変わらないことの幸せ 変わることの喜び

たくさんの経験体験をさせていただいた人生です。

この3月から始まっためまぐるしい数々の出来事がありました。
その一つひとつの体験が終わらないうちにまた新しい出来事が
重なるのです。
激しすぎるのです。

人生のこの時点で・・・・。
なんでこのようなことが続くんだろうと思ってしまいました。

ある方には「この6月までには隠されていたことが全部明らかになって、
7月からは大繁盛です。」なんていわれましたが、
何が大繁盛なのか・・・。

先日Rさんのお話会に参加させていただきました。
Rさんは最近頻繁に「冠之会」に参加されます。
一生懸命にベビーリーフの栽培に集中が続いた何ヶ月の後、
Rさんがベビーリーフに質問をすると答えが返ってくる
ようになりました。

その中の答えの一つです。

人生でさまざまな痛いような体験って人にとって
どういう意味があるのか。

「それは次のステージに移るためのもの」

思わずうなずきました。

それならば大きな痛みほど大きなステージの
変化があるってこと?
そう感じました。

たしかにこの数ヶ月の変化。
痛みどころか、激痛です。
ただからだのことではないですが。

それに見合う大きなステージの変化が来そうです。

めまぐるしく動き回っているうちに、さまざまな新しいお人との
出逢いがありました。
その縁がまた新しい縁をよびました。

幼い頃からの疑問。
40歳を過ぎた頃から学んださまざまな偉人の教え。
そして長いお付き合いとなった飯島さんの実践の姿。
この世の実相。

そしてこの世界の真理、人間の生への問い。

あらゆるものが繋がってきました。

川原さんからのおはがきに
「誠を拝む心に・・・」と一節があって、社員さんと歩んできた
会社の勝手な社是「誠拝」との一致に驚きました。

出来ていないことばかりの小さな身に「誠」の意味が降って来ました。

「誠」 言葉のとおりに 成る。

真理がここにも問いかけてきました。

あまりに激しい変化をすれば日常の変化が無いことを幸せに感じ。

同じ環境や食や立場や人間関係ばかりでまったく変化がないと、
新しい出逢いや体験が変化の喜びを与えてくれます。

人間は無限になつかしく かわいく 嬉しいものです。

大山白山神社  湧き上がるもの

それを望んであちらこちらを訪ね歩きました。
それでも長い間に得られないことを幾度も体験し、あきらめていました。

突然にお人の導きによってそれをいただきました。
その場所は美濃白川の大山白山神社でした。
十和田神社での最後の体験から16年の時が過ぎていました。
人は決して一度きりの生ではないと確信をすることはありませんか。?

ある人の初めてのご縁で、初めてでありながら出会いに涙を伴うこと。

またある場所に行ってある地点に立った時に突然におとずれる霊的なふるえ。
そして始めての出逢いで結婚を意識する「一目ぼれ」、などなど。

人生の醍醐味ともいえるこのような体験がヒトとして生へのなつかしさを
思い起こさせます。

同時にお導きいただいたご縁の方とのまた不思議な絆にも感謝が溢れるのです。

そして人生でお会いできるすべての方々のご縁にもひれ伏すのです。

心が震えるということ

幾年か年齢を重ねて参りますと、心が震えるような体験やお出逢いは少なくなってくるようです。ですからそのような体験が大変に貴重にも思えてくるのです。昨年5月に始めてご縁をいただいた尾道の川原作太郎様の詩「潮騒」が世に出ました。 ご紹介させていただきます。

発行 えにしや 電話 025-283-1700 ファックス 025-284-3784 500円

 

テネモスミーティング名古屋 3月3日 その5

Yさん:黒い紙に曼荼羅を書く。線と丸を適当に描いて色をつけていく。直感でやっていく。一本いれるだけで、色をつけるだけで異なる。アイブックコンピューターの修理を見積もっていただいて32400円かかるといわれた。15分の所要時間の予定が30分かかった。偉い人が出てきて、申し訳ないのでただでしてくださった。どんでん返しで無料になって、無料の道があると知った。

Aさん:長寿のわけ。山の中で隣に行くのに坂が在る村人。坂があるといい。小牧山の入り口付近の急な坂を行ったり来たりで4キロメートルくらい歩く。階段も良さそう。運動不足で明日の裏に脂肪の塊。立ち仕事でむくみがち。マッサージで固まりがとれた。運動不足が原因。

釘本さん:山根麻衣さんは愛に溢れている人。ラジオで言っていた言葉。「伝えたいとか感じて欲しいとかは思っていない人」「自分の魂に向かって歌っている」「ただ歌う場合、感情を込めて歌う場合、そして魂に向かって歌う場合」3通りで歌って其の違いがわかった。

鍋島久仁子さん、あかぺらハーモニー。聞くことが大切。合わせて歌おうと思ったらだめ。聞くことが自分の魂に向かっている。みんなが聞くことで純粋な魂が響きあう。

バイブレーション

4月1日、浜松ホトニクスの晝間輝夫さんの訃報記事を見ました。カミオカンデでのノーベル賞受賞の陰の貢献者としてよく知られています。

晝間輝夫さんの著書から、不明だったさまざまなことがわかりました。

「光は物質の糊である」晝間さんの言葉です。

物質に何らかの圧がかかると、電子が動き、元の位置に戻ろうとする時にエネルギーを発する。それが光といわれました。そして今だにだれも電子の形を発見していないのは一つの電子を守るかのように、さまざまな光がびっしりと電子を覆っているからのようです。

ピッコロが何故痛みを和らげるのか。気功が何故人体に影響を与えるのか。そして遠隔の意識さえもが地球の裏側の物質に影響を与える理由とは何か。すべては説明のつく晝間さんの言葉群です。

晝間輝夫さん、ありがとうございました。

以前どなたかにお送りしたメールが残っていました。

時代の夢

2016年ですから二年前の三月1日に飯島さんは肉体を脱ぎました。飯島さんにお会いできたきっかけは23年前のこと。それはある日本国民の再生を考える学習グループの卒業海外研修旅行でした。

所属する1グループでは目的地をイスラエルかボリビアかの選択となりました。そして多数決でボリビアに行くことになりました。目的はボリビアに住む日本社会の方々、主に沖縄出身の人々やボリビヤの人々との意識の繋がったネットワークを築くことでした。サンタクルスというボリビア第二の都市への訪問でした。

決定を受けて、かねてより着想していた長野県清里に住む知花敏彦先生を同士とともにご訪問しました。そしてボリビアの人々への橋渡しをお願いしました。先生にはご快諾をいただきました。 “時代の夢” の続きを読む

九度目のあんでるせん

平成5年ですから25年前、長崎県JR川棚駅前のマジックパーラーあんでるせんさんのことを知りました。津の赤塚さん経由と記憶しています。

実は最初に来店するきっかけはちょっと不思議だったんです。川棚の駅前からタクシーで20分間くらい山側に行ったところに波佐見町という町があります。後に初出場で春の甲子園を優勝した波佐見高校がある町です。

“九度目のあんでるせん” の続きを読む