突然に繋がってきたこと 4  振動(バイブレーション)

今まで水が活性化することが、人体や植物や
動物に影響があって、病気が治ったり、植物の成長や
動物の成長にとても大きな意味があることを感じてきました。
水の結合状態のH-O-Hの水素Hの結合を切断すれば
水の集合体である「クラスター」を細かくし、活性化した水を
作ることができます。
その活性化した水は自然界にあります。
高い滝の落ちてくる水、地下からの湧き水、山のふもとから湧いている水、
海洋深層水などがそのような水です。
また販売している水もクラスターの小さい水です。
ただ時間がたつとその水も暴れて普通の水になります。
活性化した水を物理的につくる方法としては
次のような方法があるようです。
(大阪の知人Mさんの小論文にありました。)
1.温める。
2.磁気(電気)エネルギーを与える。
3.共振(振動)エネルギーを与える。
4.水の分子をぶつける。(衝撃エネルギー)
5.特殊な鉱物(活性炭、麦飯石、人工セラミック等)を通過させる。
政木先生のものは2の磁気エネルギーです。
そしてマナウオーター(飯島さん)は4の衝撃と5の鉱物です。
また湧水の原理を人工的に採用しています。
太古の水は不明ですが、細かい水であることは確かです。
磁気エネルギーで体内の水を活性化し新陳代謝を
促進し病んだ人体を治す政木先生の機器。
マナウオーターは水というより、水の湧水原理から
水にエネルギー吸引される状態を飲むといったほうがいいかもしれません。
それと温めることはよくわかります。
温めると。細胞代謝が活性化します。
よく言われることです。
水が活性化したんですね。
がんは40℃で存在できません。
心臓は40℃で常に振動しています。
心臓ガンは聞いたことがありません。
それから蛇足ですが、年をとるとおしっこが近くなって何度も
夜中に起きて困っているというお話を聞きます。
それで一度おきると寝付かれなくて、またおしっこが・・・・。
といった話です。
おしっこが先か、眠れないのが先かを考えてみました。
人間はもう眠ろうとしますと、脳が副交感神経優位に
導き、内臓の働きを鈍くします。
ですから尿も腎臓が半分ほどしか膀胱に送らなくなります。
ですから普通は眠りましたら、朝起きるまで尿意は感じなくて、
朝起きてしばらくで「ああ、おしっこ・・・」と行動します。
年を経ますと、考えることが多くて眠れなくなる人が多いです。
ところが眠れずに(浅い眠り)いますと、交感神経が優位ですから
眠っているときよりも内臓は活発になります。
ですからおしっこにいき、また・・・・・・という循環になります。
幾度ものおしっこ行きの原因は、眠れないことに
あるのかもわかりません。
目を暖かいタオルで温めたり。アイマスクで温めますと
眠りが深くなり、尿意を感じる暇がないようなのです。
また首の後ろを温めるといいようです。
タオルなんかを首にまいて寝ますと、暑くなく寒くなくで
とてもいい感じです。
トイレ行きの原因は眠れないのが先のような気がします。
本題に戻ります。
故江本勝さんの水の結晶の実験では、クラシック音楽や
人の意識や言葉(これも一種の意識)によって水の結晶が
とてもきれいな状態になることが確認されています。
みなさんもご存知のことと思います。
また前回の水の実験のビデオでも明確になりました。
さらに植物さえ、人の声かけやクラシックを聞かせることで
成長が進むことが確認されています。
これは共振ではないでしょうか。
意識も振動です。
また人の呼吸の呼息(吐息)にも6%の水蒸気(水)が含まれます。
人の意識の状態によって、この呼息の水蒸気の状態は
変化があるのだろうかと実験した学者がいます。
あるアメリカの心理学者の方の実験です。
人の呼息をガラス管に集め液体空気で冷やします。
すると沈殿物ができます。その沈殿物の色が人の意識の状態に
よって異なったのです。
健全な方  無色
怒った方  栗色
悲しみや苦しみの方  灰色
後悔している方  淡紅色
さらに栗色の怒った人の沈殿物を水に溶かし
ネズミに注射すると数分で死にました。
人の意識が呼吸の呼気の水に影響することがはっきりとしました。
このようなことから意識が体の水を汚し、代謝を停滞させ
不調を生むこともはっきりしてきました。
「病気」と言われるわけです。
「病体」とは言いません。
また漢字は不思議です。
これで息は「自」分の心と書くことに抵抗できなくなりました。
また吐く吸うの「吐吸」でなくてなぜ「呼吸」なんだろう。
こんな疑問が湧いてきた頃、また新たな気づきがもたらされました。
ずっと前から不思議でしかたなかった「遠隔治療」の効果について
もしかして・・・・・・だろうかとの確信が湧いてきました。
長い間の疑問が、まさに溶解した瞬間でした。
いずれにしても体内体外の水を活性化させることによって
代謝の促進をしたことには変わりありません。

