目で見る増幅~テネモスミーティング名古屋から

当日マデュカさんが二本の1リットルのペットボトルと
アグアVH100に赤い色素をつけた特別なものを
持参されました。
よく何かを元の場の水に溶かし込むときには、元の場から
少し水を汲み取り、そこでまず溶かしいれるものを溶かしてから
元の場所に戻すと効果的といわれてきました。
そのことを目で見ることができました。
まず二本のボトルそれぞれにマナウオーターを
入れます。 
1増幅.jpg
そして別のコップに左のボトルから少し水を入れ、
さらに赤い色素のアグアVH100を5滴いれかき混ぜます。
左のピンク色をしたコップです。
増幅2.jpg
向かって右のボトルには直接に、5滴アグアをたらしますが
元の水となかなか混ざりません。(5分間くらいでようやく
溶け込んできました)
左のボトルにはピンク色になったコップの水をいれますと、
たちまち全体がピンク色になりました。
まさにコピーされるようになりました。
増幅3.jpg
右側の直接たらしたボトルも振れば溶け込むことでしょうが、
増幅していくスピードが異なります。
ほんとうに一瞬なのです。
そして全体に波及するのです。
ですから減った原液に水を加えて増幅する
エネルギー吸引条件を与えれば、どんどん増幅することになります。