再録 奇跡の道 その33~天と地が一つになるとき、実相世界さえも・・

「天と地が一つになるとき、実相世界さえも、
あなたの視界から消え去る」

天と地と人で三位一体。

天も地も人がいないとそれを認識できません。
同じように他の人も自分がいないと認識できません。
他であることがわかるのは自分であり、
自分の存在をわかるのは他の人です。
“再録 奇跡の道 その33~天と地が一つになるとき、実相世界さえも・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その32~実相世界を見ることは、全的な知覚である

「実相世界を見ることは、全的な知覚である」

見る。?
全的な知覚。?

実相は「空」ですから見ることも
知覚することもできないのかも。
ですが全的知覚なら物質である言葉では
表現できない「空」をギリギリ語れる
限界の言葉なのでしょうか。
“再録 奇跡の道 その32~実相世界を見ることは、全的な知覚である” の続きを読む

再録 奇跡の道 その31~もし「法外」と言えるような何かを・・

「もし法外と言えるような何かを兄弟が
あなたに求めるなら、それが重要でないからこそ、
それをしてあげなさい」

法外なことさえも。?とすぐに疑問符の
方も多いことでしょう。
さらにイエスは「1000円欲しいと言ったら
2000円上げなさい。」さらに「一緒に100歩歩こうと
言われたら200歩一緒に歩きなさい。」とも言ってますね。

一体全体何。!
“再録 奇跡の道 その31~もし「法外」と言えるような何かを・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その30~あなたは自分が望んでいないものを・・

「あなたは自分が望んでいないものを投影していると
思っているときでも、その理由は、あなたがわずかに
それを望んでいるから。
愛だけを望むとき、あなたはそれ以外になにも見えない」

自分を憤慨させるものが目の前に現れると、
そしてそれが相手のものだと、あなたが知覚する時、
憤慨させるものを、自分の心の中から引き抜けばいい。
“再録 奇跡の道 その30~あなたは自分が望んでいないものを・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その29~あなたに見えるすべては・・・

「あなたに見えるすべては、あなたが内側に見たものについての判断の証し」

デスクの上の煩雑さを見るにつけ、
心の中の煩雑さを見ます。

激しい人の姿を見るにつけ、
心の中の激しさを知ります。

腹の立つ人を目の前にすると、
何かに怒っている心の状態を知ります。
“再録 奇跡の道 その29~あなたに見えるすべては・・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その27~大切なのはパートナーが・・・

「大切なのはパートナーがほんとうは身体ではなく
キリストだという気づき」

特別な関係でもそれが幻想だとなると
本当かな。?ってなかなか信じられません。

感官はかなり手ごわいですね。
イエスだってちゃんと奥様がいらっしゃったのですから。
“再録 奇跡の道 その27~大切なのはパートナーが・・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その26~自分自身を愛のない存在として・・・

「自分自身を愛のない存在として見ることを
選ぶなら、あなたは幸せにならない」

「愛」というとなんか恥ずかし。
大和の国の人たちにとっては「慈悲」のほうが
しっくりするかもしれません。
“再録 奇跡の道 その26~自分自身を愛のない存在として・・・” の続きを読む

再録 奇跡の道 その25~休息は眠ることでなく・・・

「休息は眠ることでなく、目覚めることからやってくる」

息をしていると、人間は一日3万くらいの
案件を決断しながら生かされているとか。

黙想する時でも、じゃんじゃんと想念が
湧き上がってきます。

これじゃ眠ることが休息と感じますね。
“再録 奇跡の道 その25~休息は眠ることでなく・・・” の続きを読む