人と人とが発酵する空間場  アボットキニー MOON CLUB 名古屋栄

平成7年ですから、今から23年前ボリビアへの研修旅行の初の打ち合わせに向かう新幹線車中でのことでした。

知花俊彦さんの弟さんが当時横浜の駅近くで旅行社を経営されていました。その場所へと向かう車中でひとつのお出逢いがありました。私たちはお腹が空いていて当時まだ新幹線内に食堂車がありましたのでそこに出向きました。その一つのテーブルにこちらが先に座っていた記憶ですが、逆かもしれません。同席をお願いされたのかこちらがしたのかわかりませんが一人の女性Sさんとご一緒させていただきました。

純粋な心をその方に感じました。その後さまざまな交流が6年ほど続きました。そして自然にお会いできなくなって17年くらいが経過し、つい数日前他のお人を通じて「お会いしたい」と連絡がありました。そして再会をしたのが「アボットキニー」というお店というか空間でした。それは名古屋栄のナディアパークの北真ん前の場所でした。聞けば大繁盛のハンバーガーショップを突然に閉めて新しい場作りにオーナーがしたとのことでした。

やりとりしたメールの一部です。その英語教師Sさんからのメールです。

“人と人とが発酵する空間場  アボットキニー MOON CLUB 名古屋栄” の続きを読む