価値観の方向

世の中が工業社会から情報社会へと
変化するといわれていた。
そして時代の人々にとっての価値観は、
「モノ、金」から「ネットワーク、縁」へと変化するだろうとも。
ようするに「お金持ちよりおコネもち」であり、
モノ金の豊富さより、精神的なつながりの深い人々との
連携であり、縁であると。
だがそれをうたいながらも価値観はやはり変化しないで
いるようなことが多い。
それは情報革命であったり、革新的な技術の発明で
あったり、悟りにいたる宗教であったりしても、
やはり価値観はお金であるようだ。
それではいったいどんなことがこの世界維新といわれる
時代の価値観に具体的になるのだろう。
ネットとは「祈りのネットワーク」か「精神社会ネットワーク」か
「感謝のネットワーク」か「環境ネットワーク」か
「平和のネットワーク」か「ボランティアネットワーク」か、
いったいなんなのだろう。
そしてそんなネットに存在して何をするというのだろう、
また「何のために」。
そう地球環境や平和や貧困の撲滅や、
およそ人間社会がある限りなくなりそうもない
調和の一方向を何故に問題とするのだろう。
私たちのすべきことは何なのだろう。
「祈り」?「瞑想」?
いったいどこへいたると欲するのか・・・・。
今あるということ以上になにがまさるのだろう。

なるほどと思う

理論的なことは苦手で、
感じるものやことしかもういい、って思ってた。
でも必要なことは今生で必ずやってくるのだから、
否定だけはしないようにとも思ってた。
そうしたらやってきた。
この17年間ずっと学ばされたことのわけや、
人間の未知なる部分をはっきりと説明できることや、
感じることをきちんと説明できる言葉の力を少しだけ知った。
なるほどと思った。
人間一人ひとりが出す「波」が、その人の現実を
引き寄せていることは、多くの人々が知った真理だ。
そして「言葉」がそれを引き寄せるエネルギーということもわかった。

“なるほどと思う” の続きを読む

つながっている

なんだか気になる人とか、
なんだか仲いい人とか、
なんだか感じいい人とか、
きっと先世でかなり深かったんだと思う。
そうでなくてもすこしだけあった人とか、
路できづかず行きかう人とかも、
やっぱりそんなことかも知れない。
半年以上お世話になっている娘のリハビリの先生に
「松山に行ってきたんですよ。」って言うと、
「私松山の隣町の出身ですよ。」ってかえってくる。
きのうもよく会社に訪ねてくださる友人が、
「あのありがとう看板の会社の人ね、
うちの娘の会社にコンサルの依頼にみえたみたいだよ。」だって。
どこかであとで繋がってくる。
ご町内の人たち、会社で一緒に働く同志の人たち、
もちろん家族、そして親戚、友人、どんなに深い縁なんだろうか。
みんなこのややこしそうな時代をともに
支えあって生きていく時代の連れ添い人なんだ。
できるだけ大切にしたいと、そう思う。

社員さん旅立つ

連休明けの7日、社員さんのお父さんから
電話があった。
「あの・・・Tが4日の朝急に亡くなりまして、
6日に密葬を済ませました。」
あまりのことに絶句。
「もうお医者さんもびっくりするくらいだったんです。」
80歳を超えてみえるだろうお父さんが、
気丈に話す。
「何にもできなくて、ほんとにすみません・・・。
お父さんお母さんもだいじになすってください・・・。」
電話口のむこうで嗚咽が漏れた。
1ヶ月を過ぎる入院。
だけれどまさかこんなにはかなく逝ってしまわれるなんて。
ほんとに一体どうなっているんだろう。
彼は独身、56歳に今年の11月になるところだった。
楽しいことも少なかっただろうに。
15年間病弱で定期的に幾度か入退院を
繰り返していたけれど、とてもまじめで、
毎月のお給料日の日報には必ず、
「厳しい時代ですが、今月もお給料をいただけました。
ありがとうございます。」と必ず書いてみえた。
特殊な性格の故か、社員さんにあんまり好かれて
いたわけではないけれど、黙々と偽りなく、効率的に
働く人でした。
あなた様によって多くの人が学びをいただきました。
私は社員さんが現役で亡くなるという経験を持ちました。
大きな体験です。
どうぞもうしっかりしなくていいですよ。
ゆっくりお休みください。
そんな風にお伝えします。
なくなる少し前に撮らせていただいた
ケイタイの写真。
すこしでも、よくなりますように、元気にまた
仕事に出てこられますように、
お祈りに持って行こうと思った写真が、
胸のポケットにまだあったのです。

気づき

「若くして千日回峰行をした方が
仙台にみえて、その方と一時間半ほど
お話できました。」と、なんだか感激した友人からの電話。
なにか参考の本があるとおっしゃるので、
送ってくださいと頼んだら、すぐに届いた。
塩沼さんというその方と板橋禅師さんとの対話本。
自分としてはめずらしくすぐに本を開く。
そして一気に7割ほどを読み終えて、翌日
すべてを読ませていただいた。
19歳の若さで、すべての方がそうであるように
導かれる人生へと船出していった若者の
目指す先は修験道の極致である千日回峰行と
四無行(寝ない、食べない、伏せない、飲まない)。
高野山、金峯寺での行生活が待っていた。

“気づき” の続きを読む