ある道のり~いのちの実相 7  事件 1~

二度の自宅内での飛び降りも,何かを試すような感じがしていました。
幸いにも二度とも大した怪我もせずにいたのです。

ただやはりいずれも二ヶ月ほどの入院を余儀なくされました。
薬は増える一方です。
多剤処方で何がなにやらわからず、
まるで薬を食事のように服用しました。

娘の様子はもうとてもそれまでのようにアルバイトができるような
状態ではなくなっていました。
それでも何か自分で誰かの役に立ちたいと
切に願う娘は、かなわぬこととは言え「よくなったらまた働くよ」と
口癖のように言うのでした。
自分の存在を 何かで表したい一心だったのでしょう。

こちらはといえば、大震災の少し前の体験に魂が打たれ、
いまだにわからない旅を続けることになったのです。
ただすべてにそれまでの生き方から大きく変更をすることになります。

震災の1月17日から五日後の22日、毎月22日にうかがう神戸三田の
鏑射寺(かぶらいじ)への鉄道であるJR福知山線がその日に開通となりました。
震災の後なのですが、出かけることにしました。
震災後すぐのその地の風景を車窓から見ていました。
大きく傾いたビルディング、アパート、マンション。
ほとんどが青いシートで覆われた屋根の家々。
文明がこんなにもはかないものとは、と心底思いながら、
物質のはかなさを目に焼き付けました。

鏑射寺は瓦一枚もずれていませんでした。
一日前に震災を予知した中村公隆和尚は、震災の前日に
神戸近郊に住む檀家の方々に電話しその日中に神戸から
離れるように指示しました。

檀家の方々は一人のけが人も死人もなかったようです。
まことに不思議をここでも体験させられます。
未来が今にあったのです。

多くの方たちとの出会いは続いていました。
竹内文書の著者である故高坂和導さんに出会い
日本民族と世界の古代からの関わりに大きな関心を持ちました。

能登半島にある「モーセの墓」や青森県の「イエスキリストの墓」
「モーセ出奔の地 イスラエルネボ山」そして再び「剣山」を訪ねました。
私たちが体験しているこの世界と、過去といわれる世界との
繋がりを魂で感じる旅となりました。

そしてやみくもに近くの山々に登り、多くの神社、イワクラなどの
地を訪ね歩きました。
何もありませんでした。

ただふしぎな現象を、撮影した写真に見たり、幽界からの振動を
感じたりしただけでした。

どこにもあの日のことはありません。
もう次第にあの日の記憶が薄くなり、続けていた瞑想もやめてしまいました。

世の中の現実といわれる世界は、失われた30年に入って
しばらくの年数を経過していました。

今までの方法では事業を継続することは困難になる。
何か新しいことをしなくてはならない。
漠然とそのように感じ取り、携帯電話の代理店をしたり
ポケベルの代理店をしたり、インターネット関連の仕事をしたり、
本業の建築関連仕事とは別に新しい道を模索していました。
しかしながらそれらのいずれも真にワクワクする心とは
遠いところにありました。

そしてポケベルに続いて、絶頂期にあった携帯電話の
代理店もやめてしまいます。

また他の電話やインターネット関連の仕事をも手を引くようになりました。
私たちと同じスタートラインに立っていたのが
孫さんや楽天の三木谷さんでした。
でも 彼らの夢である物質的な大きさには何の興味も持てなかったのです。
この世の10年という長い時間が経過し、
目が覚めるような2006年を迎えました。

「30歳を過ぎれば、おさまりますよ。」
当初発病時の医師の方の言葉が一筋の明かりではありました。
娘が31歳を迎える2006年になっていました。

私は娘の病気については、ほとんど家内に任せきりでした。
というか、そのことから逃げていたように思います。

ただ医師の方との相談とか、入院時とかには積極的に関わりました。
眠れなくなり、わけがわからないことを口にしだし、まったく眠れずに
発狂寸前になる。  いつものパターンが今回も繰り返されました。
そして入院です。

しかし今回はいつものN大学病院に空きがなく、その紹介を
いただいて民間のS病院に入りました。

30歳になりましたが、望みがあったはずの快復にまったくメドがたちません。
もうこれは積極的に娘に関わり、これからの娘の人生を娘が
なんとか一人立ちできるようにと、行動に出ることにしました。

