桜としろほん 030401

桜の花が咲いている。
誰にでも桜の花が脳裏に焼きついた思い出が
あるのだろうか。
ピカピカの小学一年生。黒紋付羽織を着た母に手を
引かれて、小学校の門をくぐった。
あの時の校門の桜の花が、私には強烈な印象がある。
その後二度と、母が学校という場所へ来ることはなかった。
生活に追われ、それどころではなかったのだろう。

“桜としろほん 030401” の続きを読む

しぐるるや死なないでいる 030319

「しぐるるや 死なないでいる」
「後姿の しぐれていくか」
       山頭火
山頭火には時雨がよくにあう。
しぐれは「時雨」と書くようだ。
時の雨。
どんな雨が降ろうと 死なないでいるじゃないか。
雨ぐらいで 天命は切れない。
今までも たくさんの時雨にあった。
いつももう—と思ったときに 不思議に助けられた。
時の雨の今は 大方の人々の上に激しいのだろうか。

“しぐるるや死なないでいる 030319” の続きを読む

ここにあって 030312

「仰げが尊し」、幾年たってもこの唄に感動される人がいる。
自分はといえば、小学校、中学校、高校と間違いなく3度は
歌った記憶がある。小学校の時はなんだか唄を間違えずに
歌うことに一所懸命で、感動の体験は覚えていない。
中学校は確かに強い感動があった。多感な少年時代。
さまざまな思い出が脳裏を巡ったことだろう。
そして高校。この時はしらけてしまっていたのだろうか、
何の記憶もない。

“ここにあって 030312” の続きを読む

かけがえのない命 030305

なにか考え事をしている時には、あるはずの世の中を
見たり、感じたりすることはない。
「我想う ゆえに我あり」と哲学者の有名な言葉。
私たちは思わなければ、私たちを認識せずに、
私という個人は全体となって、我はないのでしょうか。
「私なんて どうしようもない人間---」
食卓で思いの淵に沈む娘に知らず語っていました。

“かけがえのない命 030305” の続きを読む

感じるものこそ 030225

「感じるものこそ大切です」
人生のあらゆるシーンを体験する私たち。
さまざまなことに心を動かされ、行動する。
仕事でのこと、集いでのこと、映画、演劇、コンサート。
そしてさまざまな方のお話。
感動が起きた時、人は行動に移す。
けれども感動がうすれるころ、人は離れる。
そして次のステージへ。

“感じるものこそ 030225” の続きを読む

人 生  030218

2003年2月18日 記
4人兄弟の貧乏な家に生まれ、54年を数えた。
若き日に今の状況は想像すらできなかった。
名古屋の鶴舞公園の近くにあるサッポロビールの工場の
長い長い塀をみて、幼い頃に、お城のような家を
建てようとなぜか思った。そしてそれはいい悪いは別にしても
叶った。それが39歳のこと。月日は30年が経過していた。
なぜか土木工学を学び、4年間高速道路工事に従事した。

“人 生  030218” の続きを読む