感じるものこそ 030225

「感じるものこそ大切です」
人生のあらゆるシーンを体験する私たち。
さまざまなことに心を動かされ、行動する。
仕事でのこと、集いでのこと、映画、演劇、コンサート。
そしてさまざまな方のお話。
感動が起きた時、人は行動に移す。
けれども感動がうすれるころ、人は離れる。
そして次のステージへ。

“感じるものこそ 030225” の続きを読む

人 生  030218

2003年2月18日 記
4人兄弟の貧乏な家に生まれ、54年を数えた。
若き日に今の状況は想像すらできなかった。
名古屋の鶴舞公園の近くにあるサッポロビールの工場の
長い長い塀をみて、幼い頃に、お城のような家を
建てようとなぜか思った。そしてそれはいい悪いは別にしても
叶った。それが39歳のこと。月日は30年が経過していた。
なぜか土木工学を学び、4年間高速道路工事に従事した。

“人 生  030218” の続きを読む

かすかに道が  030204

2003年2月4日 記
2月4日。西暦では2003年にすでになっいる。
皇紀は2663年が始まった。
明治政府は太陰暦を捨て、西暦に習った。
「脱亜入欧」
日本人は古代から連綿と続く季節感を失った。
日本人は人マネも上手だが、独創力もある。
黒船を見て軍艦を作った。
種子島ではみようみまねで鉄砲を作り、
当時のそれはナポレオンの武器よりも弾が遠くへ飛ぶ
世界一の性能をもっていた。

“かすかに道が  030204” の続きを読む

生命の実相  030122

ありがとうむらの坂田 彰様からメールをいただいた。
たくさんの文章の添付がされていた。
プリントアウトして今すべて読み終えた。
Download file
何度も目頭が熱くなった。
谷口雅治さんが創始された「成長の家」の方たちの体験が
記された文章である。

“生命の実相  030122” の続きを読む

誉められるうちは 030113

「誉められるうちは まだまだ」
「もしかしたら 天皇家の園遊会にも でとったかもしれんな」
はがき道の坂田先生はそう言った。
以前、はがきを広めた人として、郵政大臣から表彰の知らせが
あった。それを辞退した坂田先生。
「そもそも表彰を受けるような人間では まだまだなんだよ。」
「表彰の知らせがあるようでは まだまだ なんじゃ。」

“誉められるうちは 030113” の続きを読む

愛の中へ~バラさんありがとう~

この10日間は物凄かった。
なかなか、今もボーッとしてる。
バラさんから頂いたパソコンの調子が
おかしくなってから、ずっとバラさんがいた
それまでの10日間だった。
10日タカオがバラさんと会った。
それまで時々二人だけでデートしてたように。
タカオを息子のように感じてたんだろうか。

“愛の中へ~バラさんありがとう~” の続きを読む

国家破産 その2 ~元気アップ村 村長の部屋~

「国家破産」 その2
5.日本再占領
今はアメリカによる第2次占領時代。国家破産を目前に控え小泉政権は日本国民のためにアメリカ追随に走っている
わけではなくおそらくポーズで自分達の延命に為だ。腐敗した国家でアメリカの言いなりになった国は、これまでほとんど国家破産してきた。いまのシステムとを放置したままでは国家破産は避けられず、それ以降はアメリカの完全な経済植民地になり、日本の再占領だ。

“国家破産 その2 ~元気アップ村 村長の部屋~” の続きを読む

国家破産 その1 ~元気アップ村 村長の部屋~

「国家破産」その1   ~元気アップ村 村長の部屋
白峰由鵬先生から「国家破産 以後の世界」(藤井巌喜著 光文社)の内容を皆さんに紹介するようにとの指示を頂きました。
藤井巌喜さんは1952年生まれの国際問題アナリスト。77年早稲田大学政経学部政治学科卒業、同年から85年までアメリカ留学。クレアモント大学政治学部大学院修士を経て、ハーバード大学政治学部大学院助手、同大学国際問題研究所研究員。現在、株式会社「ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン」代表取締役。何大学か客員教授をつとめ著書は多数あります。

“国家破産 その1 ~元気アップ村 村長の部屋~” の続きを読む

病院のお正月 030102

24年前30才。お正月を病院ですごした。
暮れのある日国道脇に車をとめて、6時間はねていたのだろうか。
身体に異変をかんじたので翌日病院に行った。
そしてその日医師はその場で入院を薦めた。
暮れの日に即日入院。
胃潰瘍だった。
それから20日間病院にいた。
正月、おさない子供たちとともに家族が見舞いに来た。
入院から30時間、眠り続けた。

“病院のお正月 030102” の続きを読む