ただ行動と言っても、毎日毎日病院に見舞いに出かけ、
本人の状態を記憶しながら、少しでもやさしく接し、
快復を願うのみでした。

まだ薬についてはまったくの無知で研究しようとも
思わなかったのです。
医師の方に任せ切りです。
一月ほどが経過しました。

いつもの入院時では、一か月を過ぎる頃には、ずいぶんと落ち着きます。
ですが今回はまったく気持ちが持ち上がらずにいました。
毎日の面会室では、恐怖のため「怖い怖い」を連発しました。
しばらくしますと父親との一時外出が許可されました。
そんな日には、二人で鶴舞公園に行きました。

一時間ほどの外出時間ですが、その間に幾度も逃げようとします。
きっと病院に帰るのが恐怖だったのでしょう。
しかし決まりですから、そんなことがあっても病院に戻るしかありません。
そして年が改まり2月になりました。

3ヶ月ほどの入院期間を経て、それでも家庭外泊の許可が出ました。
私たち家族はとても喜んで、金曜日からの二泊三日の家庭での
久々の団欒を迎えました。

ただ過去幾度かの家庭外泊の時のようなやすらいだ様子は
今回は見受けられなかったのです。
そして病院に戻らなくてはならない日曜日の朝、そのことは起きました。

子ども会向けの廃品回収の日です。
いつもは家内と私とあいている家族で、ビルの前まで
雑誌とか新聞、ダンボールなどを運び出します。
一時間ほどの作業です。

その日は娘の様子が何か不安定なため、家内に娘を見てくれるように
頼み一人で運ぶ作業をしていました。
「アーー!!」という叫び声のあと、ドスンとものが落ちた音が聞こえました。
「まさか!!」  心が震えました。

いそいで娘の8階の部屋に行きました。
家内は震えていました。
回転窓のほんの小さな隙間から無理に飛び降りたのでした。
家内の持ちこたえることができない、娘を握り締めた手をすり抜けて
落ちていったようです。

窓の下を見ましたら、娘がパジャマ姿で、お隣さんの1階の瓦屋根に横たわっていました。
「救急車呼んで!」
「まみちゃん お母さん見てて!!」
動転する家内のほうが心配になっていました。
私は急いで下に駆け降り、お隣さんの玄関ドアの前に行って
チャイムを鳴らしました。

ある道のり~いのちの実相6 自分しかいない~

自分しかなくて また自分さえない 感覚でもなく
ただ そのことが私たちの現実感とはまったく
かけ離れた それでいて何にも変えがたいもの。
ただもう 嗚咽しかないもの。

そしてそれであればこの現実の何をもはるかに
超越し、しかも私たちの知るいかなるものとも比較することのできないもの。

まったく不変であって、しかしながらものすごく躍動し、ものすごく湧き出るもの。
そんなわけがわからない表現でしか言葉では言えないのですが。
自分はそこのそこに繋がっていて、しかもそこのそこそのもの。

さらに誰でもが、まったく同じなんだということ。
どんな方でも、まったく同じなんだということ。

未来がここにくること。そしてまた物質はないということが実感として
理解できる出来事にあいます。
それは皆様ご存知の長崎の「あんでるせん」という喫茶店でのさまざまなことです。
ここでは未来の出来事が今起きて、しかも物質が消滅し
本人しか知らない場所に瞬時に移動(テレポーテーション)します。
またバラバラになった金属がほぼもとの形に戻ります。
そして塑性であるプラスティック製のライターがねじりあめのようにまがります。
割れないのです。
さらに本人の姓名や生年月日さえ知られてしまいます。

マジックといって片付けたくなるできごとを間近に見て
逆に私の心はとても喜んでいました。

ですからその後たくさんの友人を「あんでるせん」にお連れしました。
社員さんさえ旅行でお連れしました。
その頃から信頼が落ちたかもしれませんが。(笑)

