「寒 露」

!cid_002a01c4ad2e$5e392240$0200a8c0@yourujoyoies1m.jpg
野山に出て朱い実を
見つけると無性に採りたくなる
秋を彩る黄・朱・青・紫
その輝きは季節の
メッセンジャーです
地の人もとらない観賞用
この実の中にいっぱいの
福が詰まっている
小さな冒険の獲物は
からすうり三ヶ!
メッセージ/書画 落合勲

人間の願い

人間の願いはその人の環境によって
まちまちなのだろうか。
毎日食べるものもなく、飢えに苦しむ者は
安定した食べ物を求める。
戦争状態の地域では、なによりいのちの
安全が願いだろう。
平和が長く続いているこの国の人々の
願いはなんだろう。
健康で幸いな日々だろうか。

“人間の願い” の続きを読む

人生は劇場

人生は劇場のようなもの。
このごろそんなことを確信させるできごとが
続いている。
昨日も四日市読書会でごいっしょするIさんに
町内の山車庫前でバッタリ。
チョット気になってこちらの方面の道を選んだだけなのに。
逢えそうもない場所でのお出会いほど嬉しいものはない。
この9月3日夜、18歳まで住んでいた名古屋の
場所近くで、およそ40年ぶりに道の途中で
お会いした女性がいた。
幼馴染のみっちゃんだった。
その日から1ヶ月もたたないうちに、友人のお父さんの
葬儀場で、再びみっちゃんに出会うことになる。

“人生は劇場” の続きを読む

日本一の富士山5合目へ!筧初代王者に

富士スバルラインの坂道を必死にペダルを踏む選手(撮影・柴田隆二)
<自転車:第1回Mt.富士ヒルクライム> ◇26日・山梨県富士北麓公園~山梨県側富士山五合目(アスリートクラス25キロ&その他23・3キロ)◇男女10種目◇出走2573人・完走2107人(オープン参加含む)◇午前7時スタート◇曇り◇16・9度◇北北東の風0・5 メートル◇主催 Mt.富士ヒルクライム大会実行委員会◇後援 日刊スポーツ新聞社ほか

 標高差1270メートル、最大こう配約8%の富士スバルラインを登り詰める初の大会をアスリートクラス男子(距離25キロ)にエントリーした筧(かけい)五郎(29=名古屋市)が制した。同女子(同25キロ)は斎藤磨実(27)が制覇。またプロ選手が参考出場した招待男子では別府巧(25=愛三工業レーシング)が、同女子は唐見(からみ)実世子(30)がそれぞれ優勝した。

 派手なポーズはしない。富士山五合目のゴールに飛び込んだ筧は、満足そうに笑った。ゴール前3 キロ まで競り合ったライバルの村山利男(45=新潟・柏崎市)と握手を交わす。「プロの選手じゃないので、仕事をしながら強くなることが目標でした。日本一の山で勝てたのは最高です」と落ち着いて話した。

“日本一の富士山5合目へ!筧初代王者に” の続きを読む