ある道のり34~あとがきにかえて~

ここまでお付き合いくださった
今生でのご縁のあるすべての皆様に深甚なる感謝の意を
表します。

みなさんの人生は、ご縁ができましたらすべてこちらの人生でもあります。
耐えることができないような大変な出来事も、
怒らざるを得ないはらわたが煮えるような思いも、
そして深い深い悲しみも、
すべては与えられた尊い教えかもわかりません。
“ある道のり34~あとがきにかえて~” の続きを読む

ある道のり35~三つの言葉~

これまでの人生において、心にしみこむ言葉があります。

それはとてもシンプルです。

この言葉を常に意識して生きていこうと思っています。

1.複写はがきのはがき道の坂田道信先生は講演会では
 机の上に正座なさってお話しを始めます。
 聴衆は度胆を抜かれドット来ます。
 そして笑顔になります。

 開口一番

  「人生とは心をきれいにすることです」 

 と言われます。
 できていないわたくしたちは、涙を流すのです。

2.森信三先生は坂田先生の師にあたる方です。
 長い間この森先生のご著書「修身教授録」を教本に
 早朝の読書会を開催させていただいております。
 続かせていただける間は、継続を希望しています。

 その森先生には有名な言葉があります。

  「人生二度なし」
 
 ごく当たり前なお言葉ですが。
 今の年代になりますと、ますますこの言葉が重く感じます。
 体を与えられてこの世に現れ、寿命まで本当に自分の
 したいことをなしたのか、常に問いながら後生を生かせて
 いただきたいものと念願しています。

3.今生でのご縁で最も深いご縁となった飯島秀行さん。
 飯島さんはおっしゃいました。
 現象には「たったひとつの真理」しかないと。
 そして人間はなぜ生かされるのか、人間の生の目的とは
 何かの問いに、こう答えました。

  「人生の目的とは、分離感をなくすこと」

 以上の三つの言葉を胸に刻み、残りの人生を歩ませていただきます。

 お三方の尊い言葉に、深甚なる敬意を捧げます。

ある道のり36~ 「神の使者から」

神の・・・シリーズは、イエス様の教えを説いた
異端といわれるトマス派の言い伝えです。
イエス様の真理の言葉を伝えているのかもわかりません。

どことなく飯島さんの言葉と似通っています。

ちなみに山田はどこにも属しません。

「すべて」に属しています。

「神の使者」 ゲイリー・R・レナード著  からの抜粋

1 聖霊の最高のツールの一つは「笑い」、深刻に受け止めると
  世界に取り込まれる。

2 意欲を感じるのは、死を恐れているから。

3 何かに深い欲求を感じたなら、それは自分を体だと思っている。

4 源は変化することも、消えることもない。

5 真の祈りの秘訣とは、必要だと思っていることを忘れること。
“ある道のり36~ 「神の使者から」” の続きを読む

ある道のり38~ 「奇跡講座 入門編」 ケネスワプニック 著 より

講座といっても自主学習です.

1 世界を変えようとするのはやめなさい。  そうではなくて、
  世界についてのあなたの心を変えることを選びなさい。

2 私が正しい心の状態にあれば、私はあなたの攻撃を、助けを求める
  呼びかけとして捉え、それが攻撃だとはまったく思いません。

3 世界中のあらゆる人やものについて、下せる判断は二つしかない。
  それは愛の表現か、愛を求めるよびかけです。
“ある道のり38~ 「奇跡講座 入門編」 ケネスワプニック 著 より” の続きを読む

暮れのつぶやき

寒い朝のベランダ。
ケイタイのメール打ち。
なんどもまちがえて、なかなか進まない。

あるお店で忘年会。
店主の方にお支払いに行ったら、
「山田さん、さっき支払いされましたよ。・・」??

あんでるせんへの弾丸ツアーの夜。
ビジネスホテルで朝起きたら素っ裸。
お風呂に行ったらお湯がいっぱいで、
寝巻きがズブ寝れで床に・・。

深酒で記憶を飛ばすようになっているみたいです。

ああこれはいけない。

ということで、そろそろ歩いてきた道程を
書き残しておこうと決心しました。

なずけて「ある道のり」です。

もしお時間とご興味がありましたら。
読んであげてください。
何か少しでもお役に立ちましたら、
幸いに思います。

今年の皆様からのご厚情に感謝して、
新しい年の皆様の幸いを衷心よりご祈念申し上げます。

テネモスミーティング名古屋 11月16日 ご報告 その2

Iさん(男性):神在月の出雲大社の縁結び大祭に行きました。
15年ぶりに出雲へ。月曜日は大雨予報。9時ごろより晴れた。
内齋庭での席、お参りした。御祭神は大国主命。神楽や県の代表者の
かたがたが参る、約一時間。
神社へ何故参るのか。各地の神が出雲に集合するので、
たくさんの人がいる。作法が各神社にはある。払い殿は
三時間待ち。まじめな日本人は待っている。
ある場所で清めて、ミコト主の鳥居をくぐってお参りした。
形でなく祈りの本質が忘れられている。自分もそんなところが
あり戒めた。脱衣所にアグアスプレーがあった。

Yさん(男性):8月から11月にかけてグリストラップの実験を
続けている。大橋庵さん、かこさんの二つの場所で。両方40Lの
ポンプで稼動している。調子がいい。エアーの入れ方でエアーが
止まらないようにした。何でこうなるのかは分かっていない。水になる。
20Lポンプではだめだった。エマルジョンではダメ。エアーレーション
禁止地区もある。エマルジョンは分離する。浄化水をとって実験をしたが
ずっとさらさらのまま。

釘本さん:植物は不飽和脂肪酸で液体。
     動物は飽和脂肪酸で固体

常温なのにブタの油がたれている。不飽和脂肪酸になっている。
調べたら分解する微生物があった。カーツをいれると取り入れることが可能。
“テネモスミーティング名古屋 11月16日 ご報告 その2” の続きを読む