でもあの体験があんでるせんでのできごとを確信させてくれたのです。

その後「霊肉一体何故」の故知花さんに清里にてお会いし、そのご縁から
ボリビア行きが決まり、飯島さんと出会います。
平成7年のことでした。

それからの新しいお出会いはまさに怒涛のごとくとなります。
時々にお会いしたかたがたに同じ確認の質問をしました。

「ここには自分しかいないんですよね。」

右脳開発の故七田真さんやありがとうおじさんは即答でした。
「そのとおりです。」

もちろんこんな質問誰にでもできません。
心の赴くままに、この方には聞いてみようと思ったお二人に
お聞きしたのでした。

物質なく時間なく空間なく。
いったい何故ここにいるのか。
そして今にあるのか。

精神と肉体の旅はさらに続いていくのでした。

娘はその間入退院を繰り返し。
およそ10年間で二度の自宅での飛び降りをします。
最初は8階の廊下から吹き抜けの7階玄関のホールに飛び降りたのです。

ある道のり~いのちの実相 5 実相への光~

時間の不思議や自分の生命のふしぎが目前に迫っていました。

先のセミナーでは父親に対する憎しみと母親への哀れみのふたつを
完膚なきまでに、自分の心から追い出した後に体験がありました。

父親と母親がキン斗雲(きんとんうん)に二人並んでしかも笑顔で
手を振っていました。そしてその雲は二人を乗せたまま
かなたへと消えていきました。
ああよかったと思いました。

そして二人は仲良しだったんだとも思ったのです。
二人は演技をしてくださった。

強くするために、父は凄い仕打ちをしてくださった。
ふたりに、ありがとうと言いました。

その後合宿セミナー中ですが初めて外に久方ぶりに出ることを赦されました。
鳥の声、雲の流れ、そして柔らかな風。木々さえも
何か生き生きとしていました。
自分のそれまでの体験にはない外の感覚でした。

今その意味がわかります。
自分の意識が作り出したすべての風景でした。
硬い堅いエゴの一部がはがれたとき、その心で見る風景だったのです。

そしてよく言われる過去生があるかどうかはわからない。
ただ浮遊するおばけに意識がのっとられただけかもしれません。
そんな隙間のある、自分の心かもしれません。

時間が系列的なものではないことははっきりとしました。
そして自分とは何か。

ただ肉体だけではなくて、なにか連綿と続くいのちがあることは
わかりました。でもその意味を理解することはできないままでした。

そして、阪神大震災の年のはじめに、その圧倒的体験が突然におとずれたのです。

その頃、心を鍛錬するために2年間ほど瞑想をしていました。
早朝の3時ごろが静かなので、その時間を選びました。
中村天風さんのクンバハカ法による呼吸瞑想です。
その最中に、その体験はおきました。
とても言葉では言い表すことはできず、また誰かに話すのも
ためらわれます。もしかして気が狂ったのではないかときっと思われるだろうし、
話すことでもなく、ただただ黙ってそのことをふせてきました。
(このいのちの実相でお話できることを幸いに思います)

「時間なく」「空間なく」「自分だけしかいない」「いつもつながっていて」
「そのつながっているものは自分」「圧倒的無限無限無限・・・大きすぎる・・」「感覚もなく」
そしてあまりの圧倒的な喜びと感慨と感謝と幸いというものだったからでしょうか、
海のように慟哭したようです。

ほんの短い一瞬だったのか、無限だったのか。
そのことを誰にも言えず、ただただ再びの体験が願いとなり
瞑想に一層励みました。

ふたたびの体験は人生にとって何にも変えがたい尊いものに
思えたのです。
でもそのことは願えば願うほど再び訪れることはなかったのです。
そうその18年の後、娘が体を横たえる一年前の年までは。

ある道のり~いのちの実相 4  未来が今に 過去が今に~

商工会議所主催のN塾が終了し、そのOB会が発足しました。
ある日のその会合の後、世話人のKさんと友人のIさんと共に
居酒屋にいました。そこでの会話の中で、私は世話人のKさんに
このように言いました。

「人間ってなんでしょうか。本当のことってなんでしょうか。
わからないから知りたい、学びたいと思っています。」

酔っていました。
それまでとはまったく異なり、すべてに積極的で
気が向いたことならなんでもやりたい、頼まれたことは
「はい喜んで!」に変わっていたのです。

Kさんは「そうか、そんなら今度おもしろい会合があるので
そこにいりゃ~」と名古屋弁でこたえました。
なんでも拒否しなくなっていたので、二つ返事でした。
ワクワクしていました。

そして参加した会が「衣冠之会」(いかんのかい)です。
この会は平成4年春に、東京のN夫妻のもとに降りた絵のイメージと
言葉をもとに、東京で21名が集って始まり、名古屋でも
21名の発足で始まっていました。

ようするに一般的には怪しい会でした。
集まっている方々は多岐にわたっていました。
政治家、実業家、芸術家、霊能者などなどです。
この「衣冠之会」はその後も大阪、福井、福岡と
開催されていきました。

