神の使者から奇跡の道へ その62~代用することが不可能な唯一の感情は愛

「代用することが不可能な唯一の感情は愛」

愛ならいくらでも何度でも(笑)行けそう!と
すぐに特別な関係を連想しがちです。

ある一部や一部分が対象でなくて、
あらゆるもの、人に関して、まったく分離がない状態が
おそらく唯一の感情と言われるのでしょうか。

何も求めないもの。
選ぶことのないもの。
ただ与えるだけのもの。

奇跡とは癒しのこと。
目の前に現れた兄弟とともに奇跡を
味わいます。
相手がいないとできないこと。
そしてその相手は誰でも。

「真理は内に向かって延長するものであり、
そこでは損失と言う考えは無意味であり、
増大のみが可能」

自分自身の内側では、兄弟を完全なる愛を
もって愛しているのですから、
真理を幻想へ、無限を時間へ、生命を死へと
運んでしまった、その一つの誤りだけが
私たちの犯した誤りのすべてのようです。

奇跡は分離のない愛へと導き、それを癒しと
呼んでもいいのでしょうか。

全てへの赦しがその道となるようです。

「代用することが不可能な唯一の感情は愛」

ガリラヤ湖の153匹の魚  再録

ガリラヤ湖の153匹の魚
イエス様三度目の復活の場面。
ガリラヤ湖で網にかかった153匹の魚の意味を考える。

三で割れる数字の中で唯一の数の意味を勝手に理解。
全自然数の3分の一である3で割り切れる数の中の
唯一の特徴を持つ数である153。
これしかない。

父と子と聖霊の三位一体。
その三位一体の唯一の数とは、一人一人。
すなわち貴方様。?
一人一人が分離感をなくすようにとイエス様が数霊に込めた気がいたします。

ゼカリヤ書13・8-9

⑧全地はこうなるー主の言葉-
三分の二は死に絶え、三分の一がそこに残る。

⑨わたしはその三分の一を火の中に入れ、銀を精錬するように彼らを精錬し、金を試すように彼らを試す。彼はわたしの名を呼び、わたしは彼に答える。
わたしは言う、「これはわたしの民」。
そして彼は言う、「主こそわたしの神」。

ほとんど死んでいるかのように生かされる人々で
満ちている現代という時。
三分の一が分離感を解き放ち生かされた者と
なるかのようなイエス様の預言です。

こちらは現代のキリスト教とは無関係ですが。
イエス様の言葉は別次元と感じさせます。

名古屋ー豊田ー飯田と続く飯田街道
豊田ー飯田は国道153号線。
田ー田の「田田交産」新しい力を生み出すこと。

そして中部日本放送は1053キロヘルツの周波数。

日本の真ん中の不思議な数霊を思います。

数霊の遊びですが。

まさか、今。?

奥の院通信 「ネサラ・ゲサラ」 210205

https://okunoin.fc2.net/blog-entry-467.html

ネサラ・ゲサラ

 ネサラ(NESARA)・ゲサラ(GESARA)が実現する可能性が出てきている。そこで、その内容を書いておくことにする)。これが実現すれば、人類は奥の院の支配から脱したことになる。そうなれば、この奥の院通信も書く必要がなくなる。

 (なお、(ネ)はNational Economic  (サ)はStabilization (ラは)Reformation Act (ゲ)Global Economic (サ)Security and(ラ) Recovery Actである)。

 内容は以下の通りである。ちょっと分かりにくい部分もあるが、それはこれから説明がなされることになると思う。また、これはアメリカ合衆国についてのものである。だから、我々日本人にとっては分かりにくい部分がある。そして日本など、アメリカ合衆国以外の国については、ゲサラ(GESARA)で順番としてその次となる。時期は少し遅れてのこととなる。しかし、詳細発表は前もってなされるという。この場合には、現在、世界各国に存在するディープステートはなくなる。

ネサラ(NESARA)・ゲサラ(GESARA)の20項目

1. 違法な銀行および政府による活動に由来する、全てのクレジットカード、抵当、銀行債務は取り消される。多くはこれを、”ヨベル/大赦”、あるいは完全な債務免除と呼んでいる。
“奥の院通信 「ネサラ・ゲサラ」 210205” の続きを読む

「永 遠」

今を見て

悲しまないでください
恐れないでください

わたしが出逢った お父さん お母さん
しっかり生きているので 安心なさってください

わたしが出逢った 娘よ いまも元気だから
安らかにしていてください

今度の旅で出逢った 友だちよ
君のことは 決して忘れないから また逢おうね

決して忘れないから

わたしを地上に出した わたくしよ
あなたに与えられたことは
与えることが叶ったので
どうぞ平安にいてください

今もまだ 旅は続いています

そしてこれからも

永遠に・・・

現実を知る奇跡  自分が自分で自分する 1月30日

2228「現実を知る奇跡2」2021.1.30
さて、これまでの『青森講演会序文』を今一度、読んでいただきたい。

―――――――――――――――

第①回タイトル 『ひとりの意識は世界を変えられる』

【序文】

 東北最奥の地「青森」は、かつて縄文文化の中心だった。さまざまな種族、民族が付かず離れず暮らしていた。

今から2200年ほど前、秦の始皇帝の命を受けた徐福がこの列島にやってきた瞬間から「弥生時代」となった。弥生は後に「大和王権」を形成し、この列島を侵略していった。東北はかつて蝦夷の英雄アテルイらによって「日高見国」として、平穏な暮らしを送っていた。
“現実を知る奇跡  自分が自分で自分する 1月30日” の続きを読む

自分で自分を自分する 1月29日

2227「現実を知る奇跡1」2021.1.29
 今回は青森で澤野大樹さんの講演会を主催している小野さんのブログ「宇宙の中心で愛を叫ぶ」の2021年1月23日の記事を2回に分けて紹介します。

https://ameblo.jp/riyanmichaki/entry-12651911362.html

全人類の解放 虚構を通じて現実を知る奇跡 2021-01-23

みなさん、こんにちは。澤野大樹氏青森講演会主催 小野裕美子です。

国内のみならず世界中が毎日、衝撃濃厚コンテンツてんこ盛りで、追いつけないくらいの出来事の嵐です。中でも注目すべきなのは、米国の行方、なのではないでしょうか。現地でトランプ大統領を追っている日本人の方が、主要情報を日々翻訳されて、状況を発信されてますよね。メディアは茶番ばかりを提供しているので、じつにありがたいことです。頭が下がる思いでございます。

トランプ陣営が出される情報にも、私たちに「気づいて欲しい」と言わんばかりのメッセージが込められていますよね。
“自分で自分を自分する 1月29日” の続きを読む

どこまで人は許せるか

ICLOUDに入っていた、もう20年来の
魂の友人M女史からのメールを四日後に開きました。
どこに入っていたのかがわからなかったのです。

ジャストナウが信条なのに、なんとおろかな。(笑)

彼女にしてはめずらしく大変に長い、心の底からの
最近を伝える深いお言葉に接し、何度も繰り返し
読んでしまいました。

「一日一話、読めば・・・」の中の7月31日の文章、
「どこまで人は許せるか」に震撼としました。


“どこまで人は許せるか” の続きを読む