ある論  近代の歴史の裏面

人類は磨製石斧(石の斧)を作ることができるようになって木を切り、畑を作り、農作物を飛躍的にたくさん作れるようになりました。労働力を束ね、農産物をたくさん持つことが権力の象徴となりました。この磨製石斧が農業革命をおこす道具でした。

そして次には産業革命によって大量に製品を作ったり人間や荷物を運ぶ汽車や汽船もできました。機械技術の革新も進みました。イギリスという国がその発端となりました。産業革命の道具は蒸気(ワット)でした。そして蒸気を動かす元が木材や石炭からダム水力や石油やガス、原子力となって発展していきました。

さらに時代は進み、作った大量の品をさばく必要ができ、植民地が生まれました。多くの戦争が引き起こされて、今も続いています。

20世紀最後に時代は情報の世界へと移行していきました。集積回路の発達と低廉化によって情報革命がおきました。今現在世界のほぼどこにいても情報端末は使うことができます。神はいたるところに遍満するという「ユビキタス時代」が現実に来ています。

情報革命の道具はパソコンや携帯情報端末となり腕時計タイプのものが普及したり、小さい端末が大きく広がる端末も世の中に出てこようとしています。この情報革命によってさまざまなことがらが飛躍的にスピードアップされました。そして多くの人々が自らの望む情報をいつでも瞬時に大量に得ることができるようになりました。

また宇宙空間を飛ぶ衛星はもはや誤差一メートルで携帯情報端末の位置を特定することもできるようにしました。今後は人工知能(AI)の成長拡大が起き、物がインターネットとつながり次々に情報を分析集約していく(IOT)可能性をひろげています。人類の発展の変遷は時代時代の革命的な道具によってもたらされてきました。

石斧ー蒸気機関ー情報端末と道具は移り変わりました。産業革命時代とは明らかに人類の進展のスピードが加速されている現代になっています。一方私達をとりまく自然界もまた変化が誰の目にも明らかになってまいりました。「生まれて初めての体験」という言葉が世界各地の
多くの人々の口から聞かれるようになりました。自然界の猛威についてです。

増え続ける人口に対する食糧確保や燃料確保,鉱物資源確保のために森は爆発的に消えていっています。火を燃やし続けて水を生み、水を燃やし続けて火を生んでいます。そのことが大雨を生み、大火を生んでいるのでしょうか。大量の汚染物質が海に流れ込み、自然は海を風によって洗濯しています。台風です。

土地は薬物によって疲れ大雨や雷や竜巻を待っているかのようです。人類はぎりぎりに来ている感が湧いてまいります。この現在世界にまた過去や未来世界に共通してある人類や万物の宝は「光」。人類が今までの急速な変化をよく見て、見直し新しい革命を生み出す元はもしかしてこの「光」にあるのかもしれません。

アインシュタインの発見がもたらすその恩恵は「光電効果」の増幅となって混迷する世界に黎明の期をもたらすのでしょうか。産業革命の時代から世界が大きく変化して、強い者と弱い者、持つ者と持たざる者の差がとても大きく広がってまいりました。世界中が疲れているかに見える今、21世紀の歴史の裏面を理解し何故このようなことになっているのかのご理解に繋がるかもしれない記述がメールで送られてきました。ご参考になれば幸いです。

世界帝国から多極化へ」 田中 宇さん

メタトロンの感想

今年の7月にまるえいのMさんからお電話をいただきました。
「名古屋駅前のほんべ眼科というところで
メタトロンという機器で身体の状態を
測定してますので、行ってみて、教えてください。
私は豊田のほうで試しましたが遠いので。」
このようなお申し出がありましたのでまずその「メタトロン」という
測定器について調べました。
ほんべさんのメタトロン
メタトロン.jpg
くわしくは他の方の体験記事がここにあります。
ヘッドホンのようなものをこめかみにあてて
20分間でさまざまな周波数をだしながら身体の
800箇所の応答をみます。内部の調査です。
そして後の20分間で正常な周波数を出しで
内部の調整をします。
天下泰平さんや津の赤塚さんも紹介されています。
また上の記事では東京の内海聡さんも積極的に
使用されています。
この国では治療機器として認められてはいませんが、
製造国のロシアでは医療機器認可されています。
まず7月24日に古くには名刺交換もさせていただいていた
ほんべ眼科
さんに出向きました。
調査後感心しましたのはまず個人の考え方の癖を
言われたことです。ぴったりでした。
そして絶対に天敵となる食べ物を教えていただきました。
それから逆に食べたほうがよいものも。
全体的には健康体ですが、少し気になる箇所も
教えていただきました。
40分間で終了。
三度は検証のため伺いますと告げますと
次回予定は8月となりました。
一度目のメタトロン体験後の変化がありました。
まず三日間は夜の暑さの影響もあったのかもしれませんが、
ほとんど眠れませんでした。
その状態が三晩続いた後にはとても眠れるようになりました。
また肝臓もめちゃ強いしどこも悪いところがないですよと
「おすみつき」が出たせいもあってか、やたらに元気で調子がよいです。
ただ、今まででは感じたことがない左腰骨のあたりの
痛みが出て、すぐに消えていくような体験がありました。
隠れていたものが調整された感じでした。
お酒もよく入ります。
それが初のメタトロン体験後の肉体の変化です。
8月31日に二度目の検査をしました。
検査の結果ではとくに大きな変化もなかったようです。
ただ最初の考え方のところで「同情」が出てますよと
言われました。ま よく同情はしますので。
二度目の40分間のメタトロン体験の後は通常通り
調子がよいです。
また9月3日に低い山登りもしましたがまったく息も切れず
足も痛まずつらくなく、肉体が丈夫なことに感謝しました。
三度目は二ヶ月をあけることにしてくださいと言われ、
10月の末となりました。
三度目の体験後の様子を見まして、再びご報告を
させていただきます。

伊路波村だより170330号 春

春の風が嬉しいですね。
いつもありがとうございます。
遠くからSOSが来たり、
突然にお誘いがあったり、
そのついでに遠方ですけれど近くのあの人に
会いたいと思ったりして、次々に現実になりました。
激しい動きについていけないのか、肉体が
ブレーキをかけてくれて、ほんとうに久々に
風邪というものをひきました。
それでも熱も出ず、鼻と咳で長い間の持ち物と
なりました。
その状態も、もうすぐ4月と言う時に日常に
戻りそうです。
それはこれからの行動の前のしゃがみこみの
状態のようにも感じます。
そうですジャンプです。
大阪京都、東京品川に二度、そして岡山広島と
西に東に駆け抜けたこの2ヶ月間です。
すべてに意味のある現象が教えてくれたことは
次の時代に中心に置くことがらのようでした。
それはエネルギーのこと。
再生可能で、危険なそして地球を汚すものに寄らない
エネルギーはこれからの世代に必要とされるものと
感じました。
情報革命の次は感性革命でしょうか。
          
☆ 広島の坂田さんご夫妻が、恩人である森信三先生の
供養塔をこの名古屋の地に建てるべく活動中で、
-全国の森先生に縁のある方々に話しかけて見えます。
供養塔の完成はこの5月27日前です。
5月27日には気晴亭さんでお祝いの集いがあるようです。

“伊路波村だより170330号 春” の続きを読む

小学校でのプログラミングについて・・・Kさんから

冠之会やテネモスミーティングでの
お仲間の塚本さんからメールをいただいています。
プログラミングについてのことのようですが、
ご参考になれば幸いです。
以下 Kさんからのメールです。
今回、下記のようにイベントをご用意しました。
理由は、2020年から小学校でプログラミングが導入されることが閣議決定されました。現場の先生方はプログラミングは苦手です。そこを考えて少しでも自分が社会貢献できることはなにか、この情報格差の時代でどのうように役に立てるかを考えてみました。そこで、自分のできるデジタルディバイド(情報格差)を緩和するために、ボランティア活動をしようと思いました。
もしご賛同いただけましたら、ぜひとも いろは村のwebサイトでもご紹介いただけました、うれしく思います。
web掲載希望内容は以下です。
***********************************************************************************
稲沢でICT情報工房というコミュニティを作っています。一宮市市民活動支援センターや稲沢市市民活動支援センターでも団体登録しています。
2020年から小学校でプログラミングが導入されることが閣議決定されたのを受けて子供も教師も誰でも理解できるものはないか、色々なソフトを試してみました。そこで、仕事でも趣味でも楽しめる小学校でも役立つソフトを東京でみつけてきました。
数回東京へ足を運んで学んできましたところ、今回、瀬戸市の市民活動をしている学び場クリエイターSetoの会の依頼を受けて3月26日に行われます「デジタルワークショップギャザリング」でプログラムを教えることになりました。そのため、私が最近とても気にいっている白板ソフトをご紹介したところ、本格的にやってほしいということでわざわざ東京から開発者と元 松下幸之助財団で講師をされていた先生やプログラムを小学校で専門におしえている先生を及びすることになりました。
もし、よかったら下記の講習をしますのでご参加されませんでしょうかとメールを送らさせていただきます。

“小学校でのプログラミングについて・・・Kさんから” の続きを読む