突然に繋がってきたこと 3 始まりのできごと

12年前 吐血下血を経験しました。
医者があまり苦手なので、昔からの伝統的な
食事療法のみとしました。
あんなに吐血したのに、医者に行かないだんなさんを見て、
家内はきっと相当な頑固者と思ったことでしょう。
だいたい薬は飲まず、検診にも25年は行ってないのですから。
それでも献身的な看病と、「太古の水」一日2リットル、
パパイヤ酵素を加えて、2ヶ月で完治しています。
もちろん政木先生の「神経波磁力線」も使いました。
もちろん病気の原因は意識ですので、その頃していた活動を
すっぱりとやめました。
おそらくやめると決めたときから快方に向かったと感じさせます。
酵素はPSなんとかで有名なものです。
「太古の水」は信じるものは・・・・ですが、12年後のこんにちでも
人気ですから、確かに効果はある水と感じます。
この「太古の水」は臨死体験3回で有名なTさんが
地球創生のときの水の状態を、その体験のときに見て、
戻ってきたときに研究を繰り返して作り出したものです。
信じたのですから助かったといってもいいのですが、
つい2年ほど前に会社の社員さんが「胃に影がある」と
相談がありましたので、同じ方法を実践してもらいました。。
やはり2~3ヶ月で影は消えています。
そのときも「何かいやなことあるの。?」と
いやな質問をしてしまいましたが。
意識が大切とも、お伝えしました。
そのような体験を二つもしていましたので、意識が原因であるとの
確信は揺らぐこともないのですが、「水」の不思議をも感じていました。
最近出されたKさんの共著本の見出しにその「太古の水」のことが
書いてありましたので、急に水についての興味が再燃してきました。
それで本を取り寄せて読ませていただきました。
彼の言葉によりますと、
「細胞の汚れは細胞内の金属イオンにつきます。
その汚れを細胞外に出すのに必要なものがあります。
ところで普通は濃度の薄いほうから濃いほうへと
浸透しますので、体液から細胞膜を通過して細胞内へと
水分と栄養は移動します。
ところが細胞の中は濃度が濃いのでどうやって汚れと水分が
濃度の薄い体液のほうへと出されるのかがわからなかった。」
このことの説明で細胞膜が三層あって、一番体液側は
体液に近い成分、二層目は純水、そして細胞に一番近い三層目は
もっと細かい超純水。その超純水は圧が高く活性化しています。
この活性化した超純水が汚れのついた金属イオンを細胞内から
運び出すようなのです。
そのような説明だったと思います。
この超純水と同じものが「太古の水」すなわち地球創生時の
気圧が現在よりも高いときに存在した水のようなのです。
細胞の三層説はちょっと?ですが、細胞内と細胞外を行き来するのに
水の道は細胞膜にはちゃんとあります。
ですから活性化した水が、汚れを細胞の外に運び出すことは
納得できることです。(細胞内に酸素、栄養素入りの体液が入り、細胞が膨圧し
細胞外に再び水と汚れを運び出す。浸透膜現象とは異なるようです。)
この水と同じようなものは、生のキャベツに多く含まれますので、
ミキサーにかけて飲むと太古の水と同じ効果が望めるようです。
病気や痛み、痺れ、コリなどはすべての不調が酸欠状態といわれます。
細胞内から汚れを引き出すことができなかったり、
内臓で浄化処理ができず体液が汚れたりしますと、臓器や
さまざまな細胞に酸素がうまく行き届かず、新陳代謝が進まないため
不思議な細胞が生まれたり、あちらこちらに痛みが出たりするのでしょうか。
とにかく「太古の水」が胃の細胞を再生させる力になりました。
吐血した年に、太古の水で自ら人体実験をしその力を実体験しました。
体の不調の元となる体液(水)の汚れは、活性した水で
浄化されます。ですが汚れを作るのが意識だとしたら、
意識が水を浄化することもできないのだろうか。
そんな素朴な疑問がわきあがりました。
その頃「ありがとう村」が多くの人々をひきつけました。
「ありがとうございます」の持つ言霊に関心がありました。
物理の世界で見えないだろうかと思いある実験をしています。
まだ病から立ち直ってすぐの動画ですが、
良かったらご覧ください。

