沖縄の玉城ファームにある水光べジファーム Tさんレポート

11月12日に沖縄の読谷村にある玉城ファームを訪れる機会が
ありましたので、さっそくレポートします。
玉城ファームと一般財団法人テネモス国際環境研究会のオフィスは
いっしょの事務所にあります。
オフィスにはいって、まず室内の空気がとても澄んでいることに驚きます。
なかにおおきな水光べジファームがありますので、そのまま空気清浄機です。
グリーンウェーブやロメインレタスなどの葉野菜が青々と育っていました。

2017-11-11 12.50.10.jpg
2017-11-11 12.45.47.jpg

入口脇においてあるアクアポニクス(魚の水槽を活かした水耕栽培)です。
金魚と鯉の水槽にえさをあげて養液にします。その水が循環します。
水槽にはバンブーシステム変形版が設置されていて、吸引サイクルにしています。
魚のえさ以外になにも入れてないですが、ごらんのように元気に育っています。
写真のグリーンウェーブ食べてみました。
もちろん、うちのよりも、シャキシャキでおいしかったです。

2017-11-11 12.43.33.jpg

伊路波いちばのオフィスにも、お手製のちいさな水耕実験ラックがありますが、
一般的に手にはいるものを組み合わせてつくっていますので
最適化はできていないです。
水光べジファームのは、苗を生けるちいさなポットにしても、
ポットを植えこむ発泡スチロールの板にしても、LEDライトにしても、
実際の栽培に最適になるように設計されています。
次にでっかいべジファーム。

2017-11-11 12.45.14.jpg
2017-11-11 12.39.04.jpg
2017-11-11 12.38.16.jpg

でっかすぎて、部分的に撮るしかなかったのですが、
定期的に水位が満ちたり干上がったりするしくみで、
よく水が動いています。波が押してきたり還ってきたりして、
養液のなかの根がうねるとよく育つということです。
この水位があがったりさがったりするしくみが
水光べジファームの必殺技だということです。
もちろん、タンクの養液にはバンブーシステムです。
気温差をつけたり、送風したり、さまざな独自の工夫を
玉城ファームの真悟くんがしているのが伝わってきました。
そして、べジファームのしくみがなるべくシンプルになるように
メンテナンス面でも費用面でもいい製品になるようにと、
供給元のオルカビジョンさんが努力してみえるそうです。
沖縄にいかれたときには、訪問されると新しい発見があるかもしれません。
また、テネモス商品もおなじオフィスで販売しています。

玉城ファーム(フェイスブックもあります。)
沖縄県読谷村字長浜1819-3  ※那覇から車で1時間
TEL.090-5730-9586

小松菜に天照石で変化が

事務所の二段の小松菜の下段のみに九州祖母山の天照石を底に少しひきました。下段のほうが上の段のものより成長が遅かったからです。

5日後の今日月曜日に見てみますと、下段の小松菜が上の段の生長を飛び越えていました。石の無機ミネラルが圧を上げるにきっかけとなり生長が早まったようです。

これが上の段の今朝 (石なし)
四日後上.jpg
2017-11-14 17.09.16.jpg

そして下の段の今朝です。(石あり)
四日後下.jpg
2017-11-14 17.09.34.jpg

5日前の全体写真です。下のほうが成長が遅れています。
事務所二週間 天照石.jpg

そして今朝の全体写真です。下のほうが成長が早くなり、上を追い越しました。
五日後.jpg

明らかに下段の生育スピードが加速しています。
そしてその根は三つが繋がっています。

天然の無機ミネラルが空気振動によって圧の上昇を促し水耕の水の圧を高め、植物の生育を促進させたと考えられます。

もともとは化学合成の無機ミネラルのハイポニカ液を上にも下にも添加していましたが、同じ条件でも、空気振動の状態や光の具合でも生育が異なることがわかります。

また同じミネラルでも天燃ミネラルは効果が高いこともわかりました。
上段の根は水中を下の方に伸びただけで、繋がってはいません。
あとは味でしょうか。

楽しみはあと2~3週間後に訪れます。

水耕栽培のその後

二週を迎えた事務所の二段の小松菜です。
小松菜二週.jpg
下段の成長が少し上の段に比べて遅いので
下段のみに九州祖母山の天照石の5ミリ程度の
ものを底にひきました。(ミネラル添加)
植物の根の先には特殊な機能があって
無機ミネラルを有機ミネラルに変化させ
植物の生長をさせることができるようです。
(「自然は脈動する」より ヴィクトル・シャウベルガー)
天照石.jpg
ビルの二階の小松菜は第七世代で9週を
過ぎてもとても元気です。
ライトの赤外線と紫外線が生長のスピードを
早めています。
第七世代の小松菜.jpg

来年のテネモスミーティング名古屋 1月20日

テネモスミーティング名古屋開催のご案内
平成30年 1月20日(土)  午前10時~12時
場 所:  山善ビル二階  名古屋市中村区名駅南一丁目10番9号
参加費用:  無料
お申し込み:  山田まで  masataka89@iroha.ws
今回も一般財団 テネモス国際環境研究会の
釘本ひろみ 理事長さんに参加いただきます。
来年は新しいさまざまな開発による動きが発表されるかも
しれません、楽しみなことです。
☆前もってお申し込みいただけると準備の都合上ありがたいです。
 急に集いに出かけたくなったり、初めてだけど大丈夫だろうかと
 思われたりしたときは、どうぞご遠慮なくお出かけください。
 十分な席がございますので。
 目的はテネモス流に実践できるきっかけを得ていただくことです。
 ただ それだけです。そしてその結果をお話願えればみなさんの
 動機付けになります。
 何もお話がなくてもかまいません。
 お待ち申し上げます。

テネモスミ-ティング名古屋9月2日 レポート その3

ミーティング終了後には二つの実験というか調理結果の試食がありました。

ひとつは7年前の無農薬玄米を一晩マナ水に漬けて少し糖蜜を加えたもの。それと同じ玄米を一晩マナ水に糖蜜を少し加えてバンブーをかけたもの。
それを圧力釜で炊飯して比較しました。

ところが以前作ったときと少し様子が違って水に漬けたものでもぱさぱさとしていなくて結構おいしく炊けました。(もしかして糖蜜が効果?)

ただバンブーをかけた玄米はもち米のようにおいしくてとても7年前のお米とは思えませんでした。

みなさんの驚きの声が聞こえていました。

もうひとつはAさんが作ったカレーです。
ふつうの市販のルーを使ったものでなく、本格的なスパイスを使って、とても手間をかけて作った「箱根・・・ホテル」仕様のカレーなんです。超高級カレーでした。おいしすぎです。

以下はAさんからのメールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「本日のカレーのレシピ」市販のカレー粉を使ったり、小麦粉を使えば
(小麦粉アレルギーの人がいるといけないので)少し簡単にできますが、
ご依頼がありましたので、作った通りを書きます。

印刷用のPDFファイル

☆カレー粉の作り方。
クミンパウダー20cc、コリアンダー30cc、ターメリックパウダー10cc、
ブラックペッパー5cc、パプリカパウダー10cc、フェンネルパウダー10cc
を鍋に入れて、弱火で1分から2分、乾煎り(焙煎)します。
瓶などに入れて、約1週間熟成させるとおいしいです。
玉葱、人参、セロリ、ねぎはきれいに洗って、皮ごとバンブーにかけます。
茶色に変わります。
鶏ガラはきれいに洗って、湯をかけて、再度洗って、バンブーにかけます。

☆チキンブイヨンの作り方。
鶏がら、二羽分、水3リットルくらい。セロリ、ねぎの青い部分、
玉葱の皮、人参の皮、ローリエ2枚、ブラックペッパー30粒
鶏ガラを水から入れて、強火で煮立たせてアクをとってから、野菜を入れます。
アクを取りながら、1時間くらい煮ます。
ふたをして、1時間くらい煮て、鶏ガラをつぶします。
煮立てると汁がにごるので、時々ふたをとって、見ます。
約2時間半くらいで、初めの半量ぐらいになります。

☆あめ色玉葱の作り方。
玉葱7個は半分に切り、半分繊維に沿って、(食感が残ります)
半分繊維を断ち切りました。(溶けてカレーにとろみが残ります。小麦粉を使わない為)切り方は好みです。玉葱に油と塩を振ります。初めにすると、油が少なくて済みます。

塩を振ることで、水分が出て、短時間で炒められます。
強めの中火で、混ぜないで表面を焼きつけます。表面を平らにして、
底の玉葱が色がついたら、返すということを繰り返します。
玉葱がくずれ、とろみが出て来たら、チキンブイヨン200ccを加えて、
へらで混ぜて、少し放置して焼き色をつけます。
きつね色になったら、こまめに混ぜて、鍋底をへらでこすりながら、
焦げ付かせないようにします。焦げたら苦みがでるので、少し注意。
うっかりと場を離れて焦がしてしまいます。その時は、やりなおした方が、
いいです。カレーが苦くなります。
全体が濃い茶色になれば完成です。(約30分くらい)
味見をしても、とろりとしておいしいです。

☆カレーの作り方。
あめ色玉葱にカレー粉を加えて弱火で1、2分炒めます。
チキンブイヨンを4カップの内、半量を入れて中火にして、
煮立ったら残りのブイヨンを入れます。
(分けることで、温度が一気に下がらないので、なじみやすい)

☆牛肉の処理。
牛肉はきれいに洗います。直前に焼き塩を作り、塩でお肉をもみこみます。
バンブーにかけます。途中アクが出るので、水を替えます。
そして、きれいに拭いてから、白ワインと甘麹と一緒に、
ジプロックに入れて、寝かせました。
そのお肉の水分を再度拭きとってから、塩、こしょうをします。
フライパンに並べて、強火で表面全体に焼き色を付けます。
今日は、お肉を1キロ使いましたので、分けて炒めました。
(フライパンに重ならないように並べると焼き色が平均につきます)
そして最後にお肉全部を入れて、赤ワイン1カップを加え、
アルコール分を飛ばします。赤ワインごと、玉葱の中に入れます。
中火にして、ブルベリージャム20cc、ウスターソース10cc(好みの量)
を加えて、混ぜます。
ふたをして、極弱火で30分煮込みます。
ふたを外して、時々混ぜながら、煮立つ程度の火加減で、30分くらい煮込みます。
濃度が出てくるので、油断すると焦げてしまいます。
食塩不使用のバターを少し加えて、コクを出します。(量は好みです)
塩、こしょうで好みの味にしてください。

☆ガラムマサラの作り方。
カレーにかけてもらったのが、ガラムマサラです。
カルダモン10粒、クローブ20粒、シナモン2本分(二つに折ります)
クミン5cc、コリアンダー5cc、フェンネルパウダー5cc、ブラックペッパー5cc。
以上を鍋に入れて、弱火で2分混ぜながら、焙煎します。
焦がさないように。粗熱を取り、粉末にします。茶こしで、漉します。
市販品もありますが、ガラムマサラは作るとおいしいです。
カレー以外にも使えます。

☆手作りウスターソース。
トマトジュース 100cc、リンゴジュース(濃縮還元ではない、100%のもの)250cc
しょう油30cc、塩2.5cc、おろししょうが5cc
を入れて、強火で8分から10分、100ccになるまで煮詰めます。
ガラムマサラ2.5から5ccを加えます。
一度、スパイスを揃えて作ると季節に応じて、スパイスの量を替えて味わえます。

Aさんでした(笑)

テネモスミーティング名古屋 9月2日 レポート その2

まるえいさんの空.jpg
まるえいさん アルミテネモス風力発電機
バラマハンサヨガナンダ 「人間の永遠の探求」 輪読から
第一の方法
釘本さん:
神、微生物、光、法則という本当の宗教。
飯島さんはぶれない。全我の人。ずっと変わらずにいた。
離婚したり、最小単位の家族でもいろいろある。家族は
仲良くなるのが目的だが、けんかしたりする。
仲良くするのを前提にすると、家族がまとまってくる。
場作りで仲良くする。場作りが大切。
基本的に「仲良くなる」が吸引です。
Sさん:
瞑想は恐い理由は、悟りを開きたいが目的の場合。
耳元でささやくおばけがいる。実存は「生命」だけです。
ひとつの生命しかないということを、他とのぶつかりあいのときに
どうとらえるかが大切。
ものさしは「一つの生命」。
わかったらそれを実践するだけです。
第二の方法
釘本さん:
心の平静を保てる状態を訓練する。
0の状態。平常心でないと相手が見えない。
相手を見るために平常心でいること。
心がざわついた時に平常心でいようと思う。
中性の心に対するギャップが「執着」。
事故などを心のギャップを中和するために起こったことと
考えることができる。
人間は個性があって同じ波動はない。
「執着」、自分の執着とはなにか考えてみる。
意識すると発酵促進する。0になりやすくなる。
目の前の現象について、自分の原因を思う。
中和力が働く。
気づいたときにやること。
第三の方法
釘本さん:
神はいたるところに遍在しているが、みんな感じない。
「思ったことが現れる」 が法則、神が助けとなっている。
よいこともわるいことも法則が手助けする。
だから法則に目をむけたらいかがでしょうか。
法則に目を向け、法則にあわせた心の状態になること。
顔で笑ってもいつも心で泣いていた。
超意識へ導かれ(飯島さんがそこにいた)
超意識はものすごい幸福感とやすらぎと安心に導かれ
意識が変わる体験だった。
アイデアが湧いてきた。さまざまな人との出会いが
いろんなことの実践に導いた。
休憩を挟んで、参加者のみなさんのお話をうかがいました。
Yさん:スポーツ一人のを見て研究。やってみるとなかなか難しい。
    自分が楽しい。迷惑をかけるほうが楽しい。
    水耕ラックについて、身近にできることを大事にした。
    やったことのないことは楽しい。
Gさん:団体Yにいるが「仲良くして暮らそう」で幸せになる。
    普通に暮らしていると「仲良く」を意識しないが、
    何かことがあるとさまざま考える。
    「まずは仲良し ほんとはこれから」
    意識しているうちは始めの段階。
    「ほんとはこれから」はそれから。
    意識しないでほんとうの仲良しになる。
    心が平らな状態になれれば宇宙意識のとっかかりになれる。
釘本さん:ナギはハンドルのあそびみたい。
      間引きはそろえること。全体の力が強くなる。
      そろうと吸引してよく育つ。中性にすることとそろえることは同じ。
      みんなが0なら地上天国になる。
     
Hさん: ありがとう。

“テネモスミーティング名古屋 9月2日 レポート その2” の続きを読む

テネモスミーティング名古屋 9月2日 レポート その1

宮山1.jpg
まるえいさんから宮山を眺望する
9月2日に 山善ビル2階にて開催されました。
二階では今回小松菜の水耕栽培が葉も隆盛を見せていました。
そしてテネモス機器も並べてあって、みなさんにご覧いただきました。
今回はボリビアから一時帰国中の知花先生の弟さんも
参加されて最初にお話いただきました。
知花さん :
昭和35年ボリビアに移住。出稼ぎブーム日本は最盛期。
人材派遣業をブラジルで弟さんが営んでみえて日本にも支店をと
いうことで横浜鶴見区で会社を始めました。
お兄さんの敏彦さんが長野県の清里の「やすらぎの里」で説法をしてみえ、
その時に何度か通いました。飯島さんも同じ時期にきてみえて、
南米での無農薬農業を依頼しました。500ヘクタールという広大な土地です。
ブラジル航空で南米へお客様をコンダクトしました。その後日本の
状況が厳しくなって、ブラジル航空もなくなったので旅行者をやめました。
(アンデスインターナショアンルという旅行社経営)
その後横浜でいとこの人と一緒に
電気工事会社を経営しました。人材は南米から投入しました。
窓口として経営に参画、その後電気工事がわかる人に社長をということで
いとこの人に社長を譲って南米に行くことにしました。
本日も参加のGさんをボリビアで案内させていただいて繋がりました。
二年半ぶりに日本へ戻ってまいりました。
Y:知花さんのお兄さんにゆかりの深いSさんいかがですか。(お話を要請)
S:平成元年知花先生の最初から関わりがありました。朝昼晩と三度
お話を伺い、飯田から二時間の道のりを月に4~5回通いました。
知花先生の話は簡単なようで難しくよく理解できなかったのですが、
飯島さんにであってからの体験から、知花先生のことがわかってきました。
戦後72年ですがすべて有限の世界、どうしたらよいのか、どう
考えたらよいのかがない。どんな論議も先が見えていない。
ここに集う人は少しわかっているが、一般の人はわからない。
単純なことがわからない。
四六時中本質を見る、生命は一つ、自然は自然に収まっている。
親類に人に言われぬような大変なことがあったのだが、知花先生に
会ってなんとか乗り越えることができた。
知花さん:
ボリビアに16歳に移住。日本にも住んだがやはりボリビアに住む。
気候が住みやすい。 人間が素朴ですみやすいです。
沖縄については時代がそうしてきた。沖縄の人たちは苦しかった。
時代を乗り越えてきた。予算をもらって発展してきた。
基地の国有化には不安がつきまとっている。
ボリビアではまずしいから与える意識が強い。
日本は物に溢れて心が狭くなっている。
次にテネモスの釘本さんにお話をいただきました。
沖縄に移住して一年になりました。
自然を感じる生活。犬 毎日散歩。海岸 はだし。凄く充実した生活です。
犬をブラッシングして、毛の抜け具合で季節を知ります。
海の朝凪、夕凪で風の向きが変わる。その変わり目に0の時間があります。
ニュートラル、それを感じることができるのが嬉しい。
それを感じることができたのは飯島さんのおかげです。
海老蔵さんは真央さんは自分を変えてくれた人といいました。

“テネモスミーティング名古屋 9月2日 レポート その1” の続きを読む