すぐに名前は衣が取れて「冠之会」と変更になりました。
絵はそして言葉は一般的には難解で、すべては見るもの
読むものの感性にゆだねられています。
一貫して流れ行くものは「元一つ」でしょうか。
それも取り方ですが。

会の発足後27年が過ぎ、全国でなお継続している地域は
名古屋のみとなりました。
今という時に、何か大切なことを伝えていると感じるのですが。
N夫妻はこの御天画を個人にも降ろされる能力をお持ちです。

そのことを耳に挟んだ私は、個人の絵をお願いします。
そしてそのことから時間の壁を越えることになります。
ふたつのことが起きました。
ひとつは私たちが未来と呼ぶ将来の出来事が絵にでました。

ふたつめは私のこの一生のできごとだけではどうしても
理解できない霊的な体験をすることになるのです。

ふたつとも時間の考え方を根本的に見直さなければ
理解できないことです。

「御天画」には山が現れました。
そして役割は「水」とでました。水先案内人でした。

山の意味を尋ねますと「剣山?」というお返事でした。
「水先案内人」も「剣山」もまったく思い当たりません。

何か不思議な感じをいだいたまま、でも何か嬉しく
その後自分の周りが大きく展開していく予感を感じていました。

そしてその一週間後、知人から「剣山」への旅に誘われます。
さらに霊的な体験はその剣山へのリフトの上で起きます。
シャーシャーとリフトが動き10Mほど上ったところで
自分でない自分が慟哭を始めました。
魂が移ってしまったです。

実はその前年に上海の玉仏寺にてすでに自分でない自分とあっていました。
その後、ボリビヤのティヤワナコ遺跡でも同様の体験をします。

そして、
インドの霊鷲山(りょうじゅせん)、イスラエルネボ山、
日本では他に十和田神社と沖縄の藪地。
その後経験した場所です。

そのときの確信は、私たちの人生は決して一度きりではない。
幾度もの人生を体験しながら、今にある。
何故?何のために?

未来が今にあることや、今生ではない過去がやはり今に蘇るふしぎ。
このことを体験し、ますます同様の体験を求めるたびに
あらゆる場所に出かけ、あらゆる人にお会いしたのでした。
道を求め、お人に会い、あらゆる場所に出向く。

赤塚高仁さん、故糸川秀夫さん、中村公隆和尚、
はがき道の坂田さんなどとの出会いが2年間にありました。

そして平成7年、阪神大震災の年に私は圧倒的な体験をします。

娘は比較的落ち着き、アルバイトをしたり料理学校へ通い始めていました。

ある道のり~いのちの実相 3 心の学び~

ある道のり~いのちの実相 3 心の学び~

娘の発病がきっかけとなり、 それまでの人生に疑問を感じた私に届いた
勉強会の誘いのままに申し込みをしました。
生き方、経営の仕方が知りたい。

どうして普通に生きていて、娘があのような病になってしまうのか。
なぜそれが私たちの娘なのか。

私は4人の子供たちに勉強を、しなさいと言ったことは一度も
ありません。また学校の通知表を持ってきた時は、成績のことには
一切触れず、通知表の後ろの先生の文章を読み、何かみんなのために
できたことや、すこしでも成長したことを大げさにほめました。
それが本音でしたから。

気がつけば、母にされたようにようにしていたのでした。

一年の初めのお正月には、みんなで朝餉のテーブルにつき
子供たち一人ひとりのその年の目標を聞きます。
その目標にみんながエールを送ります。
心を新たにする一年の初めを、少し改まった気持ちで迎える
家庭の小さな儀式でした。

みんな少し緊張してまじめな顔をしていました。
子供たちは、一人ひとりの個性によってそれぞれが
思うままに生を送っていると、いまでも思っています。
親がすることといえば、ただそれを見守るしかありません。
よく言われる言葉「子は親が言うようにはしない。
親がするようにする。」
まさにそのとおりで、これはきっと親子という関係以外にも
成立することのように感じます。

今までどおりではダメ! もっと本質的なことを知らなくては
生きている意味さえなくなる。
願いが、人生とは何か、人間とは何かの本質の学びと
解明に移っていきます。
生活が一変しました。

実際的な仕事は、すべて社員の方に任せ、まず自分の能力開発と
新しい何かを始める糸口探しが始まりました。
仕事中心の生活を変え、間口を大きくしてすべての方から学びたいと
強く思うようになりました。
それまでの自分にとっては、まったくの大変化でした。