マナウオーターがまだ名前がついていなかった頃、
「太古の水」はありました。
水道の水の内容物は変わりません。
ただ水が活性化すれば、薬物さえも無害になることが目で
確認されることでしょう。
青酸カリの入った水さえ、マナシステムやエアシステムでエネルギーを
吸引すれば無害となり、金魚は死にません。
硫酸に同じようにエネルギーチャージすれば触っても
ヤケドすることはありません。
そして何もなくとも意識がものすごいエネルギーだということも
目で見えました。
海洋深層水もルルドの水も富士山のパナジュウム水も
時間がたてば水が暴れて普通の水のようになります。
「太古の水」は一年半の時間を作成に要するようです。
しかも気圧が「固着」し、変化しない状態を作り上げることができました。
世界のすべては原子(+)と電子(-)の水です。
形の-とエネルギーの+が一体となった、霊肉一体なぜ?の世界です。
意識がなぜ水を変え、現実までもを変えるのか。
逆に意識がなぜ病気という不調を生み出すのかが
次第に明らかになってきました。
地球の裏、宇宙の果てまでに届く意識・・・・・・。
旅は続きます。

突然に繋がってきたこと 2

この動画は「神経波磁力線」の画像です。
ゼムクリップが飛び上がるくらいの磁界が発生します。

おなかにあてますと人体の水分がこの磁界の影響で
水素結合を106度に広げようとする作用を受けます。
すると通常の結合104度に戻ろうとしてエネルギーを
吸引します。これがフリーエネルギーです。
作用反作用の法則です。
「突然に繋がってきたこと 1」を書かせていただいて
12日が過ぎました。
すぐに続けて書かせていただくつもりでしたが、
あることがあってから一週間ほど人体のことについて
猛烈に学びました。
他の方から聞いただけで鵜呑みにして、いいかげんなことは書けませんので、
昔からもっとも苦手だった生物をこの時期に学ぶことになりました。
このことの不思議を同時に思いました。
そしてもっとも身近な自分の肉体の機能についてのあらましを
知ることになりました。
その勉強のきっかけを与えてくれたのは友人のMさんでした。
10日ほど前にマラソンのトレーニング中に通りかかった
会社に立ち寄ってくださいました。
汗が吹き出ていましたので、水を勧めました。
「コップに半分くらいね。」
アスリートのMさんのスポーツ流儀なのでしょう。
そういうものなんだと思いながら、どうせだったら
アグアDをととっさに思い、コップに半分注ぎました。
「変なものじゃないから、ゆっくり味わいながらね」と言葉をそえました。
そのあと5分くらいよもやま話をしたあと、Mさんは
ランニングしながら家路を戻っていきました。
15分ぐらい後に会社に突然電話がありました。
電話を取り次ぐ間「何か事故でもあったのだろうかと?でした。」
電話での会話です。
「山善さんの会社出たあと、あのコンビニのあるところあるでしょ。
そこを曲がって、家のほうに戻ってきたんだわ。
それがね脈拍がずっと110のままなんだわ。
普通絶対ないんだわ。
休んでまた走り出すと、たいてい脈拍は150まですぐにあがって
その150を維持しながら走るんだけど、ちっとも脈拍が
あがらなくてめちゃくちゃ楽なんだわあ。
そう思っとったら7分くらいで急にえらなってきた。
それから3分くらいで家に着いたんだけど、150に
脈拍は戻ったんだけどね。
ちょっと今までの体験にないことなんで、山善さんに
報告!と思ってね・・・・。」
名古屋弁ですね。(笑)
飲んだ水がそんなに早く人体に影響を与えるんだろうか。
その疑問への確認が呼吸、血流、代謝、排泄、運動に関わる
肉体の仕組みへの学びの導火線となりました。
まず飲んだ水はどうなるかです。
30秒後血液に
1分後脳と生殖器に
10分後皮膚下に
10分~20分で内臓組織に達する。
そして今出る尿は1ヶ月前の水。
ちなみに便は24時間前のもの。
重水D2O(H2Oではありません)での実験で判明しています。
でも血液に入ってそんなに早く水は細胞に達するんだろうかは、また
疑問です。
体内のおよそ5リットルの血液の体内循環速度は
一周1分です。ものすごく速いです。
そして血液は、その半分のほとんど水である血漿を持っていますので、
飲んだ水の影響を大きく受けます。
さらに水はものすごく転写(コピー)されやすいものです。
そのようなことから飲んだアグアDの中性力が飲料後瞬時に
全血液や体液に影響を与え、細胞の代謝、細胞呼吸を活発に
したものと考えられます。
水は細胞膜を通過し細胞内に入ります。
細胞内では代謝を起こし熱エネルギーを作り、二酸化炭素や乳酸を出します。
そして細胞内が膨らんで細胞外に排泄物と水を出します。
その新陳代謝を一時的に活発にできたことで、
血流をあげる脈拍の上昇がなくても楽に走ることが
できたと考えられるのです。
「上手に水を取りながら、マラソンしたら記録がでるかもね。」で
今回の騒動は幕引きとなりました。
水がなぜ病気を癒すのか。
癒すことができるのなら、また水が病気の原因にもなるのだろうか。
意識が病気を作る原因と水はどんな関係なのだろうか。
胎児の肉体の95%が水。
新生児の90%
若者の70%
老齢者の肉体の50%が水。
ほんとうはすべてが水。
人体、地球、宇宙・・・・・・・・。
つぎつぎに疑問が解けていきます。     続きます。

