばれ。!
バラさんきっと喜んでるよ。
バラさんにもご報告です。

めぐる縁

36年ぶりのお声が電話口のむこうから
聞こえてきた。
若々しい、相変わらずのやさしいお声。
はずむように36年の時が過ぎた。
学生時代の同じ研究室の2年先輩のAさんだった。
新聞で名古屋市近郊の地方都市の
市長選立候補者をなにげなく見た。
そこに今日の電話の主が写っていた。
驚きと、喜びと、なつかしさとが入り混じった。
翌日、会社のその市から30年間通って
見える同志に、その方のことをたずねた。
よく知ってみえて、2度ビックリ。
「今晩立会い演説会なんですよ。」と言っていた。
そして今日、会社に電話があった。
毎年賀状だけはかかさずに届いていた。
そこには「今年こそ会おうね」で36年が過ぎた。
ひとつの縁が一気に行動にうつる。
社員さんが演説会場でAさんに話しかけた。
ビックリのご縁にAさんも驚いて、お電話を
くださったのだった。
劣等性の同級生が研究室に3人いた。
そのすべてをやさしく導いてくださった兄貴分の先輩3人組。
そのリーダー格がAさん。
研究が遅くなると家が近いこともあって、
気軽にマイカーに乗せて、送ってくださった。
ほんとうのところは姉のことが気になっていたようだったけれど・・。(笑)
一生一緒ですよと言って、仕事を始めた会社の同志と
36年前の先輩は繋がっていた。
どんな人も大切な人。
特に人生で出会う人はそうだと、
強く確認させていただいた、嬉しい日。
当選してもしなくても、Aさんは変わらない。
今年はきっとなつかしい劣等性3人組と
先生と先輩3人組は一堂に会することだろう。
ご縁ありがとうございます。

巡る

昨日、映画「不都合な真実」を見た。
想いだした。
その昔になってしまった高木善之さんの
環境に関する多くのお話を拝聴する機会を
持った日々のこと。
それでも、次第に環境をウンヌンする
傲慢さにウンザリしてしまったじぶんの心を知った。

“巡る” の続きを読む

感ずるところ

多くの人々が絶賛する映画を
見ても、感じないことが多い。
それなのになんでもない映画に訳もなく感じてしまうこともある。
人様と話していてもそう、何か知らないけれど
ウルウルするときがある。
話す前に分かっていること。?
普遍的なことについて、
話し合わなくてもわかってしまうことって
あるようだ。
それはただ普遍的だ、ってことに
感じていて、話の内容ではない。
同じように、心が動いてしまうウルウルは
情けなく思ってしまう。
そのポイントが残されているんだから。
まだだ・・・。
「生きるとは 輝くことか 花の薹(とう)」
シャンソン歌手の堀田さちこさんのリサイタルの
2007年のキャッチフレーズだ。
いつもニコニコの堀田さん。
この薹(とう)の字が分からなくて
調べたら、ふきのとうのとうに同じみたい。
茎からでた若い花の茎という説明があった。
生きることは 輝くことか・・・・。
いつまでも分からないで死んでいくんだろうか・・・。

そういうこと

お正月の賀状。
僕は「男もつらいよ」に感激した。
女も男も辛いよ。
女は、男は辛いよではないのだ。
ただそれだけで秀逸だ、今年の賀状の。
この方は奥さんの辛さをしっているから、
男のオレだって辛いんだよって言いたかったのだろうか。
同じように、おまえはオレはじゃなくて、
おまえもオレもだったらとてもやさしい。
区別のない社会を作っているあなたに
カンパイだよ。
今年、というより今からカンパイだよ。