ラマナ・マハリシの教え「私は誰か」 23 解脱を願う者にとって、本を読む・・

23・解脱を願う者にとって、本を読むことは
どんな価値があるのでしょうか?

 すべての聖典は、解脱を得るためには
心を静かに保たねばならないと説いている。
だから、全ての聖典の結論は、心を静かに
保つべしということである。
ひとたびこのことが理解されるなら、際限もなく
本を読む必要は何もない。
心を静めるために、人はただ自分自身の内に
自己とは何かと問いつづけるべきである。
聖典を読むことによっては、この探求はできない。

人は自分自身の智慧の眼で、自身の自己を
知らねばならない。

自己は五つの覆いの内側にあるが、書物はその外にある。
自己は、五つの覆いをはぎ取ることによって
探求されるべきものだから、それを書物の
中に求めることの愚かしさは、言うまでもない。
やがて、彼が勉強したすべてのことを忘れ
去らなくてはならないときが来るだろう。

※五つの覆い

五つの感覚機能、視覚、臭覚、聴覚、
味覚、触覚のこと。