1.心を変えたい。
2.人間とは何かを知りたい。

その二つが願いでした。
その時代まで続いていた夜遊びにはだんだん興味が薄れていきました。
でもその夜遊びの中で人生の転機が待っていようとは・・・。

何か心の勉強をしたい。
その頃はやっていた能力開発セミナーはいくつもありました。
その中でもふたつに絞っていて、誰か紹介者を探していました。

経験のある紹介者がいないと参加ができないシステムになっていたのです。
紹介者を探す毎日でしたが、ある夜遊びのスナックでポロっともらした
言葉に同業者の社長さんが反応しました。

「そこだったらボクが紹介しますよ。凄いですよ!人間のオーラが見えますよ。!」

酔っ払ってはいたけれど、完璧に渡りに船状態でした。
(もうひとつのセミナーはその後事件となったセミナーでした。
後に何かに守られていることに感謝しました。)
その晩は嬉しくて嬉しくて何かが大変化する予兆を感じ取っている
自分を見ていました。

セミナーの内容については、お約束で記述できませんが
望めば3度の機会を与えられ、およそ90日間の研修です。
ほとんどが今ある場所で行うことです。

自分が主人公の人生をリーダーシップをもって
積極的に生きる方法をトレーニングによって確立するのです。

宿泊の研修も一部あって、その体験の中で、紹介者の言っていた
人間のオーラー(虹色)を見ました。

さらに私たちの普段見ている光景の実体も感じ取ることができました。
(愛に満ちている)
それができた理由は、自分の持っている厄介で硬い自我が
ある方法で打ち破られたあとにオーラが見えたり現実は幻想と
感じ取れたりしたので、自我の崩壊だと思っています。

「人にもものにも愛をもって接し、愛を与えて与えて与えつくすこと。
そして何につけても恐れずに積極的に行動すること。」

そのふたつがこのセミナーでの強い学びであったと感じています。
このことを持続する心でやり続けることが人間にとって
いかに大切かを学んだ90日でした。

その後も(25年後の今でも)崩れない心を保つためにルーティンとして
毎日行っていることもあります。

それでも人間はこの世界に住む限り、逃れられない自我による
現実を見せられます。 やっかいなものです。

娘はやや落ち着き、大学検定も合格します。
ややあって料理学校に通ったり、アルバイトを始めたりしています。
この頃は、環境に適合できないとうつ気味になり、継続できないようになり、
眠れず入院となりました。

このパターンを何度か繰り返します。
次第にうつと躁の繰り返しになります。
躁になると通常の人間的な分別は消えるのです。
そんな時には、目覚めたふりをしている中年男の自我を揺さぶります。
深い深い怒りが彼女に向けられるのです。

このことを幾度も幾度も体験させられます。
すべて「自分」のことだったと気づくまでのことでした。

それでも深い深い怒りは静かに硬く眠っていて、娘の息の引取りの
直前までその存在を知らされるのです。

娘さえも自分が作り出した幻想だと気づくのに、どんなに長い深い
時間を要したことでしょう。 時間とてないものなのに。

こうした時間や空間や現実という幻想を、そうだと納得せざるを得ない
体験や出会いが、その後に始まっていくのでした。

それは「衣冠之会」との出会いでした。

ある道のり~いのちの実相 1 長女のこと~

昨年の2019年はたくさんの縁戚とのお別れがありました。
一月に実兄、5月に実姉、そして11月に養子としての山田家の母。

2011年に山田家の父、そして2013年6月18日には長女Sとの
お別れがありました。
“ある道のり~いのちの実相 1 長女のこと~” の続きを読む

ある道のり~新しい扉を探し求めて 2~

「高度情報化社会」とはほぼ25年後の現在のことです。
ユビキタス社会ともいい、あらゆるところに神は遍満するという意味。
将来このような社会が来るので、その時のために「心のネットワーク」を
世界中に構築しようという遠大な構想がありました。
“ある道のり~新しい扉を探し求めて 2~” の続きを読む

ある道のり~次代への扉を探し求めて 1~

社業は発展し、利益は最高額を示します。

ですが心は晴れず、何かが違うと湧き上がり続けます。
その後次第にバブルの影響が業界にも及び、
徐々に低成長時代へと移っていきます。
過激な競争に、また自分の本当にしたいことは
「これではない」との確信が生まれます。
“ある道のり~次代への扉を探し求めて 1~” の続きを読む