物質は粗い振動

早い回転の物体は底が見えます。
6枚の羽根は
見えないもののようです。

同じように粗い物質は目に見え、
細かな振動の物質は目に見えないのかも知れません。

細やかな気配のお人は
居るか居ないか気配を感じさせず、
粗い意識のお人は気配ありありです。

天地人と天意

天地人と天意(あい)・・・

天(神ともエネルギーとも)は空や宇宙と感じがちですが ほんとうでしょうか。

天は見えず聞こえず ただ示したり霊止(人 ヒト)を借りて

申したりだから 宇宙や空でなく  神?でしょうか。
宇宙も空も地ではないだろうかと感じさせます。

では見えない天とはなんでしょうか。
無限のエネルギーの根源なのかもわかりません。

天意(あい)はあるのでしょうか。

それはすべての人の意識にあるのかもわかりません。

人はみんな無限のエネルギーの源なのかも。

カブトビール 名古屋支店  散歩道に

久々の晴れの夕暮れポムちゃんの散歩です。

ビールのお店が開いていて、ポムちゃんに待ってもらって 一杯。があまりのおいしさに二杯でした。

名古屋納屋橋の堀川沿い南西にあるカブトビール名古屋支店。明治の味を名古屋納屋橋で復活したいと半田の本社に粘り強く交渉した「高山額縁」の故高山さんのお孫さんでした。

明治のカブトビールの色はこんな色です。

大正に入ってカブトビールは今のビールのように黄色くなったそうです。明治時代そのもののビールの復活です。

ポムちゃんも飲みたいのかな。?

お店

犬の散歩道にあたっています。

堀川の遊覧船 むこうはショッピングモールのテラッセです。

テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

****************

「出したものがかえる」が自然の法則です。
自然は汚れを出さない永久循環のしくみ。
テネモスの商品は、自然をお手本にし、自然のしくみを応用しています。

****************

ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)

ーーーーーーーーーー

そこにある大気の振動と対象物の振動を比べたとき、
振動の大きいほうに、片方から止める力が働きます。

この止める力を、エネルギーと捉えます。

ーーーーーーーーーー

この見方でペットボトル空気活性機を見ると、

本体の中に入っている水がぶくぶくと震える様子と、

その振動を止めよう、止めようと、エネルギーが集まっている姿が見えてきませんか?

このエネルギーの注がれた空間(水)の中を通った空気は、
発酵した空気となります。

言い換えると、元気な空気です。
“テネモス通信190720号 ペットボトル空気活性機から学ぶ・・・(その4)” の続きを読む

もしかして・・・

もしかして 人間は天を知り 地で体験する出来事を

すべて受け入れて 赦すために肉をいただいたのかも知れません。

自分がいだいた粗い感情も含めて赦し続けることでしょうか

人生って不思議。

もし自分が全体なら・・・

もし自分が全体なら・・・・・

奪い合うことも ののしりあうことも うわさすることも 慈しみあうことも

愛し合うことも そして損も得も すべてが

自分の中で起きていることでしょうか。

そうするとおのずからどうすればよいのかが
わかります。

全部認めて受容するしかないのが人生かもわかりません。

すべては結果の世界。

赦して認めた瞬間から 世界が変化していきます。

真の自己実現の旅

激しい5月からのさまざまな動きのフィナーレは「真の自己実現の旅」となりました。

7月7日 三重県の青山フォレストパークで開催される
「AKY アートマ クリヤ ヨーガ」受講のために
6日 青山ガーデンホテル ローザブランカに宿泊しました。

教師である馬渕貴子さんの勧めでした。

相棒は友人のIさんです。
二人は最近新車を購入できました。
いずれもマツダ車。
マツダファンです。

紺色のアテンザと茶色のCXー8の間に立つIさんです。
嬉しそうです。
こちらも  嬉しい・・・。

池に昔の結婚式場が浮かんでいます。

バブル期の高級な建物でしょうか。

二人のお部屋は608号室。
矢印を入れたら 168 イロハです。

反対に読むと 89 8月9日生まれと読めます。
ビックリしました。(こじつけっぽい)

夕暮れの池は輝いています。

次第に夕陽に染まる素晴らしい風景です。

翌朝7日 9時からの受講のため青山フォレストホールに向かいます。

途中 青山町羽根で戦後の昭和23年に疎開先で生まれた場所を通りました。71年前のことです。

生誕地である「青山羽根」の交差点には信号がつき河川敷にあった生誕の場所である間借りしていた農機具小屋はもちろん今はありません。とてもなつかしく 人生の長さをもかみ締めた瞬間でした。

AKYアートマクリヤヨーガでは これからの生涯の黙想の指針をいただいた素晴らしい機会となりました。馬渕貴子さんと 同じ日にご縁をいただいた参加者の皆様に深い感謝を捧げました。

家に戻って 翌日のフェイスブックのメールから岡山のOさんも4日に同じ青山ガーデンホテルに宿泊されたことが分かりました。

それに加えてびっくりのことがありました。

もう10年近くになるのでしょうか。
こちらは参加が出来なかったのですが、家族の母と家内
そして5年前に亡くなった長女と息子の四人がこの同じホテルに泊まって素晴らしい花火を見たことが今日10日に分かりました。

人間はどこでどんなつながりがあるのか 今生かされている身に関わってくださるすべての方々に深い感謝が湧き上がりました。

これでおだやかな日常が戻ってくるのでしょうか。

それともまだまだ激しさは続くのでしょうか。

 

漢字に真理が

嘘か誠か の「誠」

「言」う「成」る。

言ったとおりになると考えたら それは誠だよと知ります。
真理でしょうか。

思うときも それは言葉で思うので言ったと同じことです。

思えば 言えば そのとおりになる。
作用反作用の法則です。

意識が全体感でいっぱいに満たされる。
世界は美しいです。

真の教育のための学校 NOW

真の教育のための学校NOWは奈良県宇陀市にあります。

6月4日訪問させていただきました。

https://nowprojectnow.org/

主宰の鶴飼 哲也さんと馬渕 貴子さんとはおよそ10年ぶりの
再会でした。

「お伝えしたいことがある」ということで幾度も名古屋での
お出逢いを提案されましたが、いずれもこちらの都合があわず、
それならばと先方様のご都合をお聞きし、新築なった
建物を訪問させていただくことになりました。

ナビではたどり着くことができないとのご案内は本当でした。

龍穴神社までおいでいただいて、現地まで先導をいただきました。

建物はカルパ建築と錯覚するほどのもので中に入りますと
眠気をもようす細かい振動の空間でした。

建物には切り立った山が迫っています。

これらの木が倒れてきそうな感を受けます。

鶴飼さんはこの山は本来海と繋がっていて、地表面の3メートルの間を
水が行き来しそのために海も山も生きている。
ですが現代の人工的な護岸や山留めなどのコンクリートなどが
水を遮断しているので山が力なくなっている状況だと聞いて、
下の写真のように川へ流れるように幾本かの溝を掘って水の道を
作ったところ数ヶ月で山は力を取り戻し、木が倒れてこなくなったようです。

意識の無限の拡大、自分の無限性を識る体験を通じてすこしでも
人が人として生まれてきた理由と「真の自己実現」のための
お手伝いをされています。

この7月7日 生まれた地三重県青山町でアートマ クリヤ ヨーガを体験する予定です。