すべての病は心の病である

「すべての病は 心の病である」

身体が病気の人の原因は心だと聞く。

だがしかし心の病の人はどうなんだろう。
心の病の人も、身体の病の人も
すべての原因が心だとしたら、
心の病の人は、その病んだ心をどう
変更することができるのだろう。

この簡単な問いに答えられず、長い期間
さまざまを試した。
“すべての病は心の病である” の続きを読む

あげなさい

はがき道の坂田さんは、複写はがきの控えとか
ご著書とか、森信三さんの御本ほかの自身の
推薦本を販売されています。

全国での講演が主たる活動ですが、
その中では複写はがきの勧めを
積極的にされています。

はがきを複写にしますと、青い複写のおはがきが
お相手に届きます。
“あげなさい” の続きを読む

この世は影

「すべての外的なものごとは、すでになされた決断の影
決断を変えればその影は変わらずにはいられない」

ものごとを自身が作り上げた「自己」で判断した結果が
現象という影でしょうか。

その影の中に赦せない相手が登場します。
「正気は一人では達成できない」のでお相手は
正気に戻るための大切なお方です。
“この世は影” の続きを読む

目と耳と知識と

「耳は翻訳するのであって、聞くことはしない。
目は再現するのであって、見ることはしない。
耳も目もココロの決断に答えている。」

判断ができない幼いうちはただ目にするものを
おもしろいのかさわったり、なめたりする。
危険を知らない。
それを親にたしなめられたりして、見ているものを
判断していく。
“目と耳と知識と” の続きを読む

伊路波いちばで 一番人気の記事 焼塩の効能

焼き塩(塩を無水エタノールで焼いたもの 木灰でも同じです)

★灰や焼き塩を水に混ぜて 農薬入り野菜を10分~30分つけると農薬が灰や塩と中和して0になります。
お風呂に入れると体内に入った毒素を中和してくれる。喘息にもいいです。
★一トンの水に 焼き塩を1グラム入れて 農地に噴霧すると虫がきません。
★飲み水に 焼き塩を1リットルに1グラム入れておくと 3年くらい腐りません。(薬を中和してくれる)
★焼き塩入りの水は羊水と同じ。
★焼き塩入りの水は電子水に同じ。手動か自動かの差。
★ごはんたきに少しの焼き塩を入れれば 素晴らしい体づくりができる。

あるお方は胃がんを手術なし投薬なしで
この焼き塩水のみでなくしています。

吸引力の凄さです。

泥棒さん

ちょっと恥ずかしいお話ですが お話しさせてください。

まだ中川区に本社があったころのお話です。

当時の過去数年前にも幾度かあったのですが、
久しぶりに泥棒さんが会社の事務所に入りました。

玄関のドアガラスをわって、ドアノブをまわして入る簡単な方法です。
深夜には誰も通らず、しかも本道から一本入った細い道の
すぐわきにある本社ですから入りやすいのでしょう。

“泥棒さん” の続きを読む

赦し

「どこまで行ったらいいんだろう。」

何度かそのように思う機会を与えられました。
生かされているうちは、きっといつも何度でも
(どこかの歌みたい)
そのような気持ちが湧き上がるのでしょう。

もう疲れたと思ったら、すでに体を横たえる
時期が近付いているのかも知れません。

「誰も自分一人では正気を見出すことはない」
“赦し” の続きを読む

無垢性への回帰

「誰が自らの失われた無垢性を嘆くため以外に
涙を流したりするだろう」  奇跡講座

もうすぐ2歳になろうとしている孫娘を
見ているとそのことがよく理解できます。

誰でも生まれて来た時は完全な無垢性を持っています。
一歳半くらいまではその無垢性が溢れています。
“無垢性への回帰” の続きを読む

身体の変調体験~気づきの世界観

はずかしい病の遍歴を吐露させていただくことを
お許しください。

もともと病気は実相世界にはありません。

この世界では、病気が自分を選んでくれました。

放蕩息子である身にもっと錯覚せよと
呼びかけるかのように、肉体に変調をおこさせる
ある力があります。

自我です。
“身体の変調体験~気づきの世界観” の続きを読む

無生死の世界

17年前になるのでしょうか。
京都の「ままごときゃら」さんという。マンションの
一室でランチ、ディナー共に一組のみにお料理を
提供するお店がありました。

そのお店の料理人は天才のM女史でした。

是非にそのお料理を味わっていただきたく思い、
名古屋や全国の知人の多くの方を京都にご案内
させていただきました。

「はさめず」というおいしいお醤油を知ったのも
そのお店でした。
“無生死の世界” の続きを読む