慈雨 慈悲 020510

今日は雨。雨だと時々子供の頃の体験を思い出す。
小学校5年の頃のこと。
人生ではだれにとっても劇的な印象を
与えるできごとがあるものだろうか。
父が家に居なかった、窮乏生活の母と4人の子供。
兄は父親の様なもの。厳しくやさしかった。
大きな自転車の練習を中学校の校庭でしてくれた。
自転車にのることができるようになった。
はじめてのアルバイトが始まる。
Y社の乳酸飲料の配達アルバイト。

“慈雨 慈悲 020510” の続きを読む

草茂る  020507

「うれしいことも
 かなしいことも
  草しげる」
   山頭火
24節気の立夏の絵とともに送られてきた山頭火の句。
四日市の落合 勲さんからの贈り物。
最初に出会った日
「酒やめて
おだやかな雨」
の句を購入させていただいた。
それから7年たつだろうか。
まだ酒はやめていない。
「分け入っても
分け入っても
青い山」
人生はせつなく、かなしい。
「しぐるるや
しなないでいる」
生まれたとたんに死への道を歩き始める。
嬉しいことがあっても、悲しいことがあっても、
草はいつでも生い茂るのか。
人間の考えることのはかなさを、
教えられている気がする。
感じた貴央さんは額やさんへ走っている。
今日もおもいだした。
草草の種。
ありがとうございます

“草茂る  020507” の続きを読む

聖地巡礼・霊鷲山 010531

平成十年。インド心の旅(ピュアハートホーム五十嵐薫様主催)に参加した。
マザーハウス、死を待つ人の家、孤児院等をたずねた。そして訪ねたかった
シャカにかかわる聖地巡礼の旅に出かけた。
ガンジス河の夕陽。そして翌日のガンジス河遊覧。白いお尻がポッカリ川面
に浮かびながら流されていくのを本当にみてしまった。

“聖地巡礼・霊鷲山 010531” の続きを読む

種人の若者たち

6年目に入った四日市読書会。
今年初めての朝。
午前6時、
8人の方が集った。
6年目の暮、めずらしく風邪をひかれた
主催者の内田さんも元気に参加。
かくいう私も11月にはアクシデントで
始めてドタキャンだったのだ。
6年もの間での出来事でただの1回だったけれど。
今日は豊田から「かたり」の小林母娘さんも参加。
ひさしぶりの娘さんの輪読のしっかりした声に、
嬉しくなってしまった。
不登校結構。!
種人の若者がひとりここにいる。

“種人の若者たち” の続きを読む

折り梅 020501

人間は感動を求めて動く動物だろうか。
ロングランとなった映画「折り梅」を鑑賞した。
幼い頃、母と別れた老婆と、痴ほう初期でもある彼女と
ともに暮らす嫁を中心とした、家族の物語。
老婆は幼い頃の母との思い出を語る。
梅をいけながら子に語りかける母。
「梅はこうして折っても花を咲かせるのよ。
梅は強い花なの。」

“折り梅 020501” の続きを読む

感謝が先 020419

10年目に入った会社での朝のトイレ掃除。
今朝いつものようにトイレだけをみつめられない
男に「感謝が先だ、感謝が先だ」とひびいた。
いつでもどこでも思いをすてきれず、今を
生ききれない自分に語りかけるやさしい言葉。
人間だからいろいろあるよ。でもねどんな悲しい時も
もちろん嬉しい時も、頭にカチット来るときも、
「感謝が先だ」といっている。
みんな高いたかいところから、おろされて、いっぱい学べよと
ここに来た。あなたの成長みているよ。
いつでも。
あまりにありがたい朝でした。
ありがとうございます。

光の船たちのさまざま

お正月が年賀状を持ってくる。
オーストラリアを離れ帰国したご夫婦は
30日に大阪の阿部の(区)晴明(町)に
落ち着かれたとお便り。(ギクッ!)
手書きのおはがきにはビッシリと
色とりどりのお花が描かれていた。
今年はほんとに久しぶりに
お会いできそうだ。
飛んでいきたい気分だけれど、
ご主人がお体をすこし弱められたよし。
もうすこし待ちましょう。

“光の船たちのさまざま” の続きを読む