人の為と書いて・・・・・

ずっと気になっていたことがありました。
「人の為と書いて、偽りと書く」
この言葉です。
逆に人間はどんな時にエネルギーが湧くか、
また何のためなら喜んで我を忘れて行動できるかという問いでは
「人の役に立つこと」が一番の答えだと感じさせます。
「人の役に立つ人間になる」このことは大きな希望でもあります。
入江監督の「へそ道」という本の中に、
人のためならばものすごい勇気が湧き
行動に移せる逸話が掲載されていました。
もうすでに多くの方がご存知かもしれませんが。
アメリカでのお話です。
高層ビルディングで火事が起きました。
高層階の部屋に母と幼い息子さんが取り残されました。
ある消防士がその救出方法を考えました。
隣のビルからその部屋にはしごを渡したのです。
そして母子のいる部屋にはしごをつたって
たどり着き、息子さんを抱いて隣のビルへ戻って救出できました。
その後にお母さんにはしごをつたって早く来るように促しました。
しかしお母さんは恐怖と息子が救われた安堵でか、
もう息子が救われただけで十分、私はこのままで大丈夫と
死の覚悟を決めました。
するとその消防士は再び息子を抱いて火事の部屋に
はしごをつたって戻り、息子を置いて、自分だけ隣のビルに戻りました。
そしてお母さんに来るようにもう一度言ったのです。
お母さんは今度は逆の覚悟を決めて、恐怖と戦いながら息子を
抱いてはしごをわたりました。
このできごとのように、人のためならばやれる、勇気が出ることは
真理に近いです。ましてや自分の息子ですから。
「人の為と書いて 偽りと書く」 この場合は
自分のなしたことに、なんらかの見返りを求めるならばと
注釈が必要のようです。
なんの見返りも求めない、無償の行動は美しいです。
人間ならば誰でも困っている人を助けたい、
なるべくやさしくしたい。
誰かの役に立ちたいと思うのはごく自然なことですから。
この「へそ道」という本はたくさんのメモをしたくなる本です。
奇跡の道では赦しを続けていれば驚くべき
現実が展開されるとありますが、なかなか赦すということは
難儀なことですね。
なぜかというと「出したものが返る」法則のとおり
結果として「赦せない現実」を見ている原因は
ほかならぬ自分の意識だからです。
その意識を突然に悟ったように「赦す」という方向に
転換することは、それこそ奇跡に近いです。
それでも勇気を持って、とにかく赦し続ければ現実は
大きな変化を見せていくのですが、その第一歩が踏み出せないのです。
この「へそ道」ではその第一歩を
「お詫びとお礼」に置いています。
誰にお詫びとお礼をするのでしょうか。
それが「へそ道」です。
「へ」は船の舳先。先端。すなわち自分という魂です。
「そ」は連綿と何代にもわたってへそを通じてつながってきた
いのちの元のもとのことのようです。
自分の魂に思ってしまったことを「お詫び」すると
局面が変わってきます。お詫び続けていますと、
ありがとうという「感謝」が湧き上がってくるようになります。
誰でもがその方にしかわからない数々の体験を
自分の人生でします。
そしてさまざまな思いを心に抱きます。
他の人には言えないような悲しみや、怒り、苦労などや
深い深いトラウマを抱えながら人は生かされています。
そうした数々の思いが清らかにされていく秘訣が
「へそ道」にはあるようです。
わかりやすい方法と感じさせていただきました。
なかなか素敵な本でした。
あとがきの「この地球で違う地球を見せられる」がこの本の
すべてをものがたります。

