ドラとプラ

5002_1.jpg
今年の夏、木曽駒カルパでプライナスが
いつものように歌った。
「ラウンドスケープ」は場所がいのちを清めるのか、
ものすごく心に迫ってきていた。
アンコールの前には
「やさいのうた」。
酔いも手伝ってもうノリノリだった。
直感は、「プライナスはこの唄ではじける」。
苦節何年だったのか。
よかったな・・・が深いところの思いだった。
この10月21日CDのリリース。
もうその前から「唄」がいのちを運んで来ていた。
今プライナスは忙しい。
再びよかったなは、今のまた感想である。
奈良でご縁のあった「NZカフェ」での庭園ライブ後、
プライナスの掲示板にお礼のコメント。
読ませていただくより先に涙がこぼれた。
理由も何もない。
ドラゴンズは名古屋に戻るだろうか。
ナゴヤドーム前のイオンライブ29日に、悲願の日本一に
なれるのだろうか。
ガンバレがんばれドラゴンズ。!!
ガンバレガンバレプライナス。!!

イベントの主催者

イベントを主催する時に、おそらく初めての場合は
特に不安がいっぱいだろう。
もしお客さんが来てくれなかったらどうしよう。
メインの人に申し訳ない。
失敗したらどうしよう。
なんていろいろ考えちゃうもの。
それでも何かが突き動かす。
だからこそイベントをするのが主催者というものだろうか。
そして終わった時のみんなの感想が、
やってよかったの感動をくれる。
特にライブなんかはそう。
ウソでない生の感激感想ほど素晴らしいプレゼントはないのかも。
イベントの主催者の不安が伝わり、
まるで葬儀の時の思いがけない
弔問者への感謝と同じくらい、
呼びかけに応じてくださった友人への感謝がわきあがる。
そしてさまざまな心の修行を超えて
だんだんと進んでいく人生。
卒業はいつなのか。

山車をかつぐ若者達

若者たちが少なくて、運営ができなかった
町内の「唐子車」が運営できる人間の門戸を学区までに
拡大して、自主運営ができるようになって15年がたった。
今年のまつりは、地祭りとなごやまつりの14-15日だった。
みんな都合があって人が潤沢に揃う時は
少ない。
昨日も貴央が笛に呼ばれたのもそう。
できる人にしかできない、スグには替われない
人材だからだ。何せ大太鼓、小太鼓、こづつみ、
笛と9人くらいは必要なところに、笛が二人、
太鼓がひとりしかいない、つつみは女の子でもOKだから
足りていたけれど。

“山車をかつぐ若者達” の続きを読む

情報コンテンツ(内容)

情報って、それを望む人のところに
届いたらまさに情報。(役に立つもの)
望まない人にとってはゴミ。(無視または無関心)
だが送り手はそれを判別することができない。
望まれる情報の確率をあげるのが、
意識の繋がったネットワークかも。
そのネットワークに向かって情報を送ることでしょうか。
当たり前ですが。
「ユーチューブ」(動画の一般投稿ネット)をグーグルが
買収した。マイクロソフトは争奪戦に負けた。
人気があって、毎日一億のヒットがあると聴く。
ある人にとってはゴミですが。(笑)
ブログって誰にも送らないけれど、
トラックバックでどこへでも行くもの。
どこへも行かず誰にも読まれないブログだったら
完全自慰行為。
それでもいいのがブログ。
だってもともとは自分日記だから。?

佐野さんの畑で
毎年恒例の芋堀。
小学生になった亮太クンも来ていた。
ちょっとおとなで、
こっちが恥ずかしい。
お腹の中にいた頃からの
知り合いの天音ちゃんと
ひびきくんも一緒だった。
同窓会みたい。
朝から畑で、蚊に血もたくさんあげた。
土はほんとに、たまにはいいです。
土木の頃はそんなこと
考えもしなかったのに。
ずいぶんと文化的に生活がなっていた。
土と言えば、街路樹の根元からのぞいて
いる程度のものしか日常にはない。
そしてプランターの土。
また来年ね、と言って別れた。
いのちがあったらね。

どうしているのでしょうか

昨日は山車の「棒締め」の日。
いつも終了後ぐったりとしてしまうのですが、
今年は元気でした。
1カ月ほど続けている、早朝のラジオ体操と、
かかと上げと、胸そらしと、手振りたいそうのおかげでしょうか。
おじさん。?(笑)
点検後、無事茶色にもどったクラウン温泉で
貴央と入浴、お誕生日おめでとう。
ブログを覗くと、今のご縁の方たちの様子がみえて、
なんだかホッとさせていただきます。
その方の日常がその方の現在を教えてくれます。
大変化か、相変わらずか。
どちらにしても人間の一生にはたくさんのことが
あって、さまざまなことにさまざまな思いが湧きます。
思いに入っているうちは、光がみえない。
光はだから感謝そのものでしょうか。
さまざまな人生の物語。
今日もみんな元気そう。
よっかたです。

コンテンツ

今年、長良川の花火をインターネット
実況中継をした、コミファ。
コミファとは中電の運営する光インターネットの
インフラとプロバイダーの名前。
今はCTC(中部テレコミュニケーション)が運営している。
ゆくゆくは東京電力のようにKDDとやはり組むのだろうか。
CTCのコンテンツは「長良川花火」なのか。
大多数が喜ぶ、イベントがもっともお客様を
呼べるものに決まってはいるが。
多くの人々が喜ぶものが・・・・・。
90%を捨て10%に生きたい。
このごろつくづくそんな風に感じてしまう。
いいえ10%でなくて、1%でもいいのだ。
喜びが人間的でなくてもいい。(笑)
こわいよ・・・。

スポーツ

立浪が泣いていた。
昨夜の広島戦のお立ち台。
「今までで一番嬉しいヒットでした・・・。」
2千4百本を越えるヒットを打ったプロ19年生の
この言葉。名球会入りも決定している。
去年サードを守っていた立浪が、自分から
外野転向を申し入れたことがあった。
体力の衰えから招くエラーの数の多さが
自らの内野からの撤退を決意させたのだろう。
そして今年は開幕からレギュラーの座をつかめなかった。

“スポーツ” の続きを読む

常滑からのお客様

お店に常滑からのお客様が訪問された。
久しぶりだし、チラッと見ただけで、
担当の社員さんとお話をされている。
「Hさんですよ。」ってほかの方から
言われて急いでご挨拶にうかがう。
27歳で始めて板金の資材販売営業の
担当になったのが常滑地区と幡豆地区だった。
もう30年も前のこと。
その頃出会った方ももう30歳年を加えた。
記憶ではお互い青年だった。

“常滑からのお客様” の続きを読む