テネモスミーティング名古屋 7月27日 ご報告 その5

釘本さん 飯島さんに二つのことを言われました。

1.お前は人の意識が読めるか。

2.罪を憎んで 人を憎まない。

Iさん(女性)の言われた自分の本質は何かは 意識。

意識を読むことは 意識を動かすこと。
以前から出席している方たちの意識が動いていることが
この集いでは よくわかります。随分と変わった。

「あなたの大切なことは何?」

1.一歩を踏み出すこと。
2.まっさらな心で見ること。

一人だと発酵できない。

東京で草間やよい展を予約して鑑賞しました。
真っ暗な部屋にハシゴがある。
ハシゴの上と下に鏡がある。
永久にハシゴが続いている。
私って何だろう って考えてしまった。
分かった人は 言葉に出来ないことをできることで
伝えようとしている。

昨日 タクシーの運転手さん いじわるそうだったが普通に話ししていたら 1090円が1000円になった。

同乗のIさん(女性) はっきりしているので不快。
いいタマを送っていたら 突然いい人になった。
普通に出来たので成長を実感した。
意識を読む。

釘本さん 自分の目の前はすべて鏡。
すべての人は自分の中にあるもの。
何故会うのか 自分を見る。

意識が目の前の現実を作ることを実感すると
信念になる。 覚悟が出来る。
参加者のYさん(男性)みたいな人に会うことが出来る。
大きな規模のことを考える人。
すべては自分に教えてくれる現象。

書いても読んでも一緒にいないとわからない。
ツアー 遊びも大切。人の意識を読みながら
お付き合いをしていると人が変化していることが
嬉しい。今自分を耕していると思う。
自分のことを耕すことが もっと耕すことになる。
意識に意識すること。
自分の成長がわからないのは 意識に意識していない。

セドナ 私を感じながら歩いた。木が渦巻いている。
四大ボルテックスの一つ。空気が渦巻いている場所 人。
良いものには理由がある。一流を見る 行く。
何故良いのかを自分なりに考える。

ボンティア 大学が長崎 就職決定後雲仙普賢岳の噴火を体験した。ボランティアを女性が一人で行っていることを雑誌で知った。災害の少ない時代だった。

同じ長崎に住んでいるのに 恥ずかしくなった。
ところが行ってみたら 男性がいた。女性一人ではなかった。手紙が来る 返事を書く。物がどんどん来る。一週間ずっと 二人を見ていた。芸能人がカビだらけの服を送ってきたり企業がへこんだジュースを送ってきた。出前の人の よそよそしい態度。損益計算書を見た。 売り上げ270万とあった。贅沢していた。ボランティアにいたれりつくせりの時代。ウルトラマンの服を着て練り歩く。違和感を感じた。

飯島さんは言った。「住むところ 食べるものは用意するあとはなんとかせよ。」給与0なのでみんなやめて行った。食住があれば 自立できる。勝手にやっていくだろう。

気温が38℃になったら大変なことになるとIさんから聞いた。ユダヤ教には安息日がある。地球全体で安息日を作る。2日間で地球は戻る。

マラソンのIさん いろんなことで準備してきた。
それが成功の原因。

掃除は動かす。

難民に意識を向ける。
動いていないところを捜すこと。

Iさんは天職を見つけている。
奥様の手紙は 人の意識を変える力を持っている。

スイス旅のHさん 意識が入ったものや人で 天気になる。

夏目漱石記念館に行った。 100代先の人に読んでもらうためにものを書いている。神経質 イギリス留学 東大から先生になった。小泉八雲のあとに先生になったので 最初は苦悩した。徐々に信念が伝わった。伝える手段が小説。木曜会という会を作って誰でも参加できる集いをした。

テネモスミーティング名古屋 7月27日ご報告 その3

Iさん(女性)最近良かったこと。娘が神社でお囃子をしている。
そこでお守りをいただいて、勤めている人のご主人の腰が良くないので 健康のお札を贈った。手術間近だったがヘルニアの痛みがなくなってしまった。
念を入れてお参りをした。

Iさん(男性)経営者ですが若い頃はいじめられてつらかった。
長崎のあんでるせんや飯島さんの埼玉に行ったりして驚いた。飛行機が20機くらいあって、後ろから風が来ているのに空中で止まっている。羽ばたいている飛行機。未来型の飛行機。

マナウオーター 半信半疑だったがおかげで夫婦円満。

ウンチが消えてしまうシステムにも驚いた。

テネモスのこの技術を使うと環境に貢献する。CO2削減CO2を安く少なく出来る技術を開発することを日本で達成できる。

歯磨きのこと。食事前にうがいをして菌を飛ばす。
歯磨きは圧をかける。食べた後にすぐ歯磨きすること。
歯周病菌プラス食べ物で肺炎になったり脳アルツハイマーになったりする可能性がある。歯周病菌はさまざまな病気の原因になる。歯石は二ヶ月に一度は取ることが大切のよう。磨きは圧をかける。

Iさん(男性)イスラエルに行きませんかと誘われて行くことにした。嘆きの壁を 笑いの壁に変えたい。

Tさん(女性)高校で教師をしている。新しい教科書になるので、大学で学びなおして修論を書いている。AIの学び。自然の中で子供たちが生きれる様になるといい。テネモスで学んだことを子供たちに伝えて行きたい。

Iさん(女性)信用が大切。信頼されるためにいいことをする。
一人では限界。大きな目標を掲げても雑になる。
矛盾は破壊に繋がる。
小さいことをおろそかにしているとうまくいかない。