突然に繋がってきたこと 1

「天にありては白々の雪
中空にありては瑞雲の雲
地天にありては・・・・・」
水のことです。
水の三体。気体、液体、固体。
この現実の世界があるものとして考えますと、
すべては水といえます。
HとO、すなわち水(質量)と酸素(エネルギー)。
この世界は質量とエネルギーだと知花俊彦さんは
おっしゃいました。
その物質とエネルギーが一体となったのが現実世界。
「霊肉一体なぜ」
知花さんのこのテープを何度も聞きました。
全部が水なら、水しだいでどんなようにでも変容するともいえます。
といっても変化させる力は、エネルギーですから、水のもつ
エネルギー(吸引する力)が物質を変化させるといってもいいかも
知れません。
今から21年前に政木和三博士にお会いしました。
自動扉や電気炊飯器やテレビの量産を実現した方です。
たくさんの特許を取得しましたが、何も自分のものにされず
すべてをオープンになさいました。
ですがただひとつだけオープンにしなかった特許があります。
それは「神経波磁力線」という機器にまつわる磁力線発生装置です。
神経波磁力線.jpg
何がそのころ話題になったかといいますと、ただおなかにあてているだけで、
末期のガンの方が治癒したり、重病の方が健康を取り戻したりしたからです。
その後には、ドイツでは保険適用の医療法として認められてもいます。
ですがこの日本ではまだ民間療法については厳しい時代でしたから、
違法あつかいで、一部の誇大宣伝のために医事法違反に問われました。
友人のSさんも、短期間ですが刑に服しました。
政木博士は無罪となりましたが、大きな話題となり、その機器は
製造が禁止されました。
私の体験では、生まれつきの脳障害のためにすべての認知が
不能の幼い子に反応がでました。びっくりしました。
またがん細胞が消失した例もたくさん聞きました。
痛みも軽減されることも知りました。
私のそのころの疑問は、その機器がなぜ病を治す力が
あるのだろうということでした。
水はH(水素)2個とO(酸素)1個からなる物質です。
結合状態はH-OーHのHとHが104度の結合角度です。
「神経波磁力線」はこの104度の角度を106度に磁力で
広げます。
水は自然に戻ろうとします。
106度から104度に戻ろうとして水が活性化するのです。
そのことによって不調な肉体が調和される。
そんな説明であったと思います。
そのころはただ漠然とそうなんだ、からだが活性化するから
病気が治るんだとしか思えませんでした。
その程度の理解で、20年が過ぎました。
何台もその機器を購入し、困っている方に進呈しました。
また水のことも、海洋深層水とかルルドの水とか波動水とか
たくさんのことを知りました。
波動測定器で多くのものを測定したこともあります。
ある水で胃がんの恐れのある方の胃のかげが消えてしまったこともあります。 
それでもガンが再発した方もあるようでした。
政木博士は意識の大切さをいつも説かれていました。
「他人の役に立つ人間になれ」それが政木博士の格言でした。
また水がすごいものということを知ってはいましたが、どうして
水で、どうして磁力線で、またどうしてみんなピップエレキバンとか
トルマリン石や水晶の数珠で痛みや血流や病んだ箇所が治るのかを
深く考えもせずにいました。
ふとしたことで、すべての疑問が解けていきました。
そして意識と肉体の関係もはっきりとしてきました。
                      続きます・・・・・・

現実の変化を促す赦すということ。

人間がこの世に生まれてから時間が経過しますと、
それ相応に肉体に変化が現れます。
超人的な方は別としましても、普通は髪は白くなったり、
抜け落ちたり、同じように歯が抜けたり、肉が下がったり。(笑)
内臓の肉まで下がってくるようです。
それらの肉体的な変化が少ない方ってどんな方なんでしょう。
15年ほど前ですが、髪が真っ黒でいつもニコニコしている方に
失礼ですがと、お年をたずねましたら70歳とお答えになってびっくり。
異業種交流会での知人なんですが、その方がいやな顔をするのを
見たことがありませんでした。
もしほんとうに自分にとって不都合なことがない人生だったらどうでしょうか。
不都合なことって、自分の希望や願望と反対のことですね。
それがない方って、希望や願望が少ない方といえるのかもしれません。
でも人生のあらゆるシーンで起きますね。
もしおきてしまったその不都合なことを赦せたら。
そして不都合だと思ってしまった自分の心を赦せたら、
その後の現実は現象は変化するのでしょうか。
これはやってみるしかありませんね。
毎日のように起きるかもしれない不都合なことを、
おきるたびに自分と他人を赦しまくるんです。
どんなことでもです。
やってみたらきっと驚くべき変化が現れることでしょう。
ほんとかな。?(笑)

直感

北陸高速道路の工事中に結婚しました。
およそ40年前のことです。
その当時休日は三ヶ月に一日。
毎日毎日現場のプレハブ事務所で遅くまで
仕事をしました。
終わると二階の宿舎で寝ます。
また朝が来て、早朝から仕事です。
食事、入浴、洗濯はやはりそのプレハブ内です。
日光宇都宮高速道路工事に移動して、少し休みが増えました。
それでも月に一日くらいです。
うわさに聞く他の仕事の、毎週日曜日が休みという話は
本当なのだろうかと不思議に思いました。
事情があって名古屋に家族ともども戻りました。
毎週日曜日が休みという、聖書のような仕事場は本当でした。
もうそれだけでも幸せでした。
今は都市では週休二日が普通になりました。
時代は大きく変化しました。
土木の仕事に携わったときに、ずっとはする仕事ではないと
直感しました。
そして次に建材の仕事に移りました。
その後、同業種の新しい会社を立ち上げました。
バブル期の前後、ものすごい繁栄の中で感じました。
この仕事ではない・・・・・と。
そして追い続けた直感、走り続けた直感が道を与えました。
生き生きとした世界を望み、実践すること。
できるだけ多くの方がしていて楽しい仕事を作ること。
長く続いた化学的なまた科学的なエネルギー放出型の
世界を、エネルギー吸引型に変える実践。
楽しくワクワクする道です。
誰にわからなくてもいい。
一人でいい。
そう感じさせる世界が広がっています。
人間は生まれ、老いて、苦しんで死ぬと定義されている。
そしてたくさんの出会いや別れを繰り返し、感情的に
揺さぶられながら、人間のこの世の人生を終えます。
いつそれが終わるのかわからない。
若くして無念だっただろうこの世の人生の終わりを
幼子を残して迎えなければならなかった運命の人。
知ればそれはすべて自分のことでした。
与えられた今生を、いえもしかして選択したかもしれない今生を、
できる限り自らのうちから湧き出る気持ちを頼りに生かされたいと
願います。
人生は「やらせ」のようなものかも知れませんから。

「出したものが還る」 言葉集

1.類は友を呼ぶ。 磁力は同じような磁石を引き寄せる。
2.良い悪いは関係なく「考え」に反応している。
3.思考が存在しない限り宇宙も存在しない。
4.前向きな考えは否定的な考えより何百倍も強力です。
5.あなたは自分の人生の最高傑作。
6.好きなこと、楽しいことをする。気分がいいことワクワクすること。
7.「あなたは生きながら自分自身の宇宙を創造する」 ウインストンチャーチル
8.「求める」ことがなければ現実はない。「考え」「イメージ」でいい。
9.できることを何でもやってみると、実際に引き寄せるのに役立つ。
10.宇宙はスピードを好むので積極が大切。
11.衝動、機会、直感で直ちに動くこと。それが仕事。
12.「感謝する」「想像する」
13.我々の身体は我々の考えによって作られたものです。
14.不治の病は内側から治療できることを意味する。
15.「抵抗すると持続する」 アール・ヤング
・・・・28まであります。  続きますご興味のある方はどうぞ・・・・

“「出したものが還る」 言葉集” の続きを読む