天音天画 平成17年3月13日

tenga1703.jpg
解説は確定的なものではなく
絵を見て感じるままにでよいのですが、
簡単な手引きみたいなものを記します。
左 赤丸 日 --天照大御神 
右 赤 月  --月読神
真ん中 牛角 --スサノウ? モーゼ?
桜の鈴の丸チョン 御神 自分?
右の月からのぶらさがり --さるぼぼ(申)
申酉戌で鬼退治(桃太郎)
枇杷はーー霊和

“天音天画 平成17年3月13日” の続きを読む

不思議の始まり 040408

平成16年4月8日 記
幼い頃、母親に手を引かれて私と妹はよく
あちらこちらの宗教団体の支部に顔をだした。
何もわからない私たちは、静かにしていることが
仕事だった。
数々の宗教を遍歴した母はきっと、その信仰を
支えにしたからこそ、生活がやりきれたのだと思う。
「人の役に立つ人間になれ」が母親の口癖。
そしてなにか辛いことにあうと「苦あれば楽あり 楽あれば苦あり」も。
時には霊能者の前で泣き崩れる母の姿を
子供たちは目撃することになる。

“不思議の始まり 040408” の続きを読む

おすすめのもの場所店 その9

◆「寿喜養膳(すきようぜん)」~岐阜養老の身土不二をめざす店~
養老にある「寿喜養膳」がリニューアルしていた。主催者の
杉山晴子さんは養老に居を構え、本格的に身土不二の
食べ物を薬膳の知恵をもって作り出している。薬膳ドームも
完成し、その中ではツルをもつ植物の水耕栽培を手がける。
店の近くで出来た野菜類を食膳に供する店。おいしさは
言うまでもない。絶品は寿喜養御膳 2500円 そのほか
カレー 中華そば そば おかゆ なんでもある。酵母ビールも
おいしい 何杯拝でもいけるだろう。
お風呂はなくなりました。
午前11時から午後5時 月曜定休 0584-34-3814
養老郡養老町石畑字山渡瀬1373-1
(すぐ近くに 四季の里 天然温泉があります)

“おすすめのもの場所店 その9” の続きを読む

みろく世 040119

平成16年1月19日 記
三重県湯ノ山温泉近くにある「みろく苑」に出向いた。
18日 ブルガリスEー25の発見者である大阪府立大学の
大垣昌弘先生と、「霊界物語」の出口王仁三郎さんの
お孫さんが お話されるというので参加したのだった。
会場にすこし遅れて入ると 出口さんが講演中。
「みろくよ が来ます。
666から 567の弥勒です。

“みろく世 040119” の続きを読む

おすすめのもの場所店 その8

◆「太古の水」
田中さんとか
「地球で生きることを創造する会」で販売してます。
〒593-8303 大阪府堺市上野芝向ケ丘1-10-7
電話/ファックス 072-281-0132
郵便振替口座 00960-4-125-136
 「地球で生きる」ことを創造する会
*とても親しいお客様で ガンで余命数ヶ月と診断されたかたの
ガン細胞が 太古の水飲用 7ヶ月で消えています。
嬉しいことがありました (山田)
◆「ビッグワンコーヒー
ホームページですが電話でも注文できます。
名古屋でもおいしいことで有名なコーヒー豆や粉を自由価格で
ご案内しています。お支払に期限はありません。
ファックスでもいいです 052-452-4861

“おすすめのもの場所店 その8” の続きを読む

おすすめのもの店場所 その7

◆「みやがわ ラーメン」
富山の永森様のおすすめで何度も高山のこのラーメン屋さんに
行きました。41号線と158号線の交差点を富山方面になお
1キロぐらい北進した左側です。カレーも餃子もチャーハンも
おいしいです。
◆「三人和太鼓」
若者三人の太鼓衆。力強く激しい太鼓の響きです。
イベントに来ていただけます。
刈谷 塩崎様 0566-25-4145
◆「京都のおいしいお店 二つ」
*中華 の「桃庭(たおてい)」
京都市東山区祇園町南側570-120
075-531-2357 要予約
*創作料理の「佳 久(かきゅう)」
京都市中京区押子路通馬場西入
075-231-9671 要予約

“おすすめのもの店場所 その7” の続きを読む

100%を超えるころ

sakura.jpg
「花なら咲き始めのころぞよし」
清少納言さんなら、そう歌ったことだろう。
もうあるかも。?(笑)
名古屋駅方面から東へ向かってのびる
5本の道路がある。
南から順に「若宮大通り」「三蔵(みつくら)通り」
「広小路通り」「錦通り」「桜通り」の5本。

“100%を超えるころ” の続きを読む

お母さん 040101

平成14年1月1日 記す
今年も紅白をみた。
若い頃は紅白にちっとも興味がなかったのだが。
一年テレビをゆっくりと見ることは少なく、
観ても映画かスポーツかニュースくらい。
だから紅白は一年のダイジェストのように感じ、
最近はよく見る。
唄は世相そのものだから。

“お母さん 040101” の続きを読む