令和新撰組 信頼されて議席を取った。他人のことをあてにしない人が信頼される人の特徴。

怒りがあると見ている人は離れる。安心感のある環境が大切。すべては正常に育つ。強迫観念ではうまくいかない。相手に それは共にやる人に伝わってしまう。人に安心してもらうためには安心感のある環境が大切。

テネモスミーティング名古屋 ご報告 7月27日 その2

Iさん(男性)5月にミーティングを休んで長く感じています。参加者の方の顔ぶれが変わってます。10月に入院して生かされていることを実感。

高山ウルトラマラソン100キロを走った。5つ山を上り下り バラマハンサヨガナンダの本から 出来ないことに挑戦すると意識の拡大に効果ありと知った。

練習した。 神頼みで 痛くなりそうなところに龍体文字を貼って走った。  またエネルギーを高める数秘の配列をゼッケンの裏に張って走った。走りきれた。少しずつ練習していって 作成した自分になっていけば達成できる。

Oさん(男性)先回のフラワーエッセンスのKさんもセドナに行って やはり疲れないとおしゃっていた。大地が振動していてトイレがちかくなったとも。

水分子が細かくなって 水が情報を記憶する。負の情報を記憶に持っていると良いものもダメ。 素直な人はいいものがすぐ良い作用をする。身体=微生物が喜ぶ。悪い言葉はものが腐る。病気も同じ。

右は精神 左は物質的なもの。自分の意識を高めることで悪い現実も消える。

いつ死ぬとかいろんなものが見える人。 エネルギーが高くてどんどんエネルギーが入ってくる。いいもの出せば 入ってくるということが分かっている人。そういう人によく会うようになってきた。水とエネルギー視点でだいたい読める。

振動数が低い人はエネルギー不足状態。酵素水はエネルギーが入ってくるので腐らない。

水だけでも電気が取り出せる。 今考えている。

Hさん(女性)俗世間にしばらく漬かって エネルギー放出していた。初めてのヨーロッパ旅行でスイスに行った。33人。10日間 ハイクツアーが7日間。歩きながら景色と花を見ながら過ごした。すばらしい旅。

ところがその7日間が カミナリ 雨 の予報だった。行ってみたらユングフラオが見えた。良いお天気だった。だいたいすべての旅程で大切なときには晴れ 終わったら雨の不思議な旅だった。

トラブルもあった。
四人のゴンドラが途中で止まった。町が停電で一時間停止。毎日毎日トラブル。見たものを見たあとのトラブルだったので、トラブルも受け入れることができた。

旅の最後で人が迷子になったり 飛行機に乗り遅れそうになったりした。

日常でもし反対だったとしたらどうだろうかと深く考えさせられた。

5Lのアグア(二年前に購入)洗面台の下に入れておいたけれど出して色々に使った。光にあたると藻が発生してきてしまったと思った。 半年くらい後 スイスから戻ったら藻が少なくなっていて 少し驚いた。

 

つづく

物質は粗い振動

早い回転の物体は底が見えます。
6枚の羽根は
見えないもののようです。

同じように粗い物質は目に見え、
細かな振動の物質は目に見えないのかも知れません。

細やかな気配のお人は
居るか居ないか気配を感じさせず、
粗い意識のお人は気配ありありです。

天地人と天意

天地人と天意(あい)・・・

天(神ともエネルギーとも)は空や宇宙と感じがちですが ほんとうでしょうか。

天は見えず聞こえず ただ示したり霊止(人 ヒト)を借りて

申したりだから 宇宙や空でなく  神?でしょうか。
宇宙も空も地ではないだろうかと感じさせます。

では見えない天とはなんでしょうか。
無限のエネルギーの根源なのかもわかりません。

天意(あい)はあるのでしょうか。

それはすべての人の意識にあるのかもわかりません。

人はみんな無限のエネルギーの源なのかも。

カブトビール 名古屋支店  散歩道に

久々の晴れの夕暮れポムちゃんの散歩です。

ビールのお店が開いていて、ポムちゃんに待ってもらって 一杯。があまりのおいしさに二杯でした。

名古屋納屋橋の堀川沿い南西にあるカブトビール名古屋支店。明治の味を名古屋納屋橋で復活したいと半田の本社に粘り強く交渉した「高山額縁」の故高山さんのお孫さんでした。

明治のカブトビールの色はこんな色です。

大正に入ってカブトビールは今のビールのように黄色くなったそうです。明治時代そのもののビールの復活です。

ポムちゃんも飲みたいのかな。?

お店

犬の散歩道にあたっています。

堀川の遊覧船 むこうはショッピングモールのテラッセです。

テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

ーーーーーーーーーー

そこにある大気の振動と対象物の振動を比べたとき、
振動の大きいほうに、片方から止める力が働きます。

この止める力を、エネルギーと捉えます。

ーーーーーーーーーー

この見方でペットボトル空気活性機を見ると、

本体の中に入っている水がぶくぶくと震える様子と、

その振動を止めよう、止めようと、エネルギーが集まっている姿が見えてきませんか?

このエネルギーの注がれた空間(水)の中を通った空気は、
発酵した空気となります。

言い換えると、元気な空気です。
“テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)” の続きを読む

もしかして・・・

もしかして 人間は天を知り 地で体験する出来事を

すべて受け入れて 赦すために肉をいただいたのかも知れません。

自分がいだいた粗い感情も含めて赦し続けることでしょうか

人生って不思議。

もし自分が全体なら・・・

もし自分が全体なら・・・・・

奪い合うことも ののしりあうことも うわさすることも 慈しみあうことも

愛し合うことも そして損も得も すべてが

自分の中で起きていることでしょうか。

そうするとおのずからどうすればよいのかが
わかります。

全部認めて受容するしかないのが人生かもわかりません。

すべては結果の世界。

赦して認めた瞬間から 世界